Home >News > ProMed情報 〜台湾の輸入狂犬病事例〜

ProMed情報 〜台湾の輸入狂犬病事例〜

2013.05.24

RABIES – TAIWAN: (EX PHILIPPINES), HUMAN
狂犬病 台湾(フィリピン人)、ヒト
****************************************
A ProMED-mail post
<http://www.promedmail.org>
ProMED-mail is a program of the
International Society for Infectious Diseases <http://www.isid.org>

Date: Mon 13 May 2013
Source: The Global Dispatch [edited]
日付:2013年5月13日(月)
情報源:The Global Dispatch(編集済)
<http://www.theglobaldispatch.com/taiwan-reports-first-imported-case-of-rabies-of-2013-in-filipino-worker-99694/>

Taiwan Reports 1st Imported Case Of Rabies Of 2013 In Filipino Worker
2013年における一例目のフィリピン人労働者の狂犬病輸入症例についての台湾の報告
————————————————————-
A Filipino migrant worker is the 1st case of human rabies to be reported in 2013, according to an alert from the Taiwnese Centers for Disease Contol(CDC) on Sunday [12 May 2013]. A 31-year-old Filipino man apparently received a dog bite on [10 Mar 2013] and never sought out rabies prophylaxis. He arrived in Taiwan in early April [2013] and starting experiencing early symptoms of rabies last week [week of 6 May 2013].
2013年5月12日(日)、台湾の疾病制御センター(CDC)の警報によると、一人のフィリピン人出稼ぎ労働者は2013年に報告されるヒト狂犬病の第一症例である。31歳のフィリピン人男性はおそらく2013年3月10日にイヌの咬傷を受けたが、狂犬病の発症予防を全く求めなかった男性は2013年4月初旬に台湾に入国し、先週(2013年5月6日の週)狂犬病の初期症状を表し始めた。

The physician at the hospital noticed the healing dog bite on the patients fingers and the family confirmed the animal bite. The patient has been hospitalized in a quarantine ward because rabies is a category 1 notifiable communicable disease. His condition is deteriorating rapidly and he is now suffering from multiple organ failure, the centers reported.
病院の担当医師は患者の複数の指にすでに治癒しているイヌによる咬傷があることに気づき、患者の家族が動物の咬傷であることを確認した。狂犬病がカテゴリー1の届出伝染病であることから、患者は検疫病棟に入院している。患者の容態は急速に悪化しており、現在多臓器不全に陥っていると病院は報告した。
Rabies is an acute viral infection that is transmitted to humans or other mammals usually through the saliva from a bite of an infected animal. It is also rarely contracted through breaks in the skin or contact with mucous membranes. It has been suggested that airborne transmission is possible in caves where there are heavy concentrations of bats. According to the Control of Communicable Diseases Manual, all mammals are susceptible to rabies.

狂犬病は通常感染した動物(訳者注:伝播可能な期間は発症数日前から発症後死亡するまでであり、それ以外の潜伏期間は感染していても伝播能力がない)から受ける咬傷の際に唾液を通じて、ヒトや他の哺乳類に伝達される急性のウイルス感染(症)である。また皮膚の傷や粘膜への付着でまれに感染する。コウモリが多量生息している洞窟内では空気感染も示唆されている。伝染病管理マニュアル(Control of Communicable Disease Manual)によると、すべての哺乳動物は狂犬病に感受性がある。

Raccoons, skunks, foxes, bats, dogs, coyotes and cats are the likely suspects [in the U.S.A.]. Other animals like otters and ferrets are also high risk. Mammals like rabbits, squirrels, rodents and opossums are rarely infected. Rabies infected animals can appear very aggressive, attacking for no reason. Some may act very tame. They may look like they are foaming at the mouth or drooling because they cannot swallow their saliva. Sometimes the animal may stagger (this can also be seen in [canine] distemper).Not long after this point they will die. Most animals can transmit rabies days before showing symptoms.
アライグマやスカンク、キツネ、コウモリ、イヌ、コヨーテ、ネコは(アメリカでは)おそらく疑いの掛けられる動物である。カワウソやフェレットのような動物もまた高度に危険である。しかし、ウサギやリス、げっ歯類、オポッサムなどの哺乳類はほとんど感染しない。狂犬病に感染した動物は大変攻撃的で理由なく攻撃をする。あるときには動物は大変従順となることもある。狂犬病発症動物は唾液を嚥下できないので、口から泡を吹いたりよだれをたらしたりしている。時に発症動物がふらふらしていることがある(これは[イヌの]ジステンパーのときにも見られる)。この時点からそう経過しないうちに動物は死亡する。ほとんどの動物は狂犬病の徴候を示す数日前には他へ伝播させることができる。

Initially, like in many diseases, the symptoms of rabies are non-specific; fever, headache and malaise. This may last several days. At the site of the bite, there may be some pain and discomfort. Symptoms then progress to more severe: confusion, delirium, abnormal behavior and hallucinations. If it gets this far, the disease is nearly 100 percent fatal. Worldwide it is estimated that there are more than 55 000 deaths due to rabies annually with most cases reported from Africa, Asia, including China and India, Latin America and the Middle East. The Philippines reports several hundred human rabies cases annually. Human rabies is prevented by administration of rabies vaccine and rabies immune globulin [post exposure].
(ヒトでは)初期には他の疾病と同様、狂犬病の症状も非特異的で、発熱や頭痛、不快感が見られる。この徴候は数日続く。また、咬傷部が幾分痛んだり不快に感じたりする。次に症状はより重篤へ進行する:錯乱や譫妄(せんもう)、異常行動や幻覚が見られるようになる。このようになってしまうと、本病はほとんど100%致死的である。世界中で年間5万5千人以上の狂犬病による死亡が推定されているが、多くの事例はアフリカや、中国やインドを含むアジア、ラテンアメリカ、中東から報告されている。フィリピンは年間数百例のヒト狂犬病を報告している。ヒト狂犬病はワクチンと狂犬病免疫グロブリンの投与で発症予防が可能である(暴露後)。

[Byline: Robert Herriman]

Communicated by:
ProMED-mail

<promed@promedmail.org>

[According to WHO, rabies continues to be a public health problem in the Philippines. The country is one of the top 10 countries with a rabies problem. It is responsible for the deaths of 200 to 300 Filipinos per year. In 2010, 257 died of rabies, and in 2011, 202 deaths were reported. At least 1/3 of deaths due to human rabies are among children less than 15 years old. Animal bite cases have been increasing for the past 5 years. At least 328 459 persons in 2011, and 266 220 individuals in 2010 were bitten by animals. Almost half of rabies exposures are among school children. Dogs remain the principal cause of animal bites and rabies cases (see:
<http://www.wpro.who.int/philippines/areas/communicable_diseases/rabies/continuation_rabies_area_page/en/index.html>).
WHOによると、狂犬病はフィリピン国において今も公衆衛生上の問題となっている。フィリピンは世界中で狂犬病の問題を抱えたトップ10ヶ国のひとつである。年間200人から300人の死亡の原因となっている。2010年には257人が狂犬病で死亡し、2011年には202人の死亡が報告された。ヒト狂犬病による死亡者の少なくとも3分の1には15歳以下の子供が含まれている。動物による咬傷事故は過去5年間に増加している。2011年には少なくとも32万8,459人が咬傷を受け、2010年には26万6220人が動物に咬まれた。狂犬病暴露のほぼ半数は学校に通う子供達である。イヌは動物咬傷事例と狂犬病事例の原因として主役を維持している。以下を参照して欲しい。
<http://www.wpro.who.int/philippines/areas/communicable_diseases/rabies/continuation_rabies_area_page/en/index.html>).

In 2009, the Bill and Melinda Gate s Foundation through WHO, provided support to 3 countries, the Philippines included, in its program for rabies-free communities. Called “Rabies-free Visayas Islands Project”, its goal is to declare the Visayas Region rabies-free zones at the end of project implementation. The project is jointly implemented by the Department of Health (DOH), as lead proponent, the Department of Agriculture (DA) and the local government units (LGUs). The main strategy is prevention of human rabies through the control and elimination of canine rabies. Activities include mass dog vaccinations, consultative meetings and planning workshops, advocacy meetings with LGUs, strengthening of rabies diagnostic laboratories, providing additional vaccines for post-exposure prophylaxis of animal bite patients, as well as promoting responsible pet ownership and surveillance.
2009年、Bill and Melinda Gates基金はWHOを通して、狂犬病清浄社会を作る計画のためにフィリピンを含む3カ国に支援を提供した。「ヴィサヤ(Visayas)島狂犬病清浄化プロジェクト」と呼ばれるこの計画のゴールは計画遂行の結果、ヴィサヤ地区を狂犬病清浄地域と宣言することである。この計画は主な提案者としての健康省(DOH)、農業省(DA)および現地の政府軍部隊(LGUs)の合同で実施される。主な戦略はイヌの狂犬病を制御し撲滅することでヒトの狂犬病を予防することである。活動は以下のとおりである。ペットの飼い主責任意識の推進や動物の監視調査のほか、イヌへの集団ワクチン接種および、相談会の開催、研修会の計画、LGUsとの住民支援会議開催、狂犬病診断施設の充実、動物に咬まれた際の暴露後発症予防処置のためのワクチンの更なる提供。
The preceding report from Taiwan does not state the region of the Philippines where the migrant worker contracted the infection. – Mod.CP]  [For a map of the Philippines see <http://healthmap.org/r/1pq_>.
台湾からの上記の報告書では、出稼ぎ労働者が感染したフィリピンの地区を伝えていない。フィリピンの地図は以下を参照のこと。

In the prior report of an imported case of rabies in Taiwan in 2012 (imported from China – see prior ProMED-mail report below), The following comment was excerpted from Mod.CP’s comment: “Angela Song-En Huang added a comment that Taiwan had had no reported human rabies cases since 1959, and no animal rabies since 1961. Taiwan is one of the few rabies-free areas in the world. Citizens bitten by animals in Taiwan do not need to receive rabies immunoglobulin or vaccine. The last case of imported human rabies in Taiwan occurred in 2002. The patient was infected in China, and became ill while visiting relatives in Hualien [see ProMED ref. below].” – Mod.MPP]
2012年に台湾における狂犬病輸入症例の以前の報告において,以下のコメントがMod.CP’sから引用されている。(中国からの輸入例-以下のProMEDメールによる報告を参照のこと)「Angela Song-En Huangは、台湾は1959年以来ヒトの狂犬病が、1961年以来動物の狂犬病が報告されていなかった、とコメントに追加した。台湾は世界でも数少ない狂犬病清浄地域の1つである。台湾で動物に咬まれても住民は狂犬病免疫グロブリンやワクチンの投与を受ける必要がない。最新のヒトの輸入狂犬病事例は2002年にあった。患者は中国で感染し、花蓮の親戚を訪ねている間に発症した。(以下のProMED参考文献を参照のこと)」

[see also:
2012
—–
Rabies – Taiwan (ex China): canine, human 20120726.1216441
2002
—-
Rabies, human – Taiwan ex China 20020806.4954] ………………………………………….sb/cp/msp/mpp
*##########################################################*
************************************************************
ProMED-mail makes every effort to verify the reports that are posted, but the accuracy and completeness of the
information, and of any statements or opinions based
thereon, are not guaranteed. The reader assumes all risks in
using information posted or archived by ProMED-mail. ISID
and its associated service providers shall not be held responsible for errors or omissions or held liable for any damages incurred as a result of use or reliance upon posted or archived material.
************************************************************
Donate to ProMED-mail. Details available at:
<http://www.isid.org/ProMEDMail_Donations.shtml>
************************************************************
Visit ProMED-mail’s web site at <http://www.promedmail.org>.
Send all items for posting to: promed@promedmail.org (NOT to an individual moderator). If you do not give your full name name and affiliation, it may not be posted. You may unsub-
scribe at <http://ww4.isid.org/promedmail/subscribe.php>.
For assistance from a human being, send mail to:

<postmaster@promedmail.org>.
############################################################
############################################################

※和訳はできるだけ正確を期しておりますが、必ず原文をご参照くださいますようお願いいたします。

PageTop