Home >News > ProMED翻訳情報(458回) ~ペルーで発生したコウモリからの曝露による狂犬病での人死亡事例~

ProMED翻訳情報(458回) ~ペルーで発生したコウモリからの曝露による狂犬病での人死亡事例~

2016.05.01

RABIES – PERU: (LORETO) INDIGENOUS COMMUNITIES, REQUEST FOR INFORMATION

***********************************************************************

Date: Wed 10 Feb 2016     Source: The Guardian [edited]

 

At least 12 people in remote indigenous communities in the Peruvian Amazon have died from rabies in recent months and several more remain sick after catching the disease from bats, a local governor said on Wednesday [10 Feb 2016].

ペルー側アマゾン流域の熱帯雨林にある先住民の共同体では、コウモリからの曝露で最近の数ヶ月の間に少なくとも12人が狂犬病によって死亡し、さらに数名が発病中である、と水曜日[2016年2月10日]に現地の知事は述べた。

 

Authorities were rushing to vaccinate people in native Achuar villages near the Morona river basin where the deaths have surged, said Fernando Melendez, the governor of the Loreto region.

Morona川流域付近にあり、死者が急増している先住民の村であるAchuarにおいて、当局は人々に迅速にワクチン接種を行っている、とロレート郡の知事であるFernando Melendezは語った。

 

3 children were among the 12 dead, said Melendez.

12人の死者の中には、3人の子供がいるとMelendezは述べた。

 

“The death of even one child is grave,” Melendez said. “Today the people of Loreto are living a tragedy.”

“一人の子供の死すら重大なのに” Melendezは言った。 “今日、ロレート郡の人々は悲劇の中に生きている。”

 

Peru’s central government was preparing a state of emergency to free up funds for additional vaccines and fly them into affected communities, which are far from roads, said the deputy health minister, Percy Minaya.

ペルー中央政府はさらなるワクチンを用意する予算を惜しみなく上げる緊急条項を用意しており、道路から遠く離れ、被害を受けている共同体にそれらを空輸している、と健康省副大臣のPercy Minayaは言った。

 

Rabies deaths from bat bites are rare in Peru, where native Amazonian tribes tend to lack access to basic healthcare and emergencies can go unattended for days.

コウモリに噛まれることによる狂犬病の死亡例はペルーでは稀である。しかしアマゾンの先住民部族は、基本的な健康管理を受けることもままならず、緊急事態が数日間放っておかれがちである。

 

******

[2]

Date: Thu 11 Feb 2016    Source: Yahoo News, AFP (Agence France-Presse) report [edited]

 

 

At least 12 indigenous children in Peru have died from rabies after being bitten by blood-sucking bats, which locals at 1st blamed on witchcraft, health officials said.

ペルーでは、少なくとも12人の先住民の子供たちが吸血コウモリに噛まれた後に狂犬病で死亡しており、先住民たちは最初のうちは魔法によるものだとみなした、と保健当局は述べた。

 

The children, aged between 8 and 15, died between September [2015] and February [2016] in 2 indigenous communities in the Amazon region of Loreto, regional health official Hermann Silva said.

子供たちは8~15歳であり、[2015年の]9月から[2016年の]2月の間に、アマゾン地域にあるロレート郡の2つの先住民の共同体で死んだ、と地域の保健当局のHermann Silvaは述べた。

 

“From the symptoms and medical reports it was determined that the 12 children from the Achuar ethnic group died from an outbreak of wild rabies,” Silva told AFP.

“症状と診療記録から、これら12人のAchuar少数民族【訳者注:Achuarはペルーとエクアドルの国境付近に住んでいる少数民族】の子供たちは、野生動物の狂犬病の発生により死亡したと分かった。”とSilvaはAFP(Agence France-Presse)の記者に語った。

 

“The victims were bitten by blood-sucking bats, animals that drink blood, in the Yankuntich and Uncun communities in the jungle” 1100 kilometers (684 miles) north of the capital Lima.

“犠牲者は密林の中のYankuntich とUncun という2つの共同体で、吸血コウモリに噛まれている。”これらの共同体は、首都リマから1100㎞(684マイル)北に位置する。

 

She said indigenous local authorities told health workers that “the community thought the children’s deaths were due to witchcraft, and that was why they didn’t report the outbreak in time.”

彼女は、先住民居住地域の当局が公衆衛生従事者に話した言葉を引き合いに出した。”共同体は、子供の死は魔法によるものだと考えている。だから(狂犬病の)発生はすぐに報告されることはない。”

 

The latest death of a child from rabies was reported on Wednesday [10 Feb 2016]. 2 other patients, a boy of 9 and a woman aged 22, were recovering from the illness.

最近の子供の狂犬病による死亡は水曜日[2016年2月10日]に報告されたものである。他の2人の患者である、9歳の少年と22歳の女性は、病気から快復した。

 

Peru’s health minister Anibal Velasquez said on television that the government had declared a health emergency to get medical aid to the region quickly.

ペルーの保健省大臣であるAnibal Velasquezはテレビで、政府はその地域が迅速に医療を受けられるように、公衆衛生上の非常事態宣言を出したと述べた。

 

Silva said vaccination teams had been sent urgently to the remote region.

Silvaは、その遠隔地には緊急にワクチン接種のためのチームが送り込まれた、と述べた。

 

 

[These 2 reports are a little discrepant. While AFP reported all of the victims as children [report 2], The Guardian [report 1] cites regional governor Fernando Melendez saying 3 of the 12 dead were children. The victims all lived in jungle communities in the Amazon region of Loreto, near the Morona River basin, where basic healthcare is minimal.

これら2つの報告は、わずかに食い違っている。APF(2番目の報告)が全ての犠牲者は子供として報告しているが、Guardian紙(最初の報告)は、知事であるFernando Melendezの死亡した12人のうち3人が子供であるという発言を引用している。犠牲者は全員、ロレート郡のアマゾン地域の、Morona川流域に近い密林の中の共同体で暮らしており、基本的な健康管理は最低限な地域である。

 

The AFP report also refers to 2 patients who are recovering from rabies. ProMED requests further information on these 2 cases. The only survivors of rabies received pre-exposure vaccination, with a single exception. Perhaps these 2 individuals had been vaccinated.

AFPの報告ではさらに、二人の患者が狂犬病から快復したことに言及している。ProMEDは、これら2つの事例についてさらに詳細な情報を求む。1つの例外を除き、狂犬病から生き残った人々は暴露前のワクチン接種を受けている。おそらくこれらの二人も、ワクチンを接種されていた。

 

It is a relief that no mention is made of exterminating the bats. Vaccination is a much better approach, as culling vampire bats has proven to be ineffective. – Mod.LK

コウモリの根絶の実行にまったく触れられていないのは救いである。吸血コウモリの淘汰が非効率的であることは証明されており、ワクチン接種がより良いやり方である。

 

PageTop