Home >News > ProMED翻訳情報(448回) ~狂犬病疫学に関する調査~

ProMED翻訳情報(448回) ~狂犬病疫学に関する調査~

2016.02.11

RABIES: ANIMAL, HUMAN, EPIDEMIOLOGICAL STUDIES, UPDATE

******************************************************

Date: Mon 30 Nov 20155             Source: Global Alliance for Rabies Control, monthly circular [summ.,edited]

 

Recent research – November 2015

近年の調査 2015年11月

——————————-

A compilation of recent research publications relevant to rabies  epidemiology

狂犬病疫学に関連する近年の調査出版物の編集

 

  1. Epidemiology of rabies in Oman: a retrospective study (1991-2013).

A total of 22 788 cases of animal bites were reported in Oman between 1991 and 2013, with 8 human rabies cases reported (mostly from wild animals) with 100 percent mortality. Of 758 suspected animals tested,56.1 percent were positive for rabies, with foxes showing the highest positivity rate, or 70.1 percent.

1. Omanにおける狂犬病疫学:後向き研究(1991-2013)。

1991年から2013年の間にOmanで合計22、788の動物咬傷症例が報告され、100%の致死率を伴う8例の人症例が記録された(ほとんどが野生動物による)。検査した疑い動物758例のうち、56.1%が狂犬病陽性と診断され、キツネが70.1%ともっとも高い陽性率を示した。

 

  1. Rabies epidemiology and control in Ecuador.

In 1996, Ecuador suffered the highest rate of rabies per capita in the Americas. Human and canine rabies fell sharply until 2012 due to massive canine vaccination campaigns, with a very high correlation(0.925) between annual cases of dog and human rabies. In 2011, a distinct viral strain originating in vampire bat populations led to 11 fatalities in the Amazon region.

2. Ecuadorにおける狂犬病疫学と制御

1996年に、Ecuadorはアメリカ大陸における最も高い一人あたりの狂犬病発病率に苦しんだ。強力な犬予防接種キャンペーンにより、犬と人の年間狂犬病症例の高い相関(0.925)をもって、人と犬の狂犬病は2012年までに急激に低下した。2011年に、アマゾン地域で、吸血コウモリ集団を起源とする異なるウイルス株により、11の死亡例をおこした。

 

  1. Rabies cases in the west of China have 2 distinct origins.

In some areas, such as Tibet, Qinghai, Gansu, and Ningxia in western China cases have been rising since 2011. Analysis of samples collected from these regions suggests 2 different sources. Strains collected from Gansu and Ningxia are closely related to the viruses of the current epizootic, whereas those from Tibet and Qinghai are related to the Arctic-like-2 lineage that is most commonly associated with wildlife.

3.中国西部の狂犬病症例は2つの異なる起源をもつ。

中国西部のTibet(チベット自治区)、Qinghai(青海省)、Gansu(甘粛省)と Ningxia(寧夏回族自治区)のようないくつかの地域において、2011年より症例が増加した。これらの地域からの採集された検体の解析により、2つの異なる起源が示唆された。GansuとNingxiaから採集された株は、近年動物間で流行しているウイルスと密接に関連し、一方、TibetとQinghaiからのものは、野生動物に一般に伴う北極系2系統に関連した。

 

  1. Government response to the discovery of a rabies virus reservoir species on a previously designated rabies-free island, Taiwan,1999-2014.

>From 2013 up to December 2014, there have been 423 rabies-confirmed ferret-badgers and 3 cases of spillover infection into non-reservoir hosts in Taiwan. The virus is genetically distinct from all other known rabies virus variants, and only one strain, sequestered to the mountainous regions, exists in Taiwan. Dogs and cats should be vaccinated to stop the spread of the disease from mountainous regions to domestic meso-carnivores.

  1. 1999年から2014年の、狂犬病清浄国と以前より指摘されたTaiwan(台湾)における狂犬病ウイルス保有種の発見に対する政府対応

>2013年から2014年12月までに、Taiwan で、423例の狂犬病が確定したイタチアナグマと3例の非病原体保有宿主への漏出感染があった。そのウイルスは他の既知の狂犬病ウイルス変異株のすべてと遺伝学的に異なっており、山岳地域に隔離されたただ一種のウイルス株としてTaiwanに存在している。山岳地域から飼育されている中間肉食動物への疾病の拡散を阻止するために、犬や猫は予防接種されねばならない。

 

PageTop