Home >News > ProMed情報 〜コロンビアで発生した森林型狂犬病〜

ProMed情報 〜コロンビアで発生した森林型狂犬病〜

2013.05.24

RABIES –  COLOMBIA (BOLIVAR), BOVINE
狂犬病 – コロンビア(ボリバール)、牛
************************************
Date: Sun 5 May 2013
Source: Vanguardia [in Spanish, transl. Mod. TY, edited]
<http://www.vanguardia.com/santander/barrancabermeja/206828-advierten-brote-de-rabia-silvestre-en-sur-de-bolivar>

The Bolivar [department] Secretary of Health, by means of Circular 10 of 2 May 2013, ordered the Secretariats of Health of the municipalities of San Juan Nepomuceno, Mahates, Arroyo Hondo, San Jacinto, Calamar, Maria la Baja y Arjona, in an area related to the [rabies] outbreak, to intensify their surveillance and rabies control efforts.  In this [effort], adhere to the surveillance and control protocols issued by the national Ministry of Health to communicate any situation to departmental health [authorities].
ボリバールの衛生局長は2013年5月2日付けの広報10を通じて、狂犬病の流行に関係した地域である、サンフアンネオムセノ、マハテス、アロヨホンド、サンハシント、カラマ−ル、マリアラバハイアールホナの各自治体保健所に狂犬病の調査と制御の活動を強化するよう指示した。
この活動において、調査と制御計画の実施は区の保健当局にいかなる状況も知らせるために国家保健省によって布告された。

The Bolivar government made this decision after detection of a sylvan [wildlife origin] outbreak of rabies in animals in a rural property in the Carreto area, jurisdiction of San Juan Nepomuceno municipality, in the area of Montes de Maria, stated the veterinarian Orlando Paz Canadas of the Zoonoses Proram of the departmental Secretariat of Health.
ボリバール行政府は、Montes de Maria地域のサンフアン ネポムセロ自治体の管轄であるカレト地域の牧場で、森林型狂犬病(野生動物由来)の流行を確認後、この決定を行ったと、保健課人獣共通感染症プログラムの獣医師オリアンド パス カナダスにより公表された。
The health authorities in this coastal department indicated that the outbreak is controlled.  However, a contingency plan was established, prevent the spread to municipalities in the center and south of Bolivar.
沿岸区の保健当局は、流行が制御されていることを明らかにした。しかしながら、ボリバールの中央部と南部の自治体への感染拡大を防ぐため、不測の事態に対応するための策が講じられた。

The ICA [Colombian Agricultural and Livestock Institute] technical leader, Elias Tamayo Rozo, explained [the outbreak involved] 2 heifers in the La Esperanza farm, one of which showed signs of bites by vampire bat (_Desmodus rotundus_) bites, samples for which were positive for sylvan rabies in the indirect immunoflourescence  test done by the ICA National Diagnostic Laboratory.
ICA(コロンビア農業家畜機関)の技術主任であるエリアス タマヨ ロソによると、発生にはラ エスペランサ牧場の2頭の未経産牛が関与しており、そのうち1頭は吸血コウモリ(Desmodus rotundus,ナミチスイコウモリ)による咬み傷があり、サンプルはICA国立診断研究所で実施した間接蛍光抗体法で森林型狂犬病陽性と判定された。

Also, 7 people who had exposure to the affected livestock, and who do not show symptoms of the disease, are currently undergoing preventive treatment administered by the Ministry of Health and Social Protection and the Bolivar Secretariat of Health.
また、感染家畜に接触した7名は全員発症しておらず、厚生社会保護省とボリバール保健課により、現在発症予防処置を受けている。

Thus, the departmental administration ordered intensification of health surveillance.
このように、部門管理課は(他の曝露患者を見つけるため)保健調査の強化を指示した。

As a preventive measure, the Bolivar Secretariat of Health issued a call to owners of dogs, cats and other pets, and to livestock owners in the area, to vaccinate their animals against animal rabies as a health preventive measure given possible circulation of the virus.
予防対策として、ボリバールの保健課は犬や猫、他のペット飼育者、家畜のオーナーに対して、狂犬病ウイルスの蔓延に対する予防策として所有動物に狂犬病のワクチン接種をするよう要請した。

According to ICA … there are 2 different [epidemiological] types of rabies, sylvan and urban, given the type of animals that transmit it or the epidemiological cycle, although frequently wild animals infect dogs, cats and other domestic animals. Urban rabies is termed that where the virus circulates from a dog to another, and finally to humans or domestic animals.
ICAによると、狂犬病には森林型と都市型の2つの流行型があり、疫学的な循環や狂犬病を伝染させる動物のタイプによって分けられている。しかしながら、野生動物が犬、猫やその他の飼育動物に感染させることは頻繁に起こる。都市型の狂犬病は、ウイルスが犬から犬に、最終的に人や他の飼育動物へと感染が広がる場所から名付けられている。

[Byline: Marcelo Almario Chavez] —
ProMED-mail from HealthMap Alerts <promed@promedmail.org>

[Vampire bat transmitted rabies to cattle occurs sporadically in Colombia. Interestingly, there was an outbreak of bovine rabies in the region of Montes de Maria has of Bolivar department in 2008. As indicated in the above report, forest rabies refers to vampire bat transmitted rabies virus that usually affects bovine animals, in which the disease is often termed bovine paralytic rabies.  Bovine paralytic rabies occurs throughout the range of the bat _Desmodus rotundus_from Mexico through tropical and subtropical regions in Central and South America.  Control often involves attempts to reduce vampire bat populations, although not mentioned in the above report.  Certainly, it is advisable to vaccinate cattle and pet mammals.
コロンビアにおいて、吸血コウモリによる牛への狂犬病伝染は散発的である。興味深い事に、ボリバール地区でのマリア山脈地域における牛狂犬病の発生は2008年にも起こっている。上記のレポートによれば、森林型の狂犬病は狂犬病ウイルスに感染した吸血コウモリが関与し、通常牛科の動物が冒され、しばしば牛の麻痺型狂犬病と呼ばれる。
牛の麻痺型狂犬病はコウモリ(Desmodus rotundus)の分布域、メキシコから中南米の熱帯・亜熱帯地域で発生している。上記の報告には含まれていなかったが、この制御には吸血コウモリの個体数削減がしばしば試みられている。確かなことは、牛や飼育ほ乳類にワクチン接種を行うことが非常に望ましい。

A map showing the location of Bolivar department can be accessed
at<http://www.lib.utexas.edu/maps/americas/txu-oclc-256488229-colombia_pol_2008.jpg> and at <http://healthmap.org/r/6K_l>. – Mod.TY]

[see also:
2008—
Rabies, bovine – Colombia: 20081110.3529
Rabies, bovine, vampire bat, human exposure – Colombia: (BOL)
20081022.3342
2007—
Rabies, human, canine – Colombia (Santa Marta) 20070202.0423
2004—
Rabies, human – Colombia (Choco) (02) 20040716.1931
Rabies, human – Colombia (Choco) 20040714.1900]
*##########################################################*

※和訳はできるだけ正確を期しておりますが、必ず原文をご参照くださいま
すようお願いいたします。

PageTop