Home >News > ProMED翻訳情報(446回) ~バリ島における狂犬病予防対策に対する意見~

ProMED翻訳情報(446回) ~バリ島における狂犬病予防対策に対する意見~

2016.02.11

RABIES – INDONESIA (09): (BALI) CANINE, COMMENT

***********************************************

Date: Wed 21 Oct 2015 2015年10月21日              From: Merritt Clifton  [edited]

 

 

[Re: ProMED-mail Rabies – Indonesia (08): (BA) canine, tourist exposed 20151021.3733684]

———————————————————————-

The posted report from Focus Taiwan unfortunately included several seriously inflated numbers, all of which serve to obscure the real issues afflicting rabies control on Bali, and indeed worldwide.

Focus Taiwanから投稿された報告は、残念ながら幾つかの点で相当誇張した数字を含んでいる。そしてそれらの全てが、バリ島においてまた世界中でコントロールに苦慮している狂犬病の本当の課題を不明瞭なものにしている。

 

First, Focus Taiwan reported that “Lo Yi-chun, a doctor with the CDC… noted that between 55 000 and 60 000 people around the world

die from rabies every year, with the disease most prevalent in China,India, Indonesia, Pakistan, and Bangladesh.”

まず、Focus Taiwanは「CDCのLo Yi-chun医師は、狂犬病により毎年世界中で55000から60000人が亡くなっており、中国、インド、インドネシア、パキスタン、及びバングラディシュにおいて最も流行している、と記述した。」と報告した。

 

As I have pointed out many times — most recently in ProMED-mail posting Rabies – Indonesia (08): (BA) canine, tourist exposed

[20150420.3309817] — this oft-cited claim that “between 55 000 and 60 000 people around the world die from rabies each year,” is predicated on a projection of 20 000 rabies deaths each year in India alone,which originated with a survey of government hospitals done by David Semple and William F Harvey in 1911, at a time when India, Bangladesh,and Pakistan were all under British administration.

私が何度も指摘したように、–最も最近ProMED-mailに投稿の狂犬病—インドネシア(08):(BA)犬、旅行者曝露[20150420.3309817]—世界中で55000から60000名が毎年狂犬病による死者であるというこのよく引用される主張は、毎年のインド単独での20000名の狂犬病死者数の推定に基づいている。そして、それはインド、バングラディシュ及びパキスタンがすべてイギリス統治下の1911年にDavid Semple and William F Harveyによる政府病院の調査を基にしたものである。

 

The Semple and Harvey survey was preliminary to the introduction of post-rabies exposure vaccination to India. It was in effect the”before” study, for which the WHO-sponsored National Multicentric Rabies Survey of 2003 and the Central Bureau of Health Intelligence data collections are the “after,” all of them using essentially the same methodology. India experienced only 138 documented rabies deaths in all of 2013, according to the Central Bureau of Health Intelligence(CBI). The CBI has tracked human rabies fatalities since 2003, and has documented a general downward trend, with only a couple of upward blips, over that time. From 2005 through 2011, the CBI found, India had 274, 361, 221, 244, 260, 162, and 223 human rabies deaths, respectively: an annual average of 249.

Semple と Harveyの調査は、インドへの狂犬病曝露後ワクチン接種導入への予備的なものであった。それは、WHO主催のNational Multicentric Rabies Survey 2003及び厚生情報データ収集中央官庁のための,事実上の「事前」調査であった。「その後」の両調査はそれらの全てが基本的に同じ方法論を使っている。インドは、厚生情報データ中央官庁(CBI)によれば、2013年にたった138名の狂犬病死亡者しか記述していない。CBIは、2003年より狂犬病死亡者数を追跡しており、その間にほんの数回ピンポイントで上昇しているけれど、総合的に減少傾向であると記述している。2005年から2011年の期間、インドにおいての狂犬病年間死亡者は、それぞれ274、361、221、244、260、162及び223であったとCBIは判定した。:一年平均は249名である。

 

This followed the finding of the 2003 WHO-sponsored National Multicentric Rabies Survey, led by M K Sudarshan. This survey found that human rabies appeared to be “endemic and stable” at 235 human deaths per year, based on data collected from government hospital isolation units. Since government hospitals administer free post-exposure rabies treatment, are the only hospitals that do, and are the only hospitals mandated and equipped to handle rabies patients, there is no reason to believe that substantial numbers of human rabies cases are occurring anywhere else.

これは、 M K Sudarshanが主導した 2003年WHO主催NationalMulticentric Rabies Surveyの調査結果に続くものである。この調査は、政府系病院の隔離施設から収集したデータに基づき、人狂犬病が毎年235名の死亡者という点から「風土病的流行で安定している」と思われることを見出した。政府系病院は無料の狂犬病暴露後処置を施しており、それらの病院のみがそれを行っており、それらの病院のみが認可され、狂犬病の患者を扱うための装備をしている。どこかでそんなに多くの狂犬病事例が発生していることを信用する理由はない。

 

The significance of overstating the occurrence of rabies, whether in India, any other nation, or worldwide, is that exaggerating the numbers of cases amounts to exaggerating likewise the amount of targeted vaccination of dogs and other potential carriers that needs to be done in order to eradicate canine rabies, in the places where it still occurs.

インドまたは他のいかなる国または世界中における狂犬病発生の過大評価の意味は、症例数の過大が狂犬病のまだ発生している地域で狂犬病を撲滅するために犬や他の潜在的キャリアー動物を対象としたワクチン接種総量も同様に過大に積算されるということである。

 

Exaggerating the amount of targeted vaccination that is necessary, in turn causes governments around the world to back away from funding it,and instead resort, again and again, to mass culling campaigns which tend to have little effect except to kill the tamest, most easily targeted dogs — who often have already been vaccinated.

対象とするワクチン接種総量積算の誇大は必要なのである。世界中の政府は、それ(ワクチン)に対する資金提供を拒み、代わりにリゾートに資金をまわし、最も簡単な標的なる—往々にして既にワクチン済みの-飼い慣らされた動物を殺すこと以外にはほとんど効果がないと思われる大規模な淘汰キャンペーンを度々行っているからである。

 

This is most of the problem in Bali. Another part, however, is constant repetition of grossly inflated guesstimates about the size of the dog population: “There are an estimated 500 000 stray dogs in Bali, but only half of them have been vaccinated against rabies.” No,there are NOT “an estimated 500 000 stray dogs in Bali.” The most recent systematic dog census, done in 2011, found barely 300 000 dogs on Bali, including owned pets as well as street dogs.

これは、バリにおける最大の問題である。他の問題点、しかし、犬頭数の規模についての推定を大きく膨張させたことの絶え間なく続く反映である。「バリには500,000頭の野良犬がいると推測される、しかし、そのわずか半数が狂犬病に対するワクチン接種済みである。」いいえ、「バリには推定された500,000頭の野良犬」はいない。2011年になされた最近の組織的犬頭数調査では、野良犬はもちろん飼い犬を含めてもわずかに300,000頭である。

 

More than 300 000 dogs were subsequently vaccinated against rabies in campaigns led by the Bali Animal Welfare Association, with several other organizations participating.

その後、300,000頭以上の犬が、他の数組織の参加と共にバリ動物福祉協会の主導によるキャンペーンで狂犬病ワクチンを接種された。

 

This should have eliminated rabies, and very nearly did, with only one human death in 2013 and 2 in 2014, but then the Bali government took administration of the vaccination program away from BAWA [Bali Animal Welfare Association].

これは、狂犬病を撲滅するはずであったし、2013年には1名、2014年には2名の死亡者とほぼ達成していた。しかし、その後バリ政府はワクチン接種プログラムの施策をBAWA(バリ動物福祉協会)から取り上げた。

 

Further, beginning in mid-2014 the Bali government reinstituted what ProMED-mail called “a tactical canine cull in tourist areas,” after having suspended such culling during the BAWA vaccination program — and it was this more than anything else that enabled rabies to make a comeback, killing 17 people so far in 2015 according to my information (Focus Taiwan reported only 12 deaths.)

さらに、2014年中期にバリ政府は、ProMED-mailが「旅行者地区での戦術的犬の淘汰」と呼んでいることを再開した。BAWAのワクチンプログラム中このような淘汰は止められていた。それは狂犬病の再興を可能にする何よりの方法である。私の情報によれば、2015年には17名以上が亡くなっている。(Focus Taiwanは、たった12名と報告している。)

 

The problem was that the “tactical culling” amounted, as usual, to indiscriminately shooting, poisoning, and bludgeoning whatever dogs the cullers could catch, regardless of whether the dogs had been vaccinated and were wearing the red collars furnished by BAWA to show that the dogs had been vaccinated.

「戦略的淘汰」というのは問題である。通常、無差別な射撃、毒物投与、棒で殴りつける、その犬がワクチン済みであろうとなかろうとまたその犬がワクチン済みでその証明のためBAWAにより赤色首輪をつけられていようがいまいが、無頓着に捕獲人が捕まえることを意味するからである。

 

Every vaccinated dog appears to have been killed in some sensitive areas — which has opened habitat to immigrant dogs from nearby rural areas, including dogs who have not been vaccinated because they are primarily nocturnal scavengers, seldom seen, and not easily caught. These are the dogs who have brought rabies back to the Bali tourism areas.

全てのワクチン接種犬は、いくつかの問題のある地域において殺されたと思われる。それは、近隣郊外地域から犬を移入生息させる場所を開放する。それらの犬は本来夜間にごみあさりをし、滅多にみられないし、簡単に捕まらないのでワクチン接種されなかった犬を含む。バリ島の旅行者地域に帰ってきて狂犬病をもたらす犬が存在することになる。

Merritt Clifton     Editor     Greenbank, Washington     USA

[Mea culpa. Mea maxima culpa. I should have caught the errors in the Taiwanese report and failed. The good news is that it gave Merritt the opportunity to re-educate us on the basic facts of canine rabies control, for which I am truly, most grateful. Which brings home the need to make sure that all vaccinated dogs are tagged. If this can be done, and it is cheap, a quick street check, for example for the red collars BAWA  issued, will tell the observer what the current coverageUrban rabies is an eradicable disease. Let us hope that BAWA is invited back in for the rabies control in Bali and it is recognized in the street by the significance of their dog collars. – Mod.MHJ

[不徳の致すところ。最高に不徳の致すところである。私は、台湾の報告に間違いを見つけるべきであったが失敗した。良いニュースは、Merrittが犬狂犬病コントロールの基礎的な事実を我々に再教育する機会を与えたことである。それに対し、本当に最高に感謝している。全てのワクチン接種犬にタグがつけられたのか確認する必要性がある。もしこれがなされ、安価であり、迅速に街頭でチェックでき、例えばBAWA交付の赤色首輪であるなら、観察者に現在の観察対象範囲について伝達するであろう。都会の狂犬病は撲滅可能な疾患である。BAWAがバリ島における狂犬病コントロールのために招聘され直すこと及び彼らの犬の首輪の意義深さにより街路でそれが認識されることを望もう。]

PageTop