Home >News > 台湾の狂犬病 農業委員会は狂犬病のイヌの死を受けて再度動物実験を考えています。

台湾の狂犬病 農業委員会は狂犬病のイヌの死を受けて再度動物実験を考えています。

2013.09.15

China Postによりますと、農業委員会はイヌの狂犬病発生事例を受けて、イヌの生体感染実験を再度計画しています。また、その後何人かの専門家は大元のキャリアは国内のコウモリがであることを示唆しています。狂犬病中央伝染病司令センターは台東県の1ヶ月令の子犬は狂犬病にかかったあと日曜日に安楽死されたことを確認しました。また、最近になって複数の野生動物の研究者はイタチアナグマの狂犬病は野生のコウモリからもたらされた可能性があるという理論を立てています。詳細は以下をお読みください。
http://www.chinapost.com.tw/taiwan/national/national-news/2013/09/12/388706/COA-to.htm

PageTop