Home >News > 台湾の狂犬病 アメリカCDCの専門家チームが到着した模様です。

台湾の狂犬病 アメリカCDCの専門家チームが到着した模様です。

2013.08.12

China Postによりますと、二人の疫学者および、一人の獣医疫学者と生態学者の計4人のアメリカCDC医学チームが狂犬病対策援助のため、台湾入りしたと台湾CDCはプレスリリースで報じました。同チームは7~14日滞在し、現地のメンバーと、リスク評価や野生動物の監視に対する助言、経口ワクチン適用することが実行可能かどうかの評価について話し合う予定です。昨日イタチアナグマの狂犬病が一例見つかって、計77頭となりました。詳細は以下をお読みください。http://www.chinapost.com.tw/taiwan/national/national-news/2013/08/12/386225/US-disease.htm

PageTop