Home >News > ProMED翻訳情報(176回・177回) ~フィリピンでの狂犬病対策とそれに対する意見~

ProMED翻訳情報(176回・177回) ~フィリピンでの狂犬病対策とそれに対する意見~

2013.10.09

RABIES -PHILIPPPINES (03): (COTABATO) CANINE, HUMAN
狂犬病 フィリピン(03) (コタバト市)イヌ、ヒト
***************************************************
A ProMED-mail post

ProMED-mail is a program of the International Society for Infectious Diseases

Date Sat 6 Apr 2013
日付: 2013年4月6日(土)
Source: Inquirer News [edited]
情報源: Inquire News(編集済み)

Rabies deaths reviving worry over stray dogs
放浪犬への心配を呼び起こす狂犬病の死亡例
————————————-
COTABATO CITY: Health officials here expressed concern anew over the proliferation of stray dogs after the deaths of 4 persons from rabies just in the 1st quarter of the year [2013]. Dr. Dovia Tabugo, head of North Cotabato’s Integrated Provincial Health Office, on Friday [5 Apr 2013] said the 4 victims of rabies had been bitten by infected dogs. She could not say when the deaths occurred exactly, however.
コタバト市: 市の健康局担当者は、この年(2013年)の上四半期で狂犬病による4人の死亡者が出た後、改めて放浪犬の急増に懸念をここに表明した。北部コタバト統合州健康局の責任者であるDovia Tabugo博士は金曜日(2013年4月5日)、狂犬病で死亡した4人は、感染した(訳者注:発症した)複数のイヌに咬まれていたと話した。しかし、Tabugo博士は(患者が)いつ死亡したのか正確には言えなかった。

Deaths traced to rabid dogs, however, are not new in the province, according to Tabugo. In 2010, 13 people died of rabies after they were bitten by infected dogs. Rabies killed eight people here in 2011 and nine last year. Quoting a report from the health office’s surveillance unit, she said several cases of dog bites in the province occurred inside the homes of dog owners or within their residential compounds. She said as the campaign against stray dogs intensified in many North Cotabato towns, the health office is also appealing to pet owners to have their dogs vaccinated at veterinary offices. Tabugo said pet owners have no reason not to have their dogs vaccinated because the service is free in government veterinary offices.
しかし、Tabugo博士によると狂犬病発症犬からたどった死亡患者はこの地方では新しい話ではない。2010年には13人の人々が感染した(訳者注:狂犬病を発症した)イヌに咬まれた後狂犬病で亡くなった。2011年には8人が、昨年には9人が狂犬病で死亡した。健康局の調査部局の報告を引用し、博士は、イヌの飼い主の家の中や、住宅の敷地内で起きたこの地方でのいくつかのイヌの咬傷事故例を述べた。北部コタバトの多くの町で、放浪犬への対策を強化する活動として、健康局はペットの飼い主にも獣医療施設で、飼養するイヌへのワクチン接種を受けさせるよう訴えている。政府の獣医療施設では業務(ワクチン接種)は無償なので、ペットの飼い主には自分たちの犬にワクチン接種を受けさせるべきである、とTabugo博士は述べた。

She urged residents to immediately seek attention if bitten by dogs.
Tabugo said North Cotabato Provincial Hospital in Amas, Kidapawan City, has a special service division called “animal bite centre.”
博士は住民がもしイヌに咬まれたら速やかに(医療機関での)処置を受けるよう強く訴えた。Kidapawan市のAmasにある北部コタバト州立病院には「animal bite centre:動物咬傷センター」と呼ばれる特別な診療部門がある。

Communicated by:
ProMED-mail by correspondent Susan Baekeland
Susan Baekeland氏の投稿

[The above newswire is confusing as the report originates from Cotabato City, but the information within the report refers to Cotabato province, referring individuals for PEP (post exposure prophylaxis) at the provincial Hospital in Kidapawan City which is the capital of Cotabato (aka North Cotabato) Province. The City of Cotabato is one of the cities of the Philippines located in Mindanao. Cotabato City is an exclave within the boundaries of Maguindanao province, but is independent of that province. Cotabato City is distinct from and should not be confused with the province of Cotabato. A map of Mindanao, showing the location of Cotabato City can be accessed at:
.
A map of the Philippines showing provinces can be found at:
.
コタバト市からの報告とすれば上記の報道情報には困惑するが、この報告を含む情報はコタバト州(別名北部コタバト)の州首都であるキダパワン市の州立病院における住民のPEP(暴露後予防処置)に言及している。コタバト市はフィリピンのミンダナオ島にある市のひとつである。コタバト市はマギンダナオ州の境界部の飛び地であり、コタバト州には属していない。コタバト市はコタバト州とは異なっており混同すべきではない。コタバト市の位置を示すミンダナオ島の地図やフィリピンの州を示す地図は以下を参照。

It is difficult to comprehend the reluctance of the local population to make use of the free canine vaccination service available in the City. While vaccination of domestic dogs will not eradicate canine rabies, it would do much to lower the risk of infection of the human population. Visitors to Mindanao should warned of the risk. -Mods.CP/MPP.]
地元住民が市内で利用できるイヌの無料ワクチンサービスを利用したがらないことを理解するのは難しい。飼い犬へのワクチン接種が(直接)イヌの狂犬病を駆逐するものではないが、人の感染リスクをかなり小さくできるだろう。ミンダナオ島を訪れる人は狂犬病の感染リスクに注意を払うべきである。

*********************************************
RABIES – PHILIPPINES (04): (COTABATO) COMMENT
狂犬病 フィリピン(04):(コタバト)意見
*********************************************
A ProMED-mail post

ProMED-mail is a program of the International Society for Infectious Diseases

Date: Mon 8 Apr 2013
日付:2013年4月8日(月)
From: Merritt Clifton [edited]
投稿者:Merrit Clifton(編集済)

[Re: ProMED-mail Rabies – Philippines (03): (NC) canine, human 20130408.1631412]
Philippines(03)NC) canine, human 20130408.163142に対する意見
———————————————————————-
A comment on the moderator’s statement that: “It is difficult to comprehend the reluctance of the local population to make use of the free canine vaccination service available in the City.”
調停者の発言の中にあった「地元の住民が市内で無料でできる犬へのワクチン接種を利用したがらないことを理解するのは難しい」ということに関する意見。

Philippine humane investigators have told me that there is an active clandestine traffic in backyard-reared dogs for human consumption in Cotabato, and a vaccinated dog is believed to be unsafe for consumption.
フィリピンの人道(動物福祉問題?)調査員はコタバト市では人の食用のために裏庭で飼育された犬の隠れた売買が盛んで、ワクチン接種が済んだ犬は食用には安全ではないと信じられていると話したことがある。
A related issue is believed to be behind the reluctance of some of the local animal control contractors to stop using “tambucho gassing,”meaning gassing with vehicle exhaust, to kill stray dogs. This has been a public issue at least since 2006.
関連した問題として、ある地元の動物処理業者は「タンブーチョガス処理」と呼ばれるエンジンの排気ガスを利用した放浪犬の殺処分をやめることに前向きではないと信じられている。これは少なくとも2006年以来の社会問題である。

If the animal control operators use pentobarbital to kill dogs, the remains cannot be sold out the back door to illegally operated dog meat restaurants.
もし動物処理業者が犬の殺処分にペントバルビタールを使うと、遺体は不法に処理した狗肉を使う食堂にこっそり売り払うことが出来ない。

Of course nobody admits to either selling dog carcasses out the back door, or to running dog meat restaurants, or to bribing public officials to look the other way, all of which makes dealing with the rabies problem and related issues more difficult.
もちろん、誰も犬の死体をこっそり売りさばいたり、狗肉を出すレストランを経営したり、役人が見て見ぬふりをするよう賄賂を贈ったりすることを認めたりはしない。しかし、これらのことすべてが狂犬病や関連する問題の解決をより困難にしている。

Merritt Clifton Editor, Animal People PO Box 960 Clinton, WA 98236 USA

[ProMED-mail thanks Merritt Clifton for providing this added insight into the problems associated with attempts to eradicate canine rabies in the Philippines.
ProMEDは、フィリピンにおける犬狂犬病の撲滅のための努力にかかわる問題に対して追加の見識を提供してくれたMerritt Clifton氏に感謝申し上げる。

PageTop