Home >News > ProMED翻訳情報(444回) ~ボリビアにおける最近の狂犬病の状況~

ProMED翻訳情報(444回) ~ボリビアにおける最近の狂犬病の状況~

2016.01.17

RABIES – BOLIVA (03): (COCHABAMBA) CANINE

*****************************************

 

Date: Tue 10 Nov 2015     Source: Entorno Inteligente [in Spanish, trans. Kathryn Soderholm, edited]

 

 

Health emergency in Cochabamba due to increase of cases of animal rabies

動物の狂犬病事例の増加によるコチャバンバ市の健康の緊急事態

—————————————————————————————

This morning, authorities of the Departmental of Health Services (Headquarters) reported that a health emergency will be declared in Cercado [Cochabamba Department] because from January of this year [2015], about 40 cases of animals infected with rabies have been reported within the city, and around 41 other cases were reported in other municipalities of the department.

この朝、公共医療部門の当局(本部)は,コチャバンバ県のセルカド郡において、本年[2015]1月より、約40件の狂犬病に罹患した動物が報告され、また、約同県内の別の自治区で41件の事例が報告されたために、健康の緊急事態が公式に発表するだろうと報告した。

 

“The cases of canine and feline rabies are presenting in animals younger than 1 year, the rabies virus is circulating more in the city of Cochabamba, especially in the south area. It is a chronic problem: compared to last year [2014], the cases have increased,” informed the head of the Epidemiology Unit, Efrain Vallejo.

「犬及び猫の狂犬病の事例は1才未満の幼弱な動物に存在し、狂犬病ウイルスはコチャバンバ市、特にその南部地域で多発している。それは慢性的な問題で、昨年(2014年)に比べて発生事例は増加しています。」と疫学研究室長のEfrain Vallejo氏は伝えた。

 

A mass action to vaccinate all pets of Cochabamba, in all districts of the city, was announced.

“The goal is to vaccinate more than 250 000 animals; we will try to act through checks and sweeps in different areas of the city. It is the only disease in the world whose diagnosis invariably means death, and a rabid dog bites between 4-6 times,” Vallejo said.

コチャバンバ県の全てのペットにワクチンを集団接種する活動が市内の全ての地区で行われることが伝えられた。

「目標は25万頭以上の動物にワクチンを接種することです。私たちは市内の様々な場所を調査し掃討して活動するよう試行します。狂犬病はその診断が必ず死を意味する世界でただ一つの疾病です。そして狂犬病の犬は4回から6回かみつきます。」とVallejoは語った。

 

Cochabamba, so far this year [2015], has registered 2 cases of human rabies; both people died because they did not go to a health center to receive the vaccine.

コチャバンバ県は今年(2015年)これまでに二例の人狂犬病事例が登録されたが、両者ともにワクチンを受けるために医療センターに行かなかったために死亡した。

Moreover, Libertad Lujan, head of the Rabies Program Offices, advised the general public not to buy pets from unknown sources and not to take ownership of stray animals since they are the most vulnerable to rabies.

さらに、狂犬病計画局長Libertad Lujan氏は,狂犬病に最も冒され易いので、一般市民は素性のわからないペットを購入しないことや、放浪動物の飼い主にならないよう助言した。

 

“We had a case in which a motorcyclist stopped to help a dog that had been run over, was bitten by the animal’s natural reaction and instinct, and it turned out that the dog tested positive for rabies. People have to take preventive measures to avoid such incidents,” Lujan said.

「私たちは、車にはねられた犬を助けるために止まったオートバイに乗った人が,その犬の自然な反応や本能によって咬まれ、結果的にその犬は狂犬病陽性と診断されたという事例を経験しました。市民はこの様な事例を避けるために予防処置をとらなくてはなりません。」とLujan氏は述べた。

 

It also recommended that animals under 1 year should receive at least 4 doses of the vaccine at 1, 3, 6, and 12 months. Any person who is attacked by a dog or cat must go immediately to the health center nearest to their home.

1才未満の犬は1ヶ月令及び、3ヶ月令、6ヶ月令、12ヶ月令の際にと、少なくとも4回のワクチンを受けるべきであるということも推奨された。犬や猫に襲われた如何なる人も、自分の家に一番近い医療センターに直ちに行かなくてはならない。

 

Authorities announced that focus controls in all municipalities of Cochabamba are planned for the coming months.

当局はコチャバンバ県内の全ての自治体において集中的な制御が来月に計画されると発表した。

 

 

[With an outbreak of this magnitude it seems the Bolivian government would institute mandatory rabies vaccination of all animals.

この規模の流行に伴い、ボリビア政府は全ての動物への強制的な狂犬病のワクチン接種(制度)を制定するだろう。

 

The number of times these animals must be vaccinated is staggering. I wonder what type of vaccine they are using. The rabies vaccine in the USA calls for animals to be vaccinated at 4 months old and again at 1 year, and then if vaccinated with a 3 year vaccine, again at that 3 year time. The amount of immunity when done this way is shown to be very high by a number of different studies.

これらの動物へのワクチン接種されるべき回数はたじろぐほどである。彼らが使用しているワクチンはどのようなタイプだろうか。アメリカにおける狂犬病ワクチンは,動物が4ヶ月令の時にワクチン接種をし,1才時に再接種し、3年有効のワクチンを使用した場合には,3年後に再接種することが要求されている。この方法で行った場合の免疫の量(抗体価?)は多くの研究によって、非常に高いことが示されている。

 

People who have been bitten need to wash the wound or wounds with soap and water, and seek medical treatment, including post exposure prophylaxis (PEP). There is a short period of time to receive these injections and people are advised to seek medical attention after any animal bite.

咬まれた人は石けんと水で傷を洗い、曝露後予防 (PEP)を含む医療処置を求めることが必要である。これらの注射を出来るだけ短時間に受け、どんな動物に咬まれたあとでも治療を求めるよう助言される。

 

PageTop