Home >News > ProMED翻訳情報(442回) ~キルギスタンで発生した犬からの狂犬病集団曝露~

ProMED翻訳情報(442回) ~キルギスタンで発生した犬からの狂犬病集団曝露~

2016.01.17

RABIES – KYRGYZSTAN: (OSH) CANINE, HUMAN AND ANIMAL EXPOSURE
************************************************************

Date: 3 Nov 2015   Source: 24.kg news agency [edited]

A dog infected with rabies bit animals and 4 people in Uchar village, Osh region, the press service of the Emergency Situations Ministry reported. According to [the Press Service], the locals caught and killed the animal. The carcass of the dog was brought to a veterinary laboratory. The presence of the virus was confirmed [the next day].

(キルギスタンの)オシ地方にあるUchar村で、狂犬病に感染したイヌが4人の人々と動物に咬みついたと、緊急事態省の報道部が報告した。報道部によると、地域の人々はそのイヌを捕まえて殺した。イヌの死骸は獣医学研究室に送られた。[翌日]ウイルスの存在が確認された。

All the injured people were vaccinated and hospitalized.

傷を負った人々は全て、ワクチン接種を受け入院した。

Employees of Osh-Tazalyk municipal enterprise shoot stray animals. The veterinary service conducted explanatory work.

Osh-Tazalyk公営企業の従業員たちは、うろついている動物を撃ち殺している。獣医師たちが、この言い訳の立つ仕事を指揮している。

As 24.kg news agency reports, at least 3 people have died of rabies in Kyrgyzstan in the last 3 years.[byline: Nurzhamal Ganyeva]

24.kgの報道によると、キルギスタンではここ3年間で、少なくとも3人が狂犬病で死亡している。

[This report mentions other animals being bitten but provides no other information. While the 4 humans exposed have been properly treated for their exposure, one can only hope that the exposed animals were also vaccinated. Otherwise, they will succumb and thereby expose more humans.

この報告では、(人以外に)他の動物が咬みつかれたと述べているが、それ以上の情報は与えられていない。咬みつかれた4人は適切な治療を受けている一方で、1つ気がかりなのは、咬みつかれた動物もワクチン接種を受けているのかという点である。もしそうでなければ、その動物たちは狂犬病を発症し、結果的に多くの人々に狂犬病を広めてしまうだろう。

PageTop