Home >News > ProMED翻訳情報(451回) ~スーダンで発生したラクダからの狂犬病曝露が疑われる人死亡事例~

ProMED翻訳情報(451回) ~スーダンで発生したラクダからの狂犬病曝露が疑われる人死亡事例~

2016.03.04

RABIES – SUDAN: (DARFUR) HUMAN, CAMEL, SUSPECTED, REQUEST FOR INFORMATION
*************************************************************************

Date: Mon 30 Nov 2015     Source: Outbreak News Today [summarized, edited]

Camel bites have been implicated in the deaths of 2 young girls in Darfur’s East Jebel Marra, according to a Radio Dabanga report. It is reported that the 12 and 17-year-old girls were bitten and crushed by the animals. This has prompted concern in the area about rabid animals. It is believed that the camels contracted the deadly virus from the bite of a rabid dog.[Byline: Robert Herriman]

Darfur’s East Jebel Marraにおいて、二人の少女がラクダに咬みつかれたことにより死亡したとRadio Dabangaが報告した。報告によると、12歳と17歳の少女らはその動物に咬みつかれ、押しつぶされた。このことは、この地域に狂犬病の動物がいるのではないかという疑いを起こさせる。このラクダは狂犬病の犬に咬まれ、致死性のウイルスに冒されたのだと信じられている。

 

[It is not clear whether the 2 victims were killed by the crushing and bites of camel(s) and died within short time after the tragic incident. In such a case, the diagnosis “rabies” is rather unlikely. Rabies becomes a diagnosis to be considered if clinical signs were observed, and they died between a week and 6 months after their alleged exposure. Information from professional sources confirming (or otherwise) rabies is requested. In case confirmed, it will be interesting to note how long after exposure the victims died and whether rabies was lab confirmed in humans and/or in animals.

この二人の犠牲者は、ラクダに咬まれて死んだのか、それとも押しつぶされて死んだのか明らかではないし、この悲劇が起こってからわずかな時間で亡くなったのかも定かではない。このような場合、“狂犬病”という診断を下すのはふさわしくない。狂犬病が診断名として考慮されるのは、臨床症状が見られ、また暴露の証言から1週間~6ヶ月間経って(その人が)死亡したらの場合である。専門家からの狂犬病確認の(あるいは他の)情報が求められる。(狂犬病と)確認できた場合、犠牲者らは暴露を受けてからどのくらいの期間の後に死亡したのか、ヒトと動物どちらが(あるいは両者が)狂犬病と実験室で確定されたのかを言及することは重要なこととなるであろう。

Rabies is an infectious viral disease affecting all warm-blooded animals and humans. Clinical signs of dromedary camel rabies have been reported in 1993 by Afzal and colleagues. (Vet Rec. 1993; 133(9): 220). They included hyper-excitability, attacking inanimate objects, self-biting of forelimbs, salivation, sternal recumbency, paralysis of hind legs, and death within 3-7 days. There have been more recent descriptions of rabies in camels in at least 2 provinces in Sudan. According to one of them (ref. 1) from North Kordofan State, 2001, as many as 19 camels were reportedly affected. This large number was attributed to several factors, the most prominent being “the madness of the offender dog, animals close contact with each other and the site of the bites (upper and lower lips).” Another, later (2005) description from Sudan is available at http://sudanjvr.net/10-21.html.

狂犬病は全ての温血動物とヒトを冒す感染性のウイルス病である。ヒトコブラクダの狂犬病の臨床症状は1993年にAfzalとその同僚らによって報告されている(Vet Rec. 1993; 133(9): 220)。ラクダの臨床症状には、興奮性亢進、静物への攻撃、自分の前脚への噛みつき、流涎、伏臥、後脚麻痺、3-7日以内の死亡が挙げられている。近年、少なくともスーダンの2つの地方でラクダの狂犬病が報告されている。そのうちの1つ(参考文献1)によると、2001年に北コルドファン州で、19頭ものラクダが感染したと伝えられている。この大きな数にはいくつかの要因が関わっているが、最も顕著なものは“「狂犬病の狂躁型のイヌ」とラクダたちはお互いに非常に近づいたことと、その咬まれた部位(上下の唇)”であろう。もう1つのスーダンの報告はそれより後(2005年)に記述されたものであり、上記のURLから利用できる(訳者注:リンク切れの可能性がある)。

In Israel, about one per cent of lab-confirmed rabies cases in animals during the period 1948 to 1997 were seen in dromedary camels.

イスラエルでは、1948-1997年の間に狂犬病と実験室で確定診断されたうちの約1%がヒトコブラクダのものであった。

Though camels, as other herbivores, are not regarded as vectors but rather as dead-end victims of rabies, their notorious tendency to bite may play a role in the increased exposure of herd-mates and humans to infection.

ラクダは他の草食動物と同様、狂犬病の媒介者というよりはむしろ、袋小路の犠牲者とみなされている。とはいうものの、よく噛みつくという悪名高い性癖は、群れの仲間や人への感染の機会を増やすという役割を果たしているかもしれない。

 

PageTop