Home >News > 台湾の狂犬病 76頭まで増加しました。

台湾の狂犬病 76頭まで増加しました。

2013.08.12

China Postによりますと一昨日(10日)、当局は野生動物の狂犬病確認例が13頭追加され、今年7月中旬からの総計は76頭となったと述べました。1頭のトガリネズミ以外はすべてイタチアナグマです。発生県は、台湾中央部の台中市および南投県、南部の雲林県および、嘉義県、台南市、高雄市、東部の台東県で、8月9日に検査をした猫目224頭のうち、13頭が新たに陽性となったものです。詳細は以下をお読みください。
http://www.chinapost.com.tw/taiwan/national/national-news/2013/08/11/386118/Number-of.htm

PageTop