Home >News > ProMED翻訳情報(182回) ~台湾におけるイタチアナグマによる咬傷~

ProMED翻訳情報(182回) ~台湾におけるイタチアナグマによる咬傷~

2013.10.16

RABIES – TAIWAN (03): FERRET-BADGER, HUMAN EXPOSURE
***************************************************
Date: Thu 24 Jul 2013
Source: The China Post, Taiwan National [edited]
<http://www.chinapost.com.tw/taiwan/national/national-news/2013/07/24/384578/Man-tests.htm>

A man in Taitung was sent to hospital for treatment on Mon 22 Jul 2013 after being bitten by a rabies-infected ferret-badger, government officials confirmed yesterday [23 Jul 2013].
政府関連機関で2013年7月23日に狂犬病に感染していたことが確認されたイタチアナグマに咬まれたTaitungに住む男性が、2013年7月22日の月曜日に治療のため病院に移された。

The ferret-badger, which somehow made its way into the man’s home on Monday [22 Jul 2013], died Tuesday morning, apparently due to the effects of the disease. The Bureau of Animal and Plant Health Inspection and Quarantine (BAPHIQ) under the Council of Agriculture (COA) and the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) under the Ministry of Health and Welfare held a late-night press conference yesterday [23 Jul 2013] to explain the case.
7月22日にイタチアナグマは何らかの経路で男性の住宅内へ侵入し、火曜日の朝には死亡しており、狂犬病によると思われた。
農業審議会(COA)管轄の動植物衛生監視検疫局(BAPHIQ)と厚生保健省管轄の疾病予防センター(CDC)は本件を説明するために記者会見を昨夜遅く(2013年7月23日)に開いた。

According to both bureaus, the ferret-badger was confirmed to have rabies. They also said that the man, who was bitten at home in Taitung, was sent to a nearby hospital for vaccine and immune globulin injections immediately. Officials noted that because Taitung [could not provide] rabies vaccine, the hospital needed to obtain vaccines rom other counties.
両部局によると、そのイタチアナグマは狂犬病に感染していることが確認された。また、Taitungの自宅で咬まれた男性は、すぐにワクチン接種とイムノグロブリン接種のため最寄りの病院に移されたと語った。また両部局はTaitungの病院で狂犬病ワクチンを準備できないので他の郡から入手する必要があったことも指摘した。

According to the COA, Taiwan was removed from the world’s top 10 non-rabies epidemic countries after it was found to have rabies infected ferret-badgers. They noted that the death rate from being bitten by a rabies-infected animal is virtually 100 per cent if one does not immediately receive treatment after exposure. According to the BAPHIQ, after Taiwan was removed from the list of non-rabies-infected areas, Japan and Singapore became the only 2 countries in Asia on the list.
COAによると、イタチアナグマ数頭の狂犬病感染が発見されてから、台湾は世界の非狂犬病流行地域10か国から除外された。さらに機関は曝露後すぐに治療を受けない場合、狂犬病感染動物に咬まれて死亡する確率はほぼ100%であると指摘した。また、BAPHIQによると台湾が清浄国リストから除外された後、アジアで日本とシンガポールだけがリストに残った。

The CDC stated that a bitten person should receive up to 5 vaccinations in one month. “Because by the time one shows symptoms, the fatality rate is 100 per cent; any bitten person should receive their 1st vaccine shot within 24 hours from the time of exposure,” the CDC explained. “Then the 2nd shot should be given in 3 days, the 3rd shot at 7 days, the 4th shot in 14 days, and the 5th shot in 25 days.” The CDC added that a person who is exposed to rabies should be vaccinated immediately before symptoms show.
CDCは咬傷を受けた人は一ヶ月以内に5回のワクチン接種を受ける必要があると述べている。『症状が現れる頃には致死率はほぼ100%であり、咬まれた人は必ず曝露後24時間以内に最初のワクチンを受けなければならない。その後、2回目の接種を曝露後3日以内に、3回目の接種を7日目に、4回目の接種を14日以内に、5回目の接種を25日以内に行うべきである。』とCDCは説明している。さらに、狂犬病に曝露した人は必ず症状が現れる前に、曝露後すぐにワクチン接種を受けるべきであることを加えて指摘した。

Scholars said that rabies has reappeared in Taiwan for the 1st time in 50 years. Taiwan has reported 3 recently discovered rabies cases to the World Organisation for Animal Health (OIE), according to the COA.
“But we have not yet found rabies in canines, felines, or people, so we shouldn’t panic too much,” the council said.
有識者は狂犬病が50年ぶりに台湾に再び現れたとしている。COAによると台湾は最近3件の狂犬病症例をOIEに報告した。しかし、イヌ、ネコあるいはヒトでの狂犬病はまだ見つかっていないので、あまりパニックになるべきでない、と審議会は述べている。

Rabies, a fatal disease that affects animals and humans and is caused by a neurotropic virus, was recently detected in the remains of wild Formosan ferret-badgers, a veterinary research team confirmed last week. This means rabies has reappeared in Taiwan for the 1st time in 50 years, said Victor Fei Pang, a professor at the School of Veterinary Medicine of National Taiwan University, during a meeting convened by the COA.
狂犬病は神経親和性のウイルスによりおこされる人と動物に感染する致死的な疾患で、獣医研究チームが先週、台湾に生息しているイタチアナグマに感染個体のいることを確認した。
COAが召集した会議において、これは狂犬病が台湾に50年ぶりに再興したことを意味する、と台湾国立大学獣医学部教授のVictor Fei Pang氏は述べている。

[It is not clear how the man came to be bitten by the rabies virus-infected ferret-badger, whether by accident or during the course of investigation of the outbreak. More detailed information is awaited.
男性がどのように狂犬病ウイルスに感染したイタチアナグマに咬まれたのか、偶発的に起こったのか、一連のアウトブレイク調査中に起こったのかについて、明らかではない。さらに詳細な情報が望まれる。

The question of the origin of the rabies virus infection of the ferret-badger population in Taiwan remains unexplained. It is uncertain whether the infection was recently introduced or has been present cryptically in ferret-badgers in Taiwan for some time. The outcome of genotyping of the virus may resolve this question.
台湾のイタチアナグマの集団にどうやって狂犬病ウイルスの感染が始まったのかという疑問については説明がなされなかった。感染が最近持ち込まれたのかまたは長い間密かに台湾のイタチアナグマの間に存在していたのかは明らかではない。ウイルスの遺伝型が判るとこの疑問に答えることが出来るであろう。

Several accounts of ferret-badger rabies in China have been published recently (for example: Zhang S, Liu Y, Hou Y, Zhao J, Zhang F, Wang Y, et al.
Epidemic and maintenance of rabies in Chinese ferret badgers (_Melogale moschata_) indicated by epidemiology and the molecular signatures of rabies viruses. Virol Sin. 2013 Jun;28(3):146-51. doi: 10.1007/s12250-013-3316-7. Epub 2013 May 21). These authors investigated an epidemic of Chinese ferret badger-associated human rabies in Wuyuan county, Jiangxi province, as well as rabies virus isolates from populations of ferret-badgers in different districts in Jiangxi and Zhejiang provinces. The genomes of these rabies viruses were obtained and sequenced and alignments determined for epidemiological analyses. The results indicated that human rabies cases in the Wuyuan outbreak were only associated with ferret-badger bites.
最近、中国におけるイタチアナグマの狂犬病に関する報告が何報か公刊されている。例えば、
(Zhang S, Liu Y, Hou Y, Zhao J, Zhang F, Wang Y, et al.
Epidemic and maintenance of rabies in Chinese ferret badgers (Melogale moschata) indicated by epidemiology and the molecular signatures of rabies viruses.
Virol Sin. 2013 Jun;28(3):146-51. doi: 10.1007/s12250-013-3316-7.
Epub 2013 May 21)
この論文の著者たちはJiangxi(江西)省Wuyuan郡において、中国イタチアナグマに関連した人狂犬病の流行とJiangxiおよびZhejiang(浙江)省の異なる区域におけるイタチアナグマの集団からのウイルス株について調査している。疫学調査のために、これらの狂犬病ウイルス遺伝子の配列が調べられている。その結果、Wuyuanの流行における人狂犬病症例は全てイタチアナグマに咬まれたものであることを明らかにした。

The rabies viruses isolated from ferret-badger-epidemic areas in Jiangxi and Zhejiang provinces were similar to the Wuyuan county viruses and found to be distinct from rabies viruses isolated from canines in the same region. The authors concluded that rabies in Chinese ferret-badgers has an independent transmission cycle, and ferret-badgers may serve as another important rabies reservoir independent of canines rabies in China.
JiangxiおよびZhejiang省のイタチアナグマ流行地域から分離された狂犬病ウイルスはWuyuan郡のウイルスと類似しており、また同地域の犬から分離された狂犬病ウイルスとははっきり異なる事が判明した。著者らは中国イタチアナグマの狂犬病は独自の感染環を持ち、中国における犬狂犬病とは別の重要な狂犬病ウイルス保有動物としての役割を担っているのであろうと結論づけている。

Other studies in South China have established similarly that ferret-badger-associated rabies has likely arisen as an independent enzootic originating from dogs during the long-term rabies infestation in south east China. Consequently, it is not unlikely that ferret-badger rabies has been present cryptically in Taiwan for some time prior to its recent detection.
中国南部における別の調査でも、イタチアナグマに伴う狂犬病が中国南東部において長期にわたって蔓延している犬由来の流行とはまた別に発生していることを証明した。したがって、イタチアナグマ狂犬病が最近発見されるまでのあいだずっと、台湾で潜在的に存在し続けてきたことは起こりえないことではない。

The Chinese ferret-badger (Melogale moschata), also known as the small-toothed ferret-badger, is a member of the family Mustelidae.
This badger lives in burrows or crevices and is active at dusk and at night. It is a good climber and feeds on fruit, insects, small animals, and worms. It is savage when alarmed. The average of the Chinese ferret-badger is 33 to 43 centimetres (13 to 17 inches) with a tail of 15 to 23 centimetres (5.9 to 9.1 inches). It lives in grassland, open forest, and tropical rainforest from north eastern India to southern China, Taiwan, and northern Indochina.
中国のイタチアナグマ(Melogale moschata)は小歯イタチアナグマとしても知られており、Mustelidae科に属している。このアナグマは地面の穴や隙間に住み、夕暮れから夜間にかけて活動する。木登りが上手く、果物や昆虫、小さな動物、ミミズやヒルなどの蠕虫を食べる。危険にさらされるとどう猛になる。平均的な中国のイタチアナグマは体長33-43cm (13〜17 インチ)で、尾の長さは15-23cm (5.9〜9.1 インチ)である。
インド北東部から中国南部、台湾、インドシナ北部の草原や開けた森林、熱帯雨林に生息している。

PageTop