Home >News > 台湾の狂犬病 さらに4頭のイタチアナグマが報告されました

台湾の狂犬病 さらに4頭のイタチアナグマが報告されました

2013.08.09

China Postによると8日、さらに4頭のイタチアナグマが狂犬病であることがわかり、これまでの総計は53頭となりました。4頭のイタチアナグマは台湾中央部の嘉義県および台中県、南投県での発生です。当局は7月以降、発生地域を中心に9万頭以上の動物(種は明らかにされていない)にワクチン接種を行っています。また、8月下旬からはシェルターや動物救急センター、動物病院で死亡した動物を回収して他の種への拡がりがないかを監視する予定です。詳しくは以下をお読みください。http://www.chinapost.com.tw/taiwan/national/national-news/2013/08/09/385951/Four-more.htm

PageTop