Home >News > ProMED翻訳情報(453回) ~インドで報告された鶏の狂犬病~

ProMED翻訳情報(453回) ~インドで報告された鶏の狂犬病~

2016.03.18

RABIES – INDIA (11): (KERALA) AVIAN, FIRST CASE REPORTED

********************************************************

 

Date: Wed 2 Dec 2015      Source: Outbreaks News Today [summarized, edited]

 

 

According to the Control of Communicable Diseases Manual, all mammals are susceptible to rabies. No mention of birds. Now, Indian researchers have reported the 1st case of rabies in a domestic fowl, a chicken, in the country, according to a study published in the journal, PLoS Neglected Tropical Diseases.[see comment]

the Control of Communicable Diseases Manual(伝染病制御マニュアル)によれば、すべての哺乳類は狂犬病に感受性である。鳥類については記述されていない。PLoS Neglected Tropical Diseaseに公表された研究によると、現在、インドの研究者たちは、インドで、一羽の飼育されている家禽、鶏のひなにおける狂犬病の初発例を報告している。(注釈参照)。

 

The authors note that experimental rabies virus infection in birds has been reported, but naturally occurring infection of birds has been documented very rarely.  A few anecdotal reports were published in the late 1950s, indicating the rare occurrence of rabies in birds; however, they remain uncorroborated by lack of additional reports with robust laboratory evidence of naturally acquired rabies in birds.

筆者らは、鳥類における狂犬病ウイルスの実験感染は報告されているが、鳥類の自然感染は非常にまれであることに言及している。鳥類の狂犬病のまれな発生を示した逸話的報告は1950年代後半にほんの僅か公表されている。しかしながらそれらはみな鳥類の自然感染した狂犬病の研究所レベルでの追加報告がないため、確証されていないままである。

 

The chicken (_Gallus domesticus_) was bitten by a stray dog and died a month later. Its carcass was sent to the rabies diagnostic laboratory. The brain tissue was positive for rabies viral antigens by fluorescent antibody test (FAT) confirming a diagnosis of rabies. Additional analysis revealed that the rabies virus strain from the domestic fowl belonged to a distinct and relatively rare Indian subcontinent lineage.

その鶏のヒナ(学名Gallus domesticus)は野良犬に咬まれ、一月後に死んだ。その死体は狂犬病診断研究所に送られた。その脳組織は、狂犬病の診断を確認する蛍光抗体法(FAT)で狂犬病ウイルス抗原陽性であった。その家禽の狂犬病ウイルス株は異なったもので、比較的稀なインド亜大陸の系統に属していることが更なる分析により明らかにされた。

 

The authors say the significance of this finding indicates that spill-over of infection even to an unusual host is possible in highly endemic areas. In addition, butchering and handling of rabies virus-infected poultry may pose a potential exposure risk.

この知見の意義は、感染濃厚地域においては一般的でない宿主にさえも感染の流出する可能性があることを示している、と著者は語っている。加えて狂犬病ウイルスに感染した家禽の屠殺や取り扱いには潜在的な暴露の危険をもたらすかもしれない。

 

Researchers conclude the present report indicates that rabies is a disease that can affect birds. Lack of obvious clinical signs and fewer opportunities for diagnostic laboratory testing of suspected rabies in a bird, may be the reason for the disease in these species being undiagnosed and probably underestimated.[Byline: Robert Herriman]

研究者らはこの報告で狂犬病は鳥類を冒す可能性のある病気の1種であると結論付けている。鳥類における、明らかな臨床兆候の不足と、狂犬病の疑いを診断所で調べる機会がほとんどないことが、鳥類においてこの病気で診断未確定と、おそらく過小評価される理由かも知れない。

 

[Among the references of the above paper is the following:

以下は上記の報告の引用の一つである。

 

Jorgenson RD, Gough PM, Graham DL. J.

Experimental rabies in a great horned owl.

アメリカワシミミズクの実験的な狂犬病

Wildl Dis. 1976 Jul;12(3):444-7.

“Abstract:

要約

 

A great horned owl (_Bubo virginianus_) was fed the carcass of an experimentally infected rabid skunk. The bird developed antibody titer to rabies, detected by passive haemagglutination, 27 days after oral inoculation by ingestion. The owl suppressed the infection until corticosteroid administration, after which a maximum antibody titer was attained. Evidence of active rabies viral infection was seen by fluorescent antibody staining of oral swabs, corneal impression smears and histologic tissue smears, by suckling mouse inoculation of oral swab washings, and by transmission electron microcopy. No clinical signs of rabies virus infection were observed”.

1羽のアメリカワシミミズク(学名Bubo virginianus)は実験的に感染し狂犬病になったスカンクの死骸を餌として与えられた。経口摂取27日後、受身赤血球凝集反応によってその鳥に狂犬病抗体価が産生されたことが証明された。そのフクロウ(ミミズク)はコルチコステロイド投与するまで感染を抑制した。その後、最大抗体価を獲得した。活発な狂犬病ウイルス感染の証拠は、口腔スワブ、角膜圧片塗抹標本及び病理組織塗抹標本の蛍光抗体染色によって、口腔スワブ洗浄液の乳のみマウス接種及び透過型電子顕微鏡によって認められた。狂犬病の臨床兆候は全く観察されなかった。

 

The authors of the current Indian paper included the following text in their discussion:

最近のインドの論文の著者らは、以下の文書を考察に含めていた。

 

“Lack of obvious clinical signs and fewer opportunities for diagnostic laboratory testing of suspected rabies in a bird, may be the reason for the disease in these species being undiagnosed and probably underestimated. The locality of the bird in the present case is highly endemic for rabies and the presence of an easily accessible diagnostic facility may be the reason the disease could be identified in poultry.

鳥類における、明らかな臨床兆候の不足と、狂犬病の疑いを診断所で調べる機会がほとんどないことが、鳥類においてこの病気で診断未確定と、おそらく過小評価される理由かも知れない。今回のケースにおいて鳥類の棲んでいる場所が狂犬病の感染濃厚地域であり、そして容易に利用できる診断機関の存在が狂犬病を家禽で確認することができた理由かも知れない。

 

Most often birds succumb due to shock or complication of animal bite injury and may not survive until the development of clinical rabies infection”.

ほとんどの場合、鳥類は動物の咬傷損傷のショックや合併症によって死亡する、また臨床的狂犬病感染の発症に至るまで生き延びないのかも知れない。

 

ProMED-mail’s moderators had their deliberations before posting this unusual observation from Kerala, eventually opting to do so, allowing discussion. – Mod.AS

ProMEDメールのモデレータはKeralaからのこの異常な観察を配信する前に熟考を重ね,結局それを選択し、考察を許可した。

PageTop