Home >News > ProMED翻訳情報(449回) ~アリゾナ州で発生したネコからの狂犬病曝露~

ProMED翻訳情報(449回) ~アリゾナ州で発生したネコからの狂犬病曝露~

2016.03.04

RABIES – USA (48): (ARIZONA) FELINE, HUMAN EXPOSURE

***************************************************

Date: Thu 17 Dec 2015      Source: The Daily Courier [edited]

 

 

1st rabid cat in over 50 years found in Prescott Valley

50年間以上発生していなかったプレスコットバレー町で見つかった最初の狂犬病の猫

——————————————————-

A cat hit by a car in the 3200 block of Date Creek on [3 Dec 2015] had rabies, the 1st case of a rabid domestic cat since the 1950s in Yavapai County [Arizona], a sheriff’s spokesman said.

2015年12月3日にDate Creekの3200ブロックで車にはねられた一頭の猫は狂犬病だった。そして(アリゾナ州)ヤヴァパイ郡では1950年代以来初めての狂犬病の飼い猫となったと保安官事務所の広報官は話した。

 

The cat bit a person who tried to help it after the accident. The man was treated and released at the hospital, Dwight D’Evelyn said. The cat died and an animal control officer took it for rabies testing. On [11 Dec 2015] the results came back positive. Officials informed the bite victim, who received rabies treatment, he said.

その猫は交通事故後、助けようとした住民の一人を咬んだ。その男性は病院で治療を受け解放されたとDwight D’Evelyn氏は語った。その猫は死亡し、動物管理局職員が狂犬病の検査を行った。2015年12月11日に陽性の結果が報告された。当局は狂犬病の処置を受けた、その猫が咬んだ人に(陽性だったという)情報を提供した。

 

They also informed others who might have been exposed and also quarantined a 2nd cat because it had been in a fight with the infected cat. “It is important to know that rabies is present in this area and that unvaccinated domestic animals can present a danger to humans,” D’Evelyn said. “Also, please remember it is important to report any animal bite so that testing and tracking of the potential rabid animal can be done quickly and proper treatment for the bite victim can be sought.”

当局は曝露された可能性のあるその他の人たちにも情報を提供し、また、感染した猫とけんかをしたという理由で2番目の猫を隔離した。「この地域には狂犬病が存在すると知ることは大変重要です。また、ワクチン接種を受けていない飼育動物は人に危険をもたらす可能性があると知ることも大切です。」とD’Evelyn氏は語った。

「それから、狂犬病の可能性のある動物を迅速に検査し、追跡することが出来、咬まれた被害者の適切な処置を求めることができるためにどんな動物咬傷事故でも報告することが重要だと言うことを忘れないで下さい。」と述べた。

 

For any questions regarding rabies issues, contact the County Animal Control Office.

狂犬病問題に関するどんな質問でも、郡動物管理局に連絡をとること。

 

 

[The Arizona Department of Health Services reported a total of 27 cases of rabid skunks in 2013-2014 in southern Arizona. This year (2015) to date rabies was diagnosed in 64 bats (51 in Pima County and 3 in Yavapai County), 35 skunks (29 in Santa Cruz County), and in 3 foxes, 2 bobcats, and 2 coyotes (all in Gila County).

アリゾナ州公共医療局はアリゾナ州南部において2013年から2014年までの間に狂犬病スカンク事例を計27件報告した。この年(2015年)はこれまでに64頭のコウモリ(ピマ郡の51頭とヤヴァパイ郡の3頭を含む)及び、35頭のスカンク(サンタクルーズ郡の29頭を含む)、3頭のキツネ、2頭の山猫、2頭のコヨーテ(全てヒラ郡)が狂犬病と診断された。

 

At this point and until the virus is typed, we might presume that this cat got infected from playing with a sick bat.

この点でウイルスのタイピングがなされるまでは、この猫は発症したコウモリと遊んだことで感染したと推定するだろう。

PageTop