Home >News > ProMED翻訳情報(174回) ~OIE報告(ギリシャ)~

ProMED翻訳情報(174回) ~OIE報告(ギリシャ)~

2013.10.09

RABIES – GREECE (02): (CENTRAL MACEDONIA) CANINE, HUMAN EXPOSURE, OIE
狂犬病-ギリシャ(02):(CENTRAL MACEDONIA) 犬、人曝露
*********************************************************************
A ProMED-mail post

ProMED-mail is a program of the
International Society for Infectious Diseases

Date: Thu 27 Jun 2013
Source: OIE, WAHID (World Animal Health Information Database), weekly disease information 2013; 26(26) [summ., edited]
出典:OIE,(世界動物衛生情報データベース)、疾病情報週報2013;26(26)
http://www.oie.int/wahis_2/public/wahid.php/Reviewreport/Review?page_refer= MapFullEventReport&reportid=13677>

Rabies, Greece
狂犬病、ギリシャ
————–
Information received on 27 Jun 2013 from Mr Spiros Doudounakis,Director, Animal Health Directorate, Directorate General of Veterinary Services/Animal Health Directorare, Ministry of Rural Development and Food, Athens, Greece
2013年6月27日に農村開発及び食料省(ギリシャ、アテネ)の動物衛生局長のSpiros Doudounakisより情報を受けた。

Summary
要約
Report type: Follow-up report no. 15
報告様式:続報no.15
Date of start of the event: 15 Oct 2012
事象の開始日時:2012年10月15日
Date of pre-confirmation of the event: 18 Oct 2012
事象の確定前の日時:2012年10月18日
Report date: 27 Jun 2013
報告日時:2013年6月27日
Date submitted to OIE: 27 Jun 2013
OIEへの提出日:2013年6月27日
Reason for notification: Reoccurrence of a listed disease
届出理由:記載疾病の再興
Date of previous occurrence: 1987
以前発生日時:1987年
Manifestation of disease: Clinical disease
疾病の発現:臨床的疾病
Causal agent: Lyssavirus
病因:リッサウイルス
Serotype: Not sampled
血清型:検体なし
Nature of diagnosis: Clinical, laboratory (basic), laboratory
(advanced)
診断の方法:臨床的、実験室的(基本的)、実験室的(先端的)
This event pertains to a defined zone within the country
この事象は、国内の限定地域に属する。

New outbreaks (1)
新しい流行発生(1)
Outbreak 1: Periohi Emmanouil Pappa, Serres, Kentriki Makedonia
流行発生(1):Periohi Emmanouil Pappa, Serres, Kentriki Makedonia
Date of start of the outbreak: 14 Jun 2013
流行発生の日時:2013年7月14日
Outbreak status: Continuing (or date resolved not provided)
流行発生の状態:継続的(または、解決日時は不明)
Epidemiological unit: Village
疫学的単位:村
Affected animals
罹患動物
Species / Susceptible / Cases / Deaths / Destroyed / Slaughtered
種/感受性/症例数/死亡数/殺処分数/屠殺数
Dogs / – / 1 / 0 / 1 / 0
犬/-/1/0/1/0
様々な集計をするために必要な名称が羅列されているものと思います。したがって犬や猫などの場合は「Destroyed」、牛やウマなどの家畜の場合は「Slaughtered」の各々の欄に数値を入れるのでしょう。犬では「Dogs / – / 1 / 0 / 1 / 0」と表示されています。
(翻訳校正者より)

Affected population: A stray dog attacked an adult person and some
other stray dogs.
襲われた個体数:野良犬が1名の大人及び他の数頭の野良犬を攻撃した。

Epidemiology
疫学
Source of the outbreak(s) or origin of infection: Contact with wild
species
流行の発生源または感染源:野生動物との接触 
Control measures
制御処置
Measures applied: Zoning, no vaccination, no treatment of affected
animals
適用された処置:区域指定、ワクチン接種なし、襲われた動物への処置なし
Measures to be applied: No other measures
適用されるべき処置:他の処置なし

Communicated by:
ProMED-mail

[This is the 24th reported case of rabies in northern Greece since 15 Oct 2012, when the surveillance was launched. So far, 20 red foxes, 3 dogs (including the one reported in the current notification) and one cat have been found rabid.
これは、疫学調査が開始された2012年10月15日以来ギリシャ北部における24番目の狂犬病の報告例である。これまでに、20頭のアカギツネ、3頭の犬(最新の届け出書における1頭の報告を含む)そして1匹の猫の狂犬病が発見された。
An accumulated report, including a map indicating the locations and affected animal species in each event, is available at
それぞれの事象における位置と感染動物種を示した地図を含む累積報告は、下記で入手できる
.  

Control of the disease in Greece, which has been regarded free of rabies for decades, will be feasible only if coordinated with neighbouring, rabies-endemic countries. – Mod.AS
数十年間狂犬病の清浄国とみなされてきたギリシャにおける狂犬病のコントロールは、近隣の狂犬病常在国と協力し合えば,唯一実行可能であろう。

PageTop