Home >News > ProMed情報 〜経口ワクチン散布試験の影響〜

ProMed情報 〜経口ワクチン散布試験の影響〜

2013.07.30

RABIES – USA (06): (OHIO) ADENOVIRUS-5 VECTORED VACCINE
狂犬病-USA(06):(オハイオ)アデノウイルス-5ベクターワクチン
*******************************************************
A ProMED-mail post
<http://www.promedmail.org>
ProMED-mail is a program of the
International Society for Infectious Diseases
<http://www.isid.org>

Date: Fri 12 Apr 2013
Source: CDC. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013; 62(14): 267-9 [summ.,
edited]
<http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm6214a3.htm?s_cid=mm6214a3_e>

Human contacts with oral rabies vaccine baits
人と経口狂犬病ワクチンベイト(えさ)との接触
———————————————
Background
背景———-
Baits laden with oral rabies vaccines are important for the management
of wildlife rabies in the United States [and elsewhere]. In August
2012, the Wildlife Services program of the US Department of
Agriculture’s Animal and Plant Health Inspection Service began a field
trial involving limited distribution of a new oral rabies vaccine bait
in 5 states, including Ohio. The vaccine consisted of live recombinant
human adenovirus type 5 vector, expressing rabies virus glycoprotein
(AdRG1.3) (Onrab). A previously used oral rabies vaccine consisting of
a live recombinant vaccinia vector, expressing rabies virus glycoprotein (V-RG) (Raboral V-RG), was distributed in other areas of
Ohio. To monitor human contacts and potential vaccine virus exposure,
surveillance was conducted by the Ohio Department of Health, local
Ohio health agencies, and CDC. During 23 Aug 2012 to 7 Sep 2012, a
total of 776 921 baits were distributed in Ohio over 4379 square miles
(11 341 square kilometers). During 24 Aug 2012 to 12 Sep 2012, a total
of 89 baits were reported found by the general public, with 55 human
contacts with baits identified (some contacts involved more than one
bait). In 27 of the 55 human contacts, the bait was not intact, and a
barrier (such as, gloves) had not been used to handle the bait,
leaving persons at risk for vaccine exposure and vaccine virus
infection. However, no adverse events were reported. Continued
surveillance of human contacts with oral rabies vaccine baits and
public warnings to avoid contact with baits are needed because of the
potential for vaccine virus infection.
経口狂犬病ワクチンを含有したべイト(えさ)は、米国(及び他地域)の野生動物の狂犬病管理に対して重要である。2012年8月、合衆国家畜及び植物衛生検査機関の野生動物管理計画は、オハイオ州を含む5つの州において新しい狂犬病経口ワクチンべイトの制限的配布を含む野外実施試験を始めた。それは狂犬病ウイルス糖タンパクを発現する遺伝子組換えヒトアデノウイルスタイプ5(AdRG1.3) (Onrab)の生ワクチンである。過去に狂犬病ウイルス糖タンパクを発現する遺伝子組換えワクシニアウイルス(V-RG) (Raboral V-RG)からなる経口生ワクチンがオハイオの他の地域で散布されている。ヒトとの接触及びワクチンウイルスの曝露の可能性をモニターするために、オハイオ保健局、オハイオ地方保健所及びCDCによって調査が行われた。2012年8月23日から2012年9月7日の間、計776921ベイトがオハイオ州の4379平方マイル(11341平方キロ)に散布された。2012年8月24日から2012年9月12日までの間、計89ベイトが一般市民により発見されたと報告され、55人がベイトとの接触を確認した(いくつかの接触では1個以上のベイトが関与している)。55人の接触の内27人で、ベイトは不完全な状態で、ベイトをつまみ上げる際に防御物(グローブのような)を使用しなかった。したがって、ワクチン曝露やワクチンウイルスによる感染の危険性があった。しかし、いかなる不都合なことも報告されていない。経口狂犬病ワクチンベイトと人との接触に関する調査の継続とベイトへの接触回避をするための人々への警告は、ワクチンウイルスによる感染の可能性があるので必要である。

Wildlife accounts for more than 90 percent of the rabid animals
reported in the United States, and raccoons are the species most
frequently reported. Oral rabies vaccination is an effective strategy
to prevent the spread of rabies in reservoirs such as raccoons,
coyotes, and foxes. Baits laden with oral rabies vaccine are
distributed in strategic areas where target species can find and
consume the baits, thereby releasing vaccine into their oral cavity.
Oral rabies vaccination has contributed to the elimination of the red
fox rabies virus variant and the canine rabies virus variant from
several European countries and the United States, respectively, and
has helped to prevent any appreciable spread of the raccoon rabies
virus variant in the eastern United States.
合衆国で記録されている狂犬病罹患動物の90%以上が野生動物である。そして、アライグマが最も頻繁に報告されている種である。経口狂犬病ワクチン接種は、アライグマ、コヨーテ、キツネなどの病原体保有動物による狂犬病の広がりを防ぐ有効な戦略である。ベイトは、経口狂犬病ワクチンを含有し、標的となる動物種が見つけること及び摂取することが可能である戦略的エリアにまかれる。それによって、ワクチンがそれらの口腔内に投与される。経口狂犬病ワクチン接種は、ヨーロッパのいくつかの国及び合衆国において各々赤キツネ狂犬病ウイルス変異株及び犬狂犬病ウイルス変異株を撲滅するために貢献した。また、合衆国東部におけるアライグマ狂犬病ウイルス変異株の明らかな拡大抑制の助けとなった。
V-RG has been used in the United States since 1990, with
approximately 138 million doses released to date. Baiting strategies
have attempted to minimize human contact with V-RG baits because of
the risk for infection with the V-RG vaccine virus; only 2 human
vaccinia infections have been reported from V-RG exposure. AdRG1.3 is
an alternative to V-RG that might have a different human safety
profile given the high prevalence of antibodies in humans to human
adenovirus type 5 and the mild illness that typically results from
infection with this virus. AdRG1.3 has been integrated successfully
into raccoon rabies management programs in Canada and has shown
promise when used at higher bait densities for eliminating residual
rabies foci in skunks.
V-RGは、1990年から合衆国において使用され、今日までにおよそ1億3800万ドーズが散布された。ベイトによる戦略は、V-RGワクチンウイルス感染リスクのために、V-RGワクチンウイルスとヒトとの接触を最小にすることを試みてきた。V-RG曝露によって、たった2人のワクシニアウイルス感染が報告されている。人においてヒトアデノウイルス5型に対する抗体が広く保有されていること、またこのウイルスによる感染が軽度なことから、AdRG1.3はヒトに対して別の安全な面を持っており、V-RGの代用になる。AdRG1.3は、カナダにおけるアライグマ狂犬病管理計画に成功裡に統一された。そして、残っているスカンクの狂犬病汚染地帯を撲滅するためにベイトを高密度で使用されれば有望と考えられる。

Outcome 結果
——-
Before and during the 2012 distribution of baits, the Ohio Department
of Health, Wildlife Services, and Ohio local health jurisdictions used
print media, television, radio, and the Internet to raise awareness
and provide guidance to the public regarding what to do if a bait was
found by a person or domestic animal. Despite these efforts, 75
percent of persons who came in contact with a bait were unaware of the
baiting operation. A human contact was recorded when a person reported
either seeing or coming into physical contact with a single bait or
multiple baits with or without a barrier such as gloves. Contacts were
reported by calling the toll-free telephone numbers printed on all
baits or by contacting local health departments directly.
2012年ベイトを散布する以前及び散布された間、オハイオ衛生局、野生生物部門及びオハイオ地方衛生事務所は、新聞、テレビ、ラジオそしてインターネットを使用して、もし人あるいは家畜によりベイトが見つけられた場合にどうしたらよいかに関して,人々に注意喚起をするとともに手引きを提供した。このような努力にもかかわらず、ベイトと接触した75%の人々がベイト散布事業を知らなかった。人とベイトとの接触について、人が見ただけであったのか身体的な接触に至ったのか、ベイトは一つだけか複数か、グローブのような保護具をつけていたかいなかったかを報告し記録した。接触はすべてのベイトに印刷されていた無料電話番号への電話または地方衛生事務所への直接連絡により報告された。

Persons who came into physical contact with an intact bait (that is, a
bait that was neither punctured nor leaking) did not require further
follow-up, even if they did not use a barrier such as gloves, because
vaccine exposure was not likely to have occurred. However, persons who
came into physical contact with a bait that was not intact and who did
not use a barrier such as gloves were considered to be potentially
exposed to vaccine and at risk for vaccine virus infection. Attempts
were made to contact all persons potentially exposed to vaccine 21
days after the event to ensure that their symptoms, if any, were
reported. Persons who were immunocompromised, pregnant, aged less than
12 years, or cognitively impaired and persons with dermatologic
conditions or a history of vaccine exposure to a mucosal membrane were
contacted sooner than 21 days after the potential exposure.
完全なベイト(穴があいたり漏れたりしたりしていないベイトのこと)と肉体的に接触した人は、ワクチン曝露は起こり得えないので、もしグローブなどの防護具等を使わなかったとしてもそれ以上のフォローアップを行う必要はない。しかし、破損したベイトと肉体的に接触をした人でグローブなどの防護具を使用しなかった人は、(もしかすると)ワクチンに曝露された可能性があり、ワクチンウイルス感染の危険性を考慮された。彼らの症状が、もし有ったとしたら確実に報告させるために、ワクチン散布が行われた21日後にワクチンに曝露された可能性のある全ての人達と接触することを試みた。免疫不全者、妊婦、12歳以下の人または認知障害者及び皮膚疾患状態者またはワクチンの粘膜曝露を受けた人は潜在的曝露から21日より早期に連絡をとられた。
During 23 Aug 2012 to 7 Sep 2012, a total of 776 921 baits were
distributed by automobile in urban areas and by aircraft in rural
areas of Ohio over an area of 4379 square miles (11 341 square
kilometers). A total of 89 baits were reported found by the general
population during 24 Aug 2012 to 12 Sep 2012 (11.5 baits found per 100
000 baits distributed).
2012年8月23日から2012年9月7日までの間に、計776921個のベイトがオハイオの4379平方マイル(11341平方キロ)地域一帯に、都市部では車で、郊外では航空機でまかれた。計89個のベイトが2012年8月24日から2012年9月12日までの間に一般市民に発見されたと記録された(10万個の散布されたベイトに対して11.5個が発見された)。

Among the 89 baits found, 55 human contacts occurred (some human
contacts involved more than one bait). 14 of the human contacts were
with AdRG1.3 baits, and 41 were with V-RG baits. Among the 55 human
contacts, 27 involved potential vaccine exposures. Among the AdRG1.3
bait contacts, 79 percent resulted in potential vaccine exposure,
compared with 39 percent of V-RG bait contacts (odds ratio: 5.7; 95
percent confidence interval: 1.4-23.8). Only 5.8 percent of persons
physically contacting a bait used a barrier such as gloves.
発見された89個のベイトのなかで、55例の人との接触があった(何人かは一個以上のベイトとの接触を含む)。人との接触の14例はAdRG1.3のベイトで、41例はV-RGのベイトであった。55例の人の接触のうち、27例はワクチン曝露の可能性に関与している。AdRG1.3ベイトとの接触のうち、79%がワクチンに曝露した可能性を示したのに対して、V-RGベイトでの接触では39%であった(オッズ比5.7;95%信頼区間:1.4-23.8)。たった5.8%の人だけがベイトとの身体的接触する際にグローブなどの防護具を使用した。

Of the persons who had potential vaccine exposures, 5 also had one of
the conditions that required closer follow-up. 3 of these incidents
occurred with AdRG1.3 and involved a boy aged 11 years, a pregnant
woman, and a woman with eczema. The other 2 incidents occurred with
V-RG in women who had autoimmune conditions and were on
immunosuppressive medications. No adverse events were reported among
these 5 persons or among the other persons who contacted baits.
ワクチンに曝露した可能性のある人のうち、5名は綿密な追跡調査が必要な状況の1つを有している。そのうち3名は、AdRG1.3によって起こり、11歳の少年、妊婦、湿疹を患っている婦人を含んだ。他の2人はV-RGによって起こり、自己免疫疾患および免疫抑制剤治療を受けている女性であった。これら5人またはベイトと接触をした他の人々の間で不都合な事象は全く報告されていない。
A total of 38 (79 percent) of the 48 reports of human contact involved
domestic animals, and all of the animals were dogs. One animal adverse
event resulted from an AdRG1.3 bait temporarily obstructing a dog’s
airway, but the dog survived. 2 other adverse events were reported for
V-RG baits in which the dogs regurgitated the baits.
48例のヒトの接触のうちの総計38例(79%)は家畜と関連しており、その動物の全てが犬であった。
一頭の動物における有害事象はAdRG1.3ベイトで起こり、犬の一時的な気道障害を引き起こしたが、その犬は助かった。他の二頭の有害事象は、V-RGベイトによるもので、それらの犬はベイトを嘔吐した。
MMWR Editorial Note NMWR短評
——————-
Surveillance during rabies vaccine baiting operations in Ohio suggests
that human and domestic animal contacts with baits are rare. Overall,
fewer human contacts with baits were reported in 2012 than in the
preceding 2 years: 55 in 2012, compared with 83 in both 2010 and 2011
(Ohio Department of Health, unpublished data, 2012).
オハイオにおける狂犬病ワクチンベイト事業中の調査は、人及び家畜とベイトとの接触が稀であることを示唆している。全体的にベイトと接触した人は、2012年に55名で、以前の2010年及び2011年に共に記録された83名と比較して少なかったと報告された。(オハイオ衛生局未公刊資料2012)

In 2012, was distributed for the 1st time in Ohio. The rate of
4.4 reports of AdRG1.3 AdRG1.3bait contacts per 100 000 baits distributed was
higher than rates observed in Canada and in the 1st AdRG1.3 field
trial in the United States in rural West Virginia in 2011 (Wildlife
Services, US Department of Agriculture, unpublished data, 2012).
However, no adverse events were reported as a result of human contacts
with baits in Ohio, Canada, or West Virginia (Wildlife Services, US
Department of Agriculture, unpublished data, 2013).
2012年において、AdRG1.3がオハイオでは初めて散布された。散布された10万個のAdRG1.3ベイト当たりのその接触率は4.4で、カナダや2011年にウエストバージニアの田舎で合衆国で初めてのAdRG1.3の野外試験で認められた割合よりも高率であった(合衆国農業局、野生動物部門、未公刊資料2013)。しかし、オハイオ、カナダ、ウエストバージニアのいずれかにおいて人とベイトとの接触による有害事象は全く報告されていない。(合衆国農業局、野生動物部門、未公刊資料2013)
[authors: F Kellog, N Niehus, M DiOrio, et al]


Communicated by:
ProMED-mail

<promed@promedmail.org>

[The complete article and references are available at the source URL
above.
論文の全文と参考文献は上記のURLで読むことができる。

Baits laden with oral rabies vaccine play an important role in the
management of rabies in wildlife. An oral rabies vaccine consisting of
a recombinant vaccinia vector (V-RG) has been used in the United
States for over 20 years; during this time only 2 cases of human
vaccinia infection from human contact with vaccine in the baits have
been reported. An oral rabies vaccine consisting of a recombinant
human adenovirus type 5 vector (AdRG1.3) is now being field tested in
the United States to assess its safety and immunogenicity. A total of
55 human contacts with the baits were reported, with potential vaccine
exposure in 27 of the human contacts (11 with AdRG1.3 and 16 with
V-RG). No adverse events were reported. However the efficacy of the
vaccine in inducing protection to rabies virus infection is not known,
but on theoretical grounds the adenovirus vectored rabies antigen
should be less hazardous than the vaccinia-vectored rabies vaccine
used in Europe an North America in the past. These experiments do
measure the effectiveness of the adenovirus vectored vaccine in
controlling rabies in wildlife, not merely its safety in the
environment. It would have been interesting to know if the few
domestic dogs who encountered thee bait had developed a protective
immune response. – Mod.CP]
経口狂犬病ワクチンを仕込んだベイトは、野生動物の狂犬病を管理する上で重要な役割を果たす。遺伝子組換えワクシニアベクター(V-RG)により構成される経口狂犬病ワクチンは、合衆国において20年以上使用されてきた。この期間にただ2例の人がベイトにおけるワクチンに接触したことによるヒトワクシニア感染が報告された。遺伝子組換えヒトアデノウイルスタイプ5ベクター(AdRG1.3)により構成される経口狂犬病ワクチンは、その安全性と免疫原性を評価するために現在合衆国において野外試験中である。計55名の人とベイトとの接触が報告された。そのうち27名はワクチン曝露の可能性があったが(AdRG1.3との接触が11名、V-RGとの接触が16名)、有害事象は全く報告されていない。狂犬病ウイルス感染への抵抗性を誘発するワクチンの有効性は、知られていないが、しかし、理論上アデノウイルスをベクターとした狂犬病抗原は、過去にヨーロッパや北アメリカで用いられたワクシニアをベクターとして用いた狂犬病ワクチンよりも危険度が少ない。これらの実験は、環境への安全性ばかりでなく野生動物における狂犬病をコントロールする上でアデノウイルスをベクターとしたワクチンの有効性を評価する。ベイトと遭遇した少数の飼育犬が感染防御免疫反応を発現したかどうかを知ることは興味深い。
[see also:
2001
—-
Rabies-vaccinia infection from oral vaccine – USA 20010825.2010]
………………………………………….mpp/cp/mj/mpp

PageTop