Home >News > ProMED翻訳情報(455回) ~米国各地で発生した狂犬病事例(6題)~

ProMED翻訳情報(455回) ~米国各地で発生した狂犬病事例(6題)~

2016.05.01

RABIES – AMERICAS (03): USA

***************************

 

[1] South Carolina, equine, human exposure

[2] Florida, canine (fox)

[3] Florida, bat, human exposure

[4] Virginia, feline, human exposure

[5] North Dakota, feline

[6] Georgia, canine

******

[1] South Carolina, equine, human exposure サウスカロライナ州、馬、ヒトへの暴露

Date: 13 Jan 2016   Source: Herald Online

 

 

2 people in York County were exposed to rabies last week from a horse that was thought to be lame but turned out to be rabid, health officials said.

防疫官によると、足が不自由と考えられたが、結局狂犬病に罹っていると分かった馬から、ヨーク郡の二人が先週、狂犬病の暴露を受けた。

 

The people were providing care to the horse Thursday when the horse started to exhibit aggressive behavior. The horse was killed and tested and Monday found to have had rabies. Both people were told to seek medical treatment for possible rabies exposure, state health officials said in a release Wednesday.

馬が攻撃的行動を始めたとき、人々は木曜日に馬にケアをしに来ていた。その馬は安楽死され、検査され、狂犬病にかかっていると月曜日に分かった。

州の防疫官に水曜日の発表で、狂犬病暴露の可能性があるため二人とも治療を受けるよう進言された。

 

Horses are not required to have rabies shots. However, state officials encourage rabies vaccinations for any animals that have frequent contact with people. State officials urge people to notice sudden changes in domestic animal behavior and avoid contact with wild animals.

馬は狂犬病予防注射を接種することは求められていない。しかしながら、州当局はヒトと頻繁に接触するすべての動物に狂犬病のワクチン接種を推奨している。州当局は人々に、飼育している動物の行動が突然変わった場合は注意し、また、野生動物との接触を避けるよう注意を促している。

 

The horse is the 1st York County animal to test positive for rabies in 2016 and the 2nd animal statewide. 9 animals tested positive in York County in 2015 out of 130 confirmed rabies cases in the state.

その馬は2016年にヨーク郡で狂犬病陽性と診断された初めての動物であり、州全体で二番目の動物である。2015年にサウスカロライナ州で狂犬病と確定された130例のうち、9頭の動物がヨーク郡で陽性と判定された。

 

 

******

[2] Florida, canine (fox)  フロリダ州、犬(キツネ)

Date: 13 Jan 2016     Source: Tallahassee.com [edited]

 

The Wakulla County Health Department has warned residents to beware of wild animals acting strangely, after 4 foxes in the last 2 weeks showed signs they may been infected with rabies.

最近二週間に4頭のキツネが狂犬病に感染したであろう兆候を示したのを受け、ワクラ郡保健所は奇異な行動をする野生動物に注意をするよう住民に警告した。

 

“We have had several cases of foxes that have been acting very ill and not fleeing when approached by humans,” said WCHD Administrator Padraic Juarez. “This unusual behavior can be caused by several different illnesses, with rabies being a possibility.”

『とても具合悪い様子で、ヒトが近づいても逃げないキツネの症例をいくつか経験している。』とWCHD管理官のPadraic Juarez氏は語った。『この異常な行動は、狂犬病の可能性を含む、いくつかの異なる病気によって引き起こされうる。』

 

All 4 foxes were found in a similar area, and while there has been no evidence of the sickness spreading, Juarez said his agency takes the rabies threat very seriously.

4頭のキツネはすべて似かよった地域で発見された。そしてその地域には病気の蔓延の証拠はないが、Juarezの機関はその狂犬病の脅威をとても慎重に取り扱った、と述べた。

 

“The real concern for rabies is if a human contracts it, it has such a high mortality rate,” Juarez. No human contacts or bites associated with the fox sightings have been reported.

『狂犬病の真の関心事は、ヒトが狂犬病にかかると、致死率がとても高いということです。』とJuarez氏は語る。そのキツネの目撃に関連したヒトとの接触や咬傷は全く報告されなかった。

 

WCHD officials think the virus may have the potential to spread, at least within the fox population, because foxes live together in dens.

WCHD当局は、キツネは巣穴にまとまって暮らすため、少なくともキツネの群の中でウイルスが拡大する可能性があると考えている。

 

When species cohabitate, the disease can spread faster than it might in singular, roaming animals.

種が同じ場所に生息すると、単独で徘徊する動物よりも早くその病気が拡散する。

 

The Department of Health reported raccoons, bats, foxes and stray cats are most commonly diagnosed with the disease. While the virus is not often spread to humans, it is possible through bites or contact with an infected animal’s saliva or mucus.

保健局はアライグマ、コウモリ、野良猫がその病気(狂犬病)と診断される最も一般的な動物であると報告した。ウイルスはあまりヒトへ拡散しないが、咬まれたり、感染動物の唾液や粘液に接触することで拡がる。

 

People tend to think of a rabies-positive animal as appearing outwardly rabid, but Juarez said that not usually the case. “People think of the foaming mouth, and that is semi-accurate,” Juarez said.

人々は狂犬病陽性の動物が外見上気違いじみたように振る舞っていると考えがちだが、Juarez氏は、それは一般的なケースではないと語る。『人々は泡だらけの口を想像するがそれは幾分正しい。』

 

“But they will sometimes act very dumb and will be very docile. What happens is, domestic animals and humans will approach them.”

『しかし、動物たちは時々とても寡黙でとても従順なように振る舞うだろう。そこで起きる出来事とは、飼育動物や人々が、そうした野生動物に接近することだ』

 

The rabies virus affects the animal’s nervous system, suppressing its instincts, leading to unusual behavior.

狂犬病ウイルスは動物の神経系に感染し、その機能を抑制し、変わった行動を引き起こす。

 

“You know the natural curiosity kids have. If there’s a cute fox out in the yard acting friendly, they may approach it,” Juarez said. “If an animal is not reacting the way they would any other day, beware.”

『あなたは子供が自然な好奇心を持っていると知っている。もしも、庭の外に親しげに振る舞うかわいらしいキツネがいたら、子供たちはそれに近づいてしまうだろう。』Juarez氏は語った。『ある動物が今までと同じような反応でなかった場合は、要注意だ。』

 

WCHD suggested several precautions residents can take to avoid coming in contact with infected animals:

WCHDは、感染動物との接触を避けるために住民が取れる予防措置を、いくつか提案した。

 

– Keep rabies vaccinations up to date for all pets.

すべてのペットに最新の狂犬病ワクチン接種をし続けること

 

– Keep your pets under direct supervision so they do not come in contact with wild animals. If your pet is bitten by a wild animal, seek veterinary assistance for the animal immediately and contact Wakulla Animal Services at 850-926-0902.

野生動物と接触しないよう、あなたのペットを直接目の届く範囲にとどめること。もしもあなたのペットが野生動物に咬まれたら、直ちにその動物に獣医学的援助を求め、またWakulla Animal Services 電話850-926-0902 に連絡を。

 

– Call Wakulla Animal Services to remove any stray domestic animals from your neighborhood.

近隣からの放浪しているいかなる飼育動物をも取り除くために、Wakulla Animal Servicesに電話すること。

 

– For suspicious wild animals, contact the Florida Fish and Wildlife Conservation Commission at 850-245-7710.

疑わしい野生動物の場合、Florida Fish and Wildlife Conservation Commission 電話850-245-7710に連絡を。

 

– Spay or neuter your pets to help reduce the number of unwanted pets that may not be properly cared for or regularly vaccinated.

充分なケアや定期的な予防接種が受けられない不必要な動物を減らすため、あなたのペットに不妊や去勢の手術を施すように。

 

– Do not handle, feed, or unintentionally attract wild animals with open garbage cans or litter.

開けっ放しのごみ箱や残飯で野生動物をてなづけたり、餌付けしたり、意図せずひきつけたりしない。

 

– Do not leave your pet’s food outside.  This will attract strays and wildlife.

あなたのペットの餌を屋外に放置しないこと。これは放浪動物や野生動物を引き寄せるだろう。

 

– Never adopt wild animals or bring them into your home.

野生動物を引き取ったり自宅に持ち帰ったり決してしない。

 

– Teach children never to handle unfamiliar animals, wild or domestic, even if they appear friendly.

たとえ親しみやすく見えても、なじみの薄い動物、野生動物あるいは家畜を決して取り扱ったりしないよう子供たちに指導すること。

 

– Prevent bats from entering living quarters or occupied spaces in homes, churches, schools, and other similar areas, where they might come in contact with people and pets

家、教会、学校およびその他類似の場所など、ヒトやペットと接触する可能性のある場所にコウモリに巣を作られたり占拠されたりしないよう防ぐこと。

 

******

[3] Florida, bat, human exposure  フロリダ州、コウモリ、ヒトへの暴露

Date: 22 Jan 2016     Source: WPTV.com [edited]

 

 

A person was exposed to rabies during an attempt to pick up a diseased bat at a residence in Palm Beach Gardens, according to the Palm Beach County Health Department. The bat was captured in a screened patio and picked up with a towel. Palm Beach County Animal Care and Control was notified and sent the bat to a lab where it tested positive for rabies.

パームビーチ郡保健所によると、パームビーチガーデンのある住宅内で、病気になったコウモリを回収しようと試みていた人が狂犬病に曝露された。コウモリは仕切りの有る中庭で捕獲され、タオルで拾い上げられた。パームビーチ動物保護管理局は知らせを受け、そのコウモリを研究室に送り、そこで狂犬病陽性と判定された。

 

The person who handled the bat will now receive a series of rabies shots.

そのコウモリを扱った人は、現在一連の狂犬病ワクチン接種を受けていることだろう。

 

The Health Department says this is the 1st confirmed rabid animal of the year in Palm Beach County.

保健所によると、これが今年パームビーチ郡で確定された狂犬病動物第一号ということである。

 

Residents in the area of PGA National are urged to avoid contact with wild animals.[Byline: John Sparks]

PGAナショナル(パームビーチ郡にあるリゾート施設)区域内の住民たちは、野生動物との接触を避けるよう勧められた。

 

******

[4] Virginia, feline, human exposure   バージニア州、猫、ヒトへの暴露

Date: 13 Jan 2016     Source:13 News Now [edited]

 

 

The Norfolk Health Department is actively investigating several reports of human exposures to rabies after a stray cat was found last week and tested positive for virus.

先週野良猫が発見され狂犬病ウイルス陽性と診断された後、ノーフォーク保健所はヒトへの狂犬病暴露に関するいくつかの報告を積極的に調査している

 

The cat was collected on Friday, [8 Jan 2016] in the 3800 block of Krick St. Authorities describe it as an adult domestic feline with short, black hair.

その猫はクリック通りの3800番街で金曜日(2016年1月8日)に回収された。黒色短毛の大人の家猫であったと保健所は述べている。

 

Anyone who has been bitten or scratched by a cat matching this physical description is asked to contact the Norfolk Health Department at 757-683-2712.

身体的特徴に合致した猫に咬まれたり引っかかれたりした人はみな、ノーフォーク保健所 電話757-683-2712 に連絡を取るべきである。

 

In light of this incident, residents are reminded to keep pets up-to-date on their vaccinations as well as report all animal bites and scratches to local health departments.

この出来事のおかげで、すべての動物の咬傷とひっかき傷を地域保健所へ報告することは無論のこと、住民たちにペットに最新の予防接種を受け続けることを気付かせている。

 

The following precautions are recommended to reduce risk of rabies

以下の予防処置が狂犬病の危険性を減少するために推奨される。

exposure:

暴露

– Be sure dogs and cats are up-to-date on vaccinations.

犬や猫たちに最新の予防接種を必ず受けさせること。

– Keep pets confined to home and yard.

ペットは室内や庭の中で飼育すること。

– Keep yards free of food that could attract wild animals.

庭には野生動物を引き付けるような食べ物がないようにしておくこと。

– Warn adults and children to report any animal bites and scratches.

どのような動物の咬傷とひっかき傷も報告をするよう大人と子供に用心させること。

– Report stray or unvaccinated animals to Animal Control.

放浪動物やワクチン未接種の動物は動物管理局に報告すること。

– Report all animal or human exposures to the Norfolk Health Department.

すべての動物や人への暴露はノーフォーク保健所に報告すること。

******

[5] North Dakota, feline   ノースダコタ州、猫

Date: 17 Jan 2016    Source: InForum [edited]

 

 

North Dakota officials are asking for the public’s help in locating kittens that were found in the parking lot of a Fargo school in November 2015 after a member of the litter tested positive for rabies.

ノースダコタ州当局は、同腹の子猫の一匹が狂犬病陽性と診断されたので、2015年11月にファーゴ学校の駐車場で見つかった同腹の子猫たちの居場所を探すために公衆の協力を求めた。

 

According to a written statement released by the North Dakota Department of Health:

ノースダコタ保健所により公表された書面での声明によると、

 

A kitten found in the Fargo Davies High School parking lot around 18 Nov 2015 recently fell ill and tested positive for rabies.

ファーゴデイビス高校駐車場で2015年11月18日ごろ見つかった一匹の子猫は、最近具合を悪くし狂犬病陽性と判定された。

 

When the kitten was initially found, it did not exhibit signs of rabies and would not have been contagious at that time. State officials are now warning, however, that kittens in the same litter may have also been exposed to rabies and may become contagious if they develop the disease.

子猫が初めに発見された時、狂犬病の兆候はなく、同時に伝染病に罹っていないようだった。しかし、州の担当官は同腹の子猫たちも狂犬病に暴露されていたなら、その病気に発病したなら、伝染してしまうであろうと警告している。

 

A 2nd kitten, which was found at the same time and place as the kitten who tested positive for the disease, has been located and is being isolated for observation.

狂犬病と診断された子猫と同時に同じ場所で見つかった二頭目の子猫は、居場所が特定され、観察のために隔離されている。

 

If there were other kittens in the litter they may have been exposed to the rabies virus and will need to be examined by a veterinarian and isolated to ensure they do not have rabies, state officials said.

他の同腹猫がいるならば、狂犬病ウイルスに暴露されているかもしれず、獣医師による検査が必要であり、また狂犬病に罹っていないことが確実になるまで隔離しておく必要があるであろう、と州の当局者は語った。

 

Officials are urging anyone with information about kittens that may have been part of the litter to contact the North Dakota Department of Health’s Division of Disease Control at (800) 472-2180, or (701) 328-2378.

当局者は同腹の一部であったかもしれない子猫についての情報を持っている人にノースダコタ衛生局の疾病管理部門の電話(800)472-2180 または(701)328-2378 に連絡することを勧めている

 

Rabies is a viral infection that affects mammals, including humans, and can be transmitted through saliva. It causes swelling of the brain and is often fatal. [Byline: Dave Olson]

狂犬病はヒトを含む哺乳類を冒すウイルスであり、唾液を介して伝播される。それは脳浮腫を起こし、たいてい致命的である。

 

 

******

[6] Georgia, canine    ジョージア州、犬

Date: 21 Jan 2016     Source: WALB.com [edited]

 

Tests have confirmed that a Mitchell County family who adopted stray puppies earlier [in January 2016] unknowingly rescued an animal infected with rabies, prompting the Mitchell County Health Department to urge residents to take precautions around wildlife and strays.

野良子犬を以前(2016年1月)に受け入れたミッチェル郡のある家族が、狂犬病に感染した動物を知らずに救出したことが確認された。そしてミッチェル郡保健所に居住者へ野生動物と放浪動物に予防措置を取るよう訴えさせた。

 

The Health Department said family members who played with the infected puppy learned they had been exposed to the rabies virus after it died, and test results came back positive for the rabies virus.

保健所は、感染した子犬が死亡し、狂犬病ウイルスが陽性との結果を知ると、その犬と遊んだ家族に狂犬病ウイルスに暴露されていた、と伝えた。

 

Southwest Health District Environmental Health Director Dewayne Tanner said that it is not unusual to see positive rabies cases occasionally in Mitchell County or elsewhere in the 14-county Southwest Health District.

サウスウエスト衛生部局環境衛生部長のDewayne Tanner氏は、ミッチェル郡や14郡サウスウエスト衛生部局のどこかで時々狂犬病の症例が見られるのは一般的なことで有る、と語った。

 

“Wild animals living in our area that are known to harbor the disease include raccoons, skunks, foxes, bats, bobcats and coyotes,” he said. “When they come into contact with strays or unvaccinated pets, they can pass the infection.”

『アライグマ、スカンク、キツネ、コウモリ、ヤマネコ、コヨーテを含む、我々の地域に生息している野生動物は病気を保有していることが知られている。』と彼は語った。『それらが放浪動物やワクチン未接種のペットと接触すると、感染を伝えることができる。』

 

Tanner said the best protection against rabies is to vaccinate pets.

Tanner氏は狂犬病に対する最善の防御はペットに予防注射をすることである、と語った。

 

“People interested in adopting animals should go through reputable organizations or individuals and should ask for vaccination records,” he added, noting that district environmental health specialists have had to investigate rabies exposures related to pets acquired through online services.

『動物を里親に迎えることに興味がある人は、信用のある組織や個人を介して行うべきであり、予防接種の記録を求めるべきである』。また地区環境衛生の専門家は、オンラインサービスを通じて得られるペットに関して狂犬病暴露を調べねばならないことに注意するように、と彼は加えた。

 

Tanner also offered another recommendation to avoid rabies exposure:

Tanner氏はまた、狂犬病暴露を避けるための推奨事項をもう一つ提示した。

 

“Please avoid interacting with wild animals or strays, especially if they are showing odd behavior – such as being out during daytime or acting aggressively.”

『野生動物や放浪動物と触れ合うことを避けてください。日中、外にいたり、攻撃的に行動したりと、彼らが変わった振る舞いを示しているならば特に。』

 

Anyone bitten by wild animals or strays should seek immediate medical attention and contact the Mitchell County Health Department and law enforcement, he said. “You should not attempt to catch the animal yourself. The authorities will handle that so that it can be tested for rabies.”

野生動物や放浪動物に咬まれた人はみな直ちに治療を求め、またミッチェル郡保健所と、警察に連絡をするべきである、と彼は語った。『その動物を自分で捕まえようとしてはいけない。当局がそれを取り扱うであろう。その結果狂犬病の検査をすることが出来る』

 

Rabies is fatal in humans if untreated, but almost 100 percent preventable in humans when prompt action is taken, Dixon said.

狂犬病はヒトにおいて治療を受けなければ致死的であるが、迅速な行動がとられれば人においてほぼ100%くい止められる、とDixon氏は語った。

 

Georgia law requires dogs and cats 3 months old and older to be vaccinated against rabies. Pet ferrets should also receive rabies inoculations, as should valuable

livestock, Tanner said.

ジョージア州の法律では、3か月齢以上の犬と猫に抗狂犬病ワクチンの接種を義務付けている。価値ある家畜がそうであるように、ペットのフェレットもまた狂犬病注射を受けるべきである、とTanner氏は語った。

 

For more information about rabies, contact the Mitchell County Health Department or go online to  there.

狂犬病に関するさらなる情報は、ミッチェル郡保健所へ電話するか、訪ねること。

 

[Many of these articles are providing additional information, such as to vaccinate pets and report bites. But in none of these articles is it recognized that a rabies drive might be important to connect with the community, more than just an article in the newspaper or on the local radio.

これらの記事の多くはペットへのワクチン接種や咬傷報告などについてのさらなる情報を提供している。しかし、これらの記事のどれもが、狂犬病の駆除には新聞または地域ラジオ局での報道よりも、地域社会とのつながりが重要となるであろうことを認めていない。

 

Keeping pets vaccinated and teaching children and compassionate people about the dangers of rabies is critical.

ペットにワクチンをしておき、子供たちと慈悲深い人々へ狂犬病の危険性について教えることは重要である。

 

One article provided information about both furious (the typical aggressive, foaming at the mouth) and the dumb (shy, withdrawn, abnormal behavior) forms of rabies. It is important to know both forms of the disease and understand the general reaction of the animals.

ある記事は、狂犬病の狂躁型(典型的な攻撃性、口から泡を吹く)と麻痺型(内向的、内気、異常行動)の両方の情報を提供した。病気の二つの型を知ること、および動物の通常の反応を理解することが重要である。]

PageTop