Home >News > ProMED翻訳情報(185回) ~テキサス州で発生した不法移民の狂犬病による死亡事例~

ProMED翻訳情報(185回) ~テキサス州で発生した不法移民の狂犬病による死亡事例~

2013.10.23

RABIES – USA (11): (TEXAS) ex GUATEMALA, HUMAN

狂犬病-アメリカ(11):(テキサス州)ガテマラ由来、ヒト

**********************************************

Date: Wed 12 Jun 2013

Source: KRISTV, Associated Press (AP) report [edited] <http://www.kristv.com/news/immigrant-dies-from-rabies-while-in-border-patrol-custody/>

日付:2013年6月12日(水)

 

An immigrant from Guatemala died while in US custody from what doctors diagnosed as rabies, immigration officials said on Wednesday [12 Jun 2013].

ガテマラからの移民が医師に狂犬病と診断され米国に勾留中に死亡した、と入国管理当局は水曜日[2013年6月12日]に発表した。

A 28 year old man died on Tuesday [11 Jun 2013] at Christus Spohn Memorial Hospital in Corpus Christi [Texas], according to a statement from US Immigration and Customs Enforcement (ICE).

米国移民税関捜査局(ICE)からの声明によると、28歳の男が火曜日[2013年6月11日]にコーパスクリスティ[テキサス州]のChristus Spohn記念病院で亡くなった。

The US Border Patrol apprehended the patient on 9 May 2013 after he entered the country illegally near Hidalgo [Texas]. On 18 May 2013, he was taken to a Kingsville [Texas] hospital after showing rabies-like symptoms. He was transferred the next day to the hospital in Corpus Christi.

患者はイダルゴ[テキサス州]の近くに不法入国した後、米国の国境パトロールに2013年5月9日に逮捕された。2013年5月18日、彼は狂犬病のような症状を示した後、キングスビル[テキサス州]病院に運ばれた。彼はコーパスクリスティの病院に次の日に移された。

 

The rabies diagnosis was confirmed on Friday [7 Jun 2013] by the US Centers for Disease Control and Prevention (CDC), ICE said. Tests indicated it was a canine rabies virus variant common in Central America. He showed no symptoms when apprehended and officials believe he contracted the disease before entering the country. Health officials are investigating who may have come into contact with the patient in the United States.

狂犬病診断は金曜日[2013年6月7日]に米国疾病対策予防センター(CDC)によって確認された、とICEは発表した。検査ではそれが中央アメリカの一般的な犬狂犬病ウイルスの変異株であることを示した。逮捕時に彼は症状を示さなかったことから当局は彼が入国する前に病気に感染したと信じている。保健当局は米国で患者と接触したかもしれない人を調査しています。

Alba Caceres, Guatemala’s consul in McAllen, Texas, said on Wednesday[12 Jun 2013] that she was at the hospital Tuesday [11 Jun 2013] when the decision was made to take the patient off life support. She said he had entered a coma within a couple [about 2] days of displaying rabies symptoms.

テキサス州、マッカレンでグアテマラの領事Alba Caceresは、患者の生命維持を外す決定をした火曜日[2013年6月11日]に病院にいたと水曜日[2013年6月12日]に言いました。患者は狂犬病の症状を示してから2,3日(約2日)で昏睡状態に陥ったと彼女は語った。

 

She said doctors conducted 2 additional tests on Tuesday [11 Jun 2013], which showed no brain activity before the decision was made to end life support.

彼女は、医師が火曜日[2013年6月11日]に2つの追加のテストを行い、生命維持の停止の決定を行う前まで脳活性を示さなかったと述べた。

 

Guatemalan officials have contacted his family but will await an autopsy before repatriating the body, Caceres said. The family authorized the autopsy and was on the phone when he was disconnected from life support Tuesday [11 Jun 2013], she said.

グアテマラ当局は彼の家族に連絡したが、遺体の送還前に検死を待たなければならないでしょう、とカセレスは言った。家族は、患者が火曜日[2013年6月11日]に生命維持を止めたという電話中に剖検を承認した、と彼女は言った。

communicated by:ProMED-mail<promed@promedmail.org>

 

[Rabies exposure to people occurs through a bite from an animal with rabies.

人への狂犬病曝露は狂犬病にかかった動物からの咬傷を介して行われます。

Scratches, abrasions, open wounds, or mucous membranes (that is, eyes, nose, mouth) that become contaminated with virus-containing saliva or other potentially infectious material from a rabid animal constitute non-bite exposures. Non-bite exposures from animals rarely cause rabies.

ウイルスを含む唾液あるいは狂犬病にかかっている動物からの他の可能な感染性物質に汚染されたひっかき傷、擦過傷、開いた傷、あるいは粘膜[すなわち、目、鼻、口]は咬傷以外の曝露の原因となる。動物による咬傷以外の曝露では狂犬病をほとんど引き起こしません。

 

The incubation period, which is the time period between exposure to the virus and the onset of symptoms, can range from about 3 weeks to 8 weeks, but can be as short as 9 days or as long as 7 years. The incubation period depends on a number of factors, including the severity of the wound, the location of the bite and the susceptibility of the person to infection. People who are immunocompromised are more susceptible to rabies.

ウイルスへの暴露と症状の発症との間の期間である潜伏期間は、約3週間から8週間の範囲で変動するが、短期間で9日間,長期で7年間に変動することもある。潜伏期間は、創傷の重症度、咬傷の位置及び感染に対する人の感受性を含む多数の要因に依存する。免疫不全の人が狂犬病にかかり易い。

 

With such a variable incubation time, it is understandable why authorities believe exposure to the virus occurred prior to their encounter with the man.

このような変わりやすい潜伏期間を考慮して、なぜ当局がウイルスへの曝露が当局と男性との遭遇前に起こったと考えるか理解できる。

 

In humans, rabies usually begins with fever, cough, or sore throat and is followed in several days by more serious and rapidly progressing symptoms such as hallucinations and seizures. The 1st symptoms of rabies may be very similar to those of the flu, including general weakness or discomfort, fever, or headache. These symptoms may last for days.

ヒトでは、狂犬病は通常、発熱、咳、または喉の痛みから始まり、幻覚や発作などのより深刻かつ急速に進行する症状がその後数日続く。狂犬病の最初の症状は全身の脱力や不快感、発熱、または頭痛を含むインフルエンザのものと非常に類似している。これらの症状は数日間続くことがあります。

 

There may also be discomfort or a prickling or itching sensation at the site of bite, progressing within days to symptoms of cerebral dysfunction, anxiety, confusion, agitation. As the disease progresses, the person may experience delirium, abnormal behavior, hallucinations, and insomnia.

また、咬傷部位での不快感、ジンジンとした痛みあるいはかゆみ感覚があるかもしれません。そして数日以内に脳機能障害、不安、混乱、興奮の症状が進行する。病気が進行するにつれて、人は精神錯乱、異常行動、幻覚、不眠を起こすでしょう。

 

Once clinical signs of rabies appear, the disease is nearly always fatal, and treatment is typically supportive.

一旦狂犬病の臨床症状が現れたら、病気はほとんど常に致命的であり、治療は一般的に支持療法です。

PageTop