Home >News > ProMED翻訳情報(456回) ~各地での狂犬病の状況(4題)~

ProMED翻訳情報(456回) ~各地での狂犬病の状況(4題)~

2016.05.01

RABIES, ANIMAL, HUMAN: AFRICA, ASIA, UPDATE

*******************************************

 

[1] Algeria – Blida – stray dogs

[2] Indonesia – Bali – human

[3] India – Maharastra – human, fatal

[4] Taiwan – Taitung – animal vaccination

 

******

[1] Algeria – Blida – stray dogs     アルジェリア – ブリダ – 放浪犬

Date: Sat 16 Jan 2016  Source: Radio Algerienne [in French, trans. & summ. Mod.AB, edited]

 

 

The proliferation of stray dogs through various districts and cities of the province of Blida [Algeria] is a real danger to the lives and safety of citizens, given the number of these “wild” animals that thrive there. The efforts made hitherto by the local authorities and departments concerned by their eradication have failed to put an end to this constant danger, raising fears of citizens to go out, particularly at night or early in the morning.

ブリダ県(アルジェリア)の多くの行政区及び都市において放浪犬が急増しており、これらの多くの“野生動物”の活発な行動が、市民の生命と生活への事実上の危機となっている。彼らの根絶に関わっている地方の官庁及び部局によるこれまでの努力は、この絶え間ない危機を解決しておらず、市民たちは特に夜間と早朝の外出時に恐怖を感じている。

 

According to citizens interviewed by the APS (Algeria Press Service), the presence in these cities of uncontrolled garbage dumps has contributed enormously to the proliferation of stray dogs in recent days. A situation considered “intolerable” is recognized especially in the towns of Blida, Ouled Aich, Beni Mered, Chifa, and Larbaa, whose residents strongly challenge the authorities for an effective response against this “scourge”.

APS(Algeria Press Service)の市民へのインタビューによると、これらの都市における管理されていないごみ捨て場の存在が、最近の放浪犬の著しい増加に大変寄与して いるとのこと。このような“我慢の限界”とされる状況は、特に ブリダ、 Ouled Aich(訳者注:Google map上ではOuled Yaïch)、ブニ・メルレッド、 チファ(訳者注:Google map上ではChiffa)、 そしてラルバアーといった街で認められており、ここの住民は当局に対し、この“災害”について効果的な対応を行うように強く求めている。

 

The veterinary services of Blida Agricultural Services Directorate have identified 10 rabies outbreaks across the province, during the rabies vaccination campaign of 2015, compared to 16 outbreaks recorded the year before (2014). Veterinarians in the province are continuously warning citizens against dangerous diseases that these stray animals may transmit to humans, including leishmaniasis, and other communicable diseases, like rabies, which can cause death.

ブリダ農業局の獣医部門は、2015年の狂犬病ワクチン接種のキャンペーン中に、県全体で10件の狂犬病の発生を確認している。それに対して前年(2014年)の記録は16件であった。この県の獣医師たちは、 、これらのうろついている動物たちから人々へ感染しうる危険な疾病―リーシュマニア症や、狂犬病のような、死につながる他の伝染性疾病―に対し、絶えず警戒を呼びかけている。

 

Contacted by APS, officials from the hygiene services of the town of Blida have ensured that a mission was devoted, since last year [2015], to landfill garbage center (CET), Beni Mered, which is working in coordination with the municipalities in order to eradicate stray dogs. It has 2 adapted vehicles and a team specialized in this type of activity.

APSからの連絡により、ブリダ県内の街の衛生局職員は、昨年(2015年)より、 ブニ・メルレッドにある埋め立て式のごみ処理センターにおける任務に全力を傾けることを確約している。このセンターは、放浪犬を根絶するため、地方自治体と共働している。ここでは、任務に適した2台の車両と、このような活動を専門とするチームが任務に就いている。

 

This unit has already achieved many operations in the towns of Blida (140 stray dogs slaughtered), Mouzaia (67), Ouled Aich (100), and Chrea (125), according to the director of this center, Kara Smail, who added that a similar operation was launched last week in Bouguera. It is imperative, for the eradication of stray animals in the great Blida (including 4 districts), that the operation is carried out simultaneously in order to prevent leakage of dogs to nearby districts.

センター長であるKara Smailによると、この隊は、ブリダ(140匹の放浪犬を処分)、ムザイア(67)、 Ouled Aich(100)、そしてクレア(125)の各街において、すでに多くの事業を成し遂げている。彼も先週、 Bougueraにおいて同様の事業を立ち上げている。これは、大ブリダ(4つの行政区を含む)内の放浪犬を根絶させ、同時にこの犬が近隣の行政区に移動することを防ぐためにも、是非ともしなければならないことである。

[The proliferation of stray dogs in and around the cities in Algeria, as in most countries in Africa and the Middle East, is becoming more and more worrying as the danger posed by these animals, frequently moving in packs, threatens the physical integrity of citizens, not mentioning the potential risk of transmitting serious diseases such as rabies and leishmaniasis to humans.

 

多くのアフリカ及び中東諸国と同様に、アルジェリアにおける各都市やその周辺においての放浪犬の急増は、人の狂犬病やリーシュマニア症のような、深刻な病気を伝播する潜在的リスクは言うに及ばず、これらの動物たちはしばしば群れで行動し、市民の身体的安全への脅威となるため、これらの動物によりもたらされる危険性としてさらに憂慮すべき事態となっていく。

 

The growing population of these towns and cities does not allow public authorities to implement minimum health measures to prevent these animals from reaching domestic waste, feeding, and reproducing. The occasional slaughtering of stay animals does not suffice to reduce the density of abandoned canine and feline populations.]

 

これらの街や都市においての増大を続ける人口によって、官公庁は、これら動物たちが家庭からのごみにたどり着き、それを漁り、さらに繁殖するのを防ぐという保健上最低限実施しなければならないことができていない。時に応じて放浪している動物たちを殺処分することは、見捨てられた犬や猫の群れの密度を減らすということにはならない。

 

******

[2] Indonesia – Bali – human     インドネシア – バリ- ヒト

Date: Sun 17 Jan 2016     Source: Bali Discovery [edited]

 

 

2016 has dawned with new cases of rabies reported in Tabanan, West Bali [Bali province]. Bali Post reports that data published on Tuesday 12 Jan 2016, recorded 2 rabies bite cases affecting [a 13 year old boy] from Dajan Peken and [a 5 year old boy] from Kediri.

2016年はバリ西部[バリ州]のタバナン県で報告された新たな狂犬病事例で始まった。バリ・ポスト紙は2016年1月12日火曜日に、 Dajan Peken の[13歳の少年]とクディリの[5歳の少年]を襲った、計2件の狂犬病の咬みつき事故が発生したと報告した。

 

The head of the Infectious Disease and Environmental Health Department (P2MPL) for the Tabanan Health Service, Wayan Triana Suryanata, revealed that [child no.1] suffered a bite to his left thigh and [child no.2] to his left ear. Adding, “Tissue samples from both dogs that bit the children were tested and found positive for rabies.”

タバナン県の保健当局の感染症/環境保健部門の長である Wayan Triana Suryanataは、子供の一人[child no.1]は左大腿部に、もう一人[child no.2]は左耳に咬傷を受けたと明かした。また、“子供に咬みついた両方の犬から採取された組織サンプルはどちらも診断を受け、狂犬病陽性である事が分かった。”と付け加えた。

 

Both children have been temporary administered antiviral treatment (VAR) while [child no.2] has been given anti-rabies serum (SAR) due to the location of his wound, near his head, considered to represent a more substantial threat.

子供たちは二人とも一時的に抗ウイルス処置(VAR)を受け、一人[child no.2]はその頭に近い傷の位置から、かなりの危険性があると考慮されたため、抗狂犬病血清の投与も受けた。

 

The father of [child no.1] said a neighbor’s dog that was allowed to stray in the village bit his son: “My son was just taking a walk when suddenly a dog appeared and bit him,” he said. When the son was brought to a local health center to receive VAR he was told there was none of the free drug from the government available to treat the child. He then purchased VAR from another source that cost, together with treatment, Rp. 620 000 [about USD 44.55].

child no.1の父親は、村の中で放し飼いにされていた隣人の犬が息子に咬みついたと述べた。“息子が散歩しているときに、突然犬が現れ、咬みついてきた。”と彼は言った。その息子にVARを受けさせるために、地域の保健センターに連れて行ったが、そこには政府から支給されている無料の薬はなかった、と彼は言った。そこで彼は他の出所のVARを購入した。それには治療を含めて620,000 インドネシアルピア(約44.55USドル)要した。

 

Health officials killed the dog that bit the child and biopsy of the animal’s brain that was performed on Monday, 11 Jan 2016, was positive for rabies. He has been promised follow up treatments of VAR at the local health center without charge.

保健当局は月曜日(2016年1月11日)にはその子供に咬みついた犬を殺して脳組織の生検を行い、狂犬病陽性の結果を得ている。彼は続くVARの処置については、地域の保健センターにおいて無料で受けることができるとの確約を得ている。

 

Meanwhile, the head of the health service for Tabanan, Dr Nyoman Suratmika, told the press that while VAR is available it is being dispensed selectively to only those with confirmed bites linked to a dog proven to have rabies. All patients reporting with dog bites have their wounds thoroughly cleaned with soap and water for 15 minutes.

その一方で、タバナン県の保健局長であるDr. Nyoman Suratmikaは報道陣に対し、VARは利用可能ではあるが、明らかに狂犬病の犬に咬まれたことが確認された場合に限って、選択的に施されると述べた。犬に咬みつかれたと報告されているすべての患者は、15分分間傷口を石鹸と水で徹底的に洗っている。

 

 

******

[3] India – Maharashtra – human, fatal    インド- マハーラーシュトラ州- ヒト、死亡例

Date: Mon 18 Jan 2016   Source: Times of India [edited]

 

 

A 62 year old man from Mirajgaon village in Ahmednagar district [Maharashtra state] succumbed to rabies at the Naidu Infectious Diseases Hospital recently, taking the death count from the infection to 2 this year [2016], so far.

最近、[マハーラーシュトラ州]アフマドナガル県のMirajgaon村出身の62歳の男性が、Naidu Infectious Diseases病院で狂犬病により死亡し、今年[2016年]の2件めの死亡例となった。

 

The deceased, [K; full name withheld] was bitten by a puppy on his right foot in December 2015. “Kolhe was admitted to our hospital around 1:40pm on 9 Jan 2016. He had developed classical symptoms of rabies like fear of water and air. He died around 7:10pm on 10 Jan [2016],” civic health officials said.

死亡者[Kとされており、フルネームの公表はされていない]は2015年12月に子犬に右足を咬まれていた。“Kolheは2016年1月9日の午後1時40分ごろに我々の病院に収容された。彼は水や風に怯えるといった、典型的な狂犬病の症状を見せていた。彼は、[2016年]1月10日の7時10分ごろに死亡した。”、と市の保健当局は述べた。

 

“It was a category III dog bite wound. As per the medical history given by the victim’s relatives, K did not take anti-rabies vaccination on the scheduled days. Besides, he was not also administered rabies immunoglobulin, the readymade antibody which is extremely effective in deactivating the virus in category III dog bites,” the officials said.

“犬の咬傷はカテゴリーIIIに分類された。犠牲者の親類から提供された診療記録によると、Kはスケジュール通りの抗狂犬病ワクチン接種を受けていなかった。また、彼は狂犬病免疫グロブリンの投与も受けていなかった。これは、既製の抗体であり、カテゴリーIIIの犬の咬傷においてウイルスの不活化には非常に効果的だ。”と当局は述べた。

 

As per the World Health Organization (WHO), the incubation period for the infection is typically 1-3 months, but may vary from one week to one year.

世界保健機関(WHO)によると、この感染症の潜伏期間は通常1-3か月だが、1週間から1年と変わることもあるかもしれないとのこと。

 

The victims are usually injected a fast-acting readymade antibody, rabies immunoglobulin (RI), near the wound to deactivate the rabies virus. The readymade antibodies are given to the patient for immediate protection because the vaccine generally takes 14 days to produce antibodies.

犠牲者は通常なら、迅速に働く既製の抗体である抗狂犬病免疫グロブリン(RI)を傷口の近くに接種して、ウイルスを不活化する。通常、ワクチンによる抗体の産生は14日間を要するので、既製の抗体を即時性の防御のために患者に投与する。

 

[According to WHO criteria, the definition of Category III of contact with suspect rabid animal is: “single or multiple transdermal bites or scratches, licks on broken skin; contamination of mucous membrane with saliva from licks,” as well as “contacts with bats”. For other categories of contact with suspect rabid animals, and additional WHO information on rabies, see Fact Sheet No. 99, updated September 2015]

WHOの基準によると、狂犬病が疑われる動物との接触によるカテゴリーIIIの定義は;“1か所または複数の皮膚を貫通する咬傷あるいはひっかき傷、皮膚の損傷部分をなめられること、なめられることによる唾液の粘膜汚染”と、また“コウモリとの接触”も含まれる。狂犬病が疑われる動物との接触によるその他のカテゴリーや、狂犬病に関するさらなるWHOの情報については、2015年9月に更新されたFact Sheet No. 99を参照のこと。

 

******

[4] Taiwan – Taitung – animal vaccination    台湾 – 台東県 – 動物へのワクチン接種

Date: Tue 22 Dec 2015     Source: Taipei Times, Central News Agency (CNA) report [edited]

 

An ongoing rabies epidemic in Taitung County has been attributed to low vaccination rates among dogs and cats there, which is much lower than the 90 per cent required for an area considered at high risk from new infections, the county’s Animal Disease Control Center said.

台東県で散発している狂犬病は、犬や猫の低いワクチン接種率に起因している。新たな感染の高い危険性が考慮されている地域に必要な接種率90%をずっと下回っている、と県の動物疾病管理センターは述べている。

 

Since July 2013 — when rabies was rediscovered in Taiwan following a hiatus of 52 years — to [Tue 15 Dec 2015], there were 223 rabies cases in Taitung County, according to the county’s Animal Disease Control Center. The infected animals included 219 ferret-badgers, 2 masked palm civets, one dog, and one house shrew.

県の動物疾病管理センターによると、52年の空白期間ののち、再び台湾で狂犬病が発見された2013年7月より [2015年12月15日の火曜日まで、]台東県では223件の狂犬病が発生している。感染動物は219件がイタチアナグマ、2件がハクビシン、1件が犬、1件がトガリネズミであった。

 

Taitung is the county most affected by the outbreak, center chief Wu Tze-he said yesterday [21 Dec 2015]. This year [2015], Taitung County had seen 9 rabies infections among ferret-badgers and 2 infections in masked palm civets as of [10 Dec 2015], Council of Agriculture statistics show.

台東県は最も狂犬病の発生事例が多い県であると、センター長のWu Tze-heは昨日[2015年12月21日]述べた。

農業委員会の統計によると、今年[2015年]台東県は、[2015年12月10日現在]イタチアナグマで9件、ハクビシンで2件の狂犬病感染事例が見られている。

 

As of [Tue 15 Dec 2015], 16 494 dogs and cats had been given rabies vaccinations in Taitung this year [2015], statistics show. The figure represents a vaccination rate of 57 per cent, Wu said. With such a low vaccination rate, “dogs, cats, and people cannot be effectively protected,” he said. If the vaccination rate among cats and dogs is more than 70 per cent, rabies transmissions between people and animals can be prevented, the Bureau of Animal and Plant Health Inspection and Quarantine said. Rabies infections in animals have been reported in 72 townships in 9 counties since 2013.

統計では、台東県においては今年[2015年12月15日現在]16,494匹の犬と猫が狂犬病のワクチン接種を受けているとある。この数字が示すワクチン接種率は57%である、とWuは言う。このような低い接種率について、”犬や猫、そして人々を効果的に守ることはできない”と彼は述べた。もし犬や猫へのワクチン接種率が70%を超えたなら、人や動物間の狂犬病伝播を防ぐことができると、動植物衛生検査検疫局は述べている。2013年以来、動物の狂犬病感染事例は9県72市町村で報告されている。

 

Under the Statute for Prevention and Control of Infectious Animal Disease, dog and cat owners are obliged to have their pets inoculated against rabies every year. Those who ignore the rule can be fined between TWD 30 000 [about USD 914] and TWD 150 000 [about USD 4572].

動物の感染症予防と制御のための法規では、犬と猫の飼い主は、彼らのペットに抗狂犬病のための注射を毎年受けさせることが義務付けられている。この規則を守らなかったものには、30,000~150,000台湾ドル[約914~4,572USドル]の罰金が科せられる。

 

[On 21 Dec 2015], 5 people were fined TWD 30 000 [about USD 914] each in Taitung for failing to have their 29 dogs vaccinated, even after the county government notified them of the requirement to do so.

[2015年12月21日]に、県から請求を受けたにもかかわらず、飼っている29匹の犬にワクチン接種を受けさせなかったとして、5人それぞれに30,000台湾ドル[約914USドル]の罰金を科せられた。

 

 

[Rabies is a zoonosis whereby concerted actions are to be undertaken mostly by 2 main sectors: animal and human health.

狂犬病は人獣共通感染症であり、そうであるがゆえに主として動物と人の健康という2つの領域において協働した活動が行われるべきである。

 

Zoonosis is the 3rd focus area of the Asia Pacific Strategy for Emerging Diseases (APSED) 2010 and could exemplify a comprehensive and strong intersectoral collaboration to comply with the core capacity requirements under IHR (2005) [WHO’s International Health regulations].

人獣共通感染症は、新興感染症のためのアジア太平洋地域戦略[APSED: Asia Pacific Strategy for Emerging Diseases](2010)においては3つ目の焦点領域であり、IHR (2005) [WHO’s International Health regulations] の下、中心となる能力条件に応じるべく包括的かつ強力な組織の枠組みを超えた協働が例示された。

 

The newswire above also reflects the need to maintain local capacities after attaining a certain required level of achievement.

上記に示された(各国からの)報道を見てもまた、(狂犬病に対し)一定の必要とされるレベルに到達したとしても、地域においてそのレベルを維持することが必要であるとわかる。

 

[After notifying 383 rabies cases since the start of the event in Taiwan (23 May 2012), the animal-health authorities submitted to the OIE their final follow-up report no.72 (final report) on 7 Jul 2014. It included the following epidemiological comments:

(2012年5月23日)台湾において狂犬病の発生が始まってから、383例の事例が届け出されたのち、動物衛生当局は国際獣疫事務局(OIE)に対し、最終的な続報No.72を2014年7月7日に提出した。これには疫学的見地の続報も記載される。

 

“The Animal Health Research Institute (National Laboratory) has confirmed rabies virus infection by direct fluorescent antibody test in 2 ferret-badgers which were found in Hualien County and Yunlin County. The prefectural competent authorities have been conducting the intensified vaccination activities targeted at dogs and cats on the areas where infected ferret-badgers were found. The monitoring is ongoing. Reference is made to the guidelines of notification and the suggestions of OIE Animal Health Information Department, positive cases in new outbreaks after 1 Jul 2014 will be notified in the next 6-monthly report.”

“動物衛生研究所(国立の研究所)は、花蓮県と雲林県で見つかった2匹のイタチアナグマについて直接蛍光抗体法を行い、狂犬病陽性であることを確認した。この(狂犬病)感染のイタチアナグマが見つかった地域を所轄する自治体当局は、犬や猫に対するワクチン接種を強力に推し進めていた。監視は続けられている。引用はOIE動物衛生情報部の通知と提言に基づくガイドラインに沿ってなされているが、2014年7月1日以降の新たな発生事例は、次の6か月報によって通知されるだろう。”

 

During 2014, there were 134 cases reported. The last available semi-annual report covers the months January-June 2015, during which period 48 cases in ferret-badgers were reported. As apparent from the current media report, the event in wildlife continues.

2014年の間、(台湾では)134件の事例が報告されている。2015年1-6月までを網羅する最新の半年報では、この期間における48件のイタチアナグマの事例が報告されている。現在のメディアの報告からも明白だが、野生動物の中での発生は続いている。

 

On 10 and 11 Dec 2015, experts, donors, and veterinary and public health officials gathered in Geneva to adopt a plan of action towards the global elimination of dog-mediated human rabies worldwide. Subscribers are encouraged to approach the meeting’s presentations during its 6 sessions and the posters, from all parts of the globe.

 

2015年12月10-11日に、専門家、協賛者、獣医・公衆衛生領域の公務員がジュネーブで一堂に会し、犬が媒介するヒト狂犬病を世界から根絶するためのアクションプランを採択した。参加者は世界各地から寄せられた6つのセッションとポスターの発表に接し、大いに元気づけられた。

 

The meeting’s conclusions were:

この会議の結論は以下の通り。

 

“1- The OIE and WHO strongly supported by FAO and GARC sustain their commitment to the elimination of dog mediated human rabies as a priority in the public interest and their collective efforts to foster political will and facilitate capacity building through existing and future programmes;

1.OIEとWHOは国連食糧農業機関(FAO)と狂犬病予防連盟 (Global Alliance for Rabies Control; GARC)の強力な支援を受け、公衆の関心における優先事項としての犬媒介性のヒト狂犬病根絶という目標と、現在と将来のプログラムを通して政治的意向を呼び起こし、その能力の確立を促進させるための総合的努力を維持するものとする。

 

“2- The proof of concept of the combination of mass dog vaccination, to achieve 70 per cent coverage of targeted populations, responsible dog ownership and dog population control in accordance with OIE intergovernmental standards, education for dog bite prevention and treatment and appropriate use of human post exposure prophylaxis is recognized as the foundation for guidance to countries wishing to pursue elimination of dog mediated human rabies;

2.対象とする母数の70%接種を達成するための大規模な犬へのワクチン接種、OIEで合意された各国政府間の基準に沿った、犬を飼っている人々の責務と犬の集団のコントロール、犬の咬みつき防止および手当のための教育と、人への適切な暴露後予防のやり方といった複合した概念の校正刷りが、犬が媒介するヒト狂犬病の根絶を希求する国々への手引きの土台として認められる。

 

“3- The joint OIE/WHO mechanism for regional vaccine banks be promoted and supported to ensure the timely provision of quality vaccines to support the implementation of regional/national programs;

3.地域のワクチン貯蔵所に対するOIEとWHOの協働体制が作られるべきであり、また地域や国家におけるプログラムの実行を助けるために、効力を持つワクチンの時機に応じた供与を確実にするための支援が行われるべきである。

 

“4- Regional strategies be developed or refined and validated in order to allow individual countries to adapt their approaches and investments to their local circumstances based on best practices in the establishment of national control programmes;

4.地域の戦略を練り上げ、あるいは改良する。そして国家の(狂犬病)コントロールプログラムの確立における最良の実践に基づいた(各国)地域の環境への取り組みと投資の受け入れを各国が認めることを確認する。

 

“5- Countries are encouraged to support the establishment of good governance frameworks, including appropriate legislation, Veterinary Services supervision, community engagement and the implementation of local initiatives to demonstrate early success in order to leverage broader support and scale up their efforts;

5.各国は、彼らの努力を幅広く支援し、スケールアップするために早い段階での成功を証明する適切な立法、獣医療領域部門の監督、地域社会における合意、地域主導の実施を含む良質の統治枠組みの設立の支援を奨励する。

 

“6- All participants and other interested parties consider the global framework as refined and adopted at the conclusion of the Conference as the most effective means to achieve the elimination of dog mediated human rabies for participating countries by 2030.” – Mod.AS]

  1. 全ての参加者およびほかの賛同する団体は、参加各国が2030年までに犬媒介ヒト狂犬病の根絶を達成する最も効果的な手段として、この会議の結論を改良し、取り入れるような世界的枠組みを検討することとする。”

 

PageTop