Home >News > ProMED翻訳情報(186回) ~バリ島での狂犬病再発~

ProMED翻訳情報(186回) ~バリ島での狂犬病再発~

2013.10.23

RABIES – INDONESIA (04): (BALI), CANINE, RECURRENCE

狂犬病-インドネシア(04):(バリ)、イヌ、再発生

 

***************************************************

Date: Thu 18 Jul 2013

Source: The Jakarta Post [summarised, edited] <http://www.thejakartapost.com/news/2013/07/18/rabies-haunts-island-again-rabid-dog-bites-five-residents-gianyar.html>

2013年7月18日(木)

 

Despite its optimism to be rabies free by 2015, Bali has been challenged this week by another rabies case. On Tue [16 Jul 2013], a rabid dog bit 5 people in Gianyar regency. The people who were bitten have received medical treatment and rabies vaccinations.

2015年までに狂犬病がなくなるだろうという楽観論にもかかわらず、バリは別の狂犬病症例によって今週攻撃されています。火曜日[2013年7月16日]に、Gianyar 県において狂犬病の犬が5人を噛んだ。噛まれた人々は治療や狂犬病予防接種を受けています。

 

“The remains of the dog that bit 5 residents in Gianyar have been examined by the Denpasar Veterinary Board. They concluded that the dog was infected with rabies,” the provincial husbandry agency head, I Putu Sumantra, said on Wednesday [17 Jul 2013].

“Gianyar 県において5人の住民を噛んだ犬の死体はDenpasar獣医師会によって検査されています。彼らは犬が狂犬病に感染したと結論づけた、”と州の畜産機関長官、I Putu Sumantraは水曜日[2013年7月17日]に語った。

 

The incident occurred in Kutuh Kelod hamlet, Petulu village, in Gianyar regency. One of the victims, 46, was heading off to Ubud art market at 10 a.m. when the dog bit her on her right foot. After the attacks, the villagers caught and killed the dog.

事件はGianyar県のPetulu村、Kutuh Kelod部落において発生した。犠牲者の一人、46歳の女性は、犬が彼女の右足を噛んだ午前10時にはウブド美術市場に向かっていた。咬傷後、村人たちは犬を捕まえて殺した。

 

To prevent the victims themselves developing rabies, the 5 were vaccinated. The reappearance of rabies serves as a new challenge for the island, which is targeting being free of rabies by 2015. In April this year [2013], the World Health Organization (WHO) and the Food and Agricultural Organization (FAO) presented awards to Bali’s provincial administration for its successful efforts in preventing and mitigating rabies.

犠牲者自身が狂犬病の発症を防止するために、5人はワクチン接種を受けた。狂犬病の再発は、2015年までに狂犬病を撲滅することを目標としている島にとっての新たな挑戦となっています。

今年[2013年]4月に、世界保健機関(WHO)と食糧農業機関(FAO)は、狂犬病を予防し沈静化することに成功した努力に対しバリの地方行政への賞を発表した。

 

Sumantra suspected that the dog had come from the forests in the mountains around Gianyar, where the vaccination had not yet reached.

He said it was possible that there were more dogs living in the forests that were still unvaccinated. “It is our challenge now to vaccinate dogs living in the forests. There could be more dogs living out there,” he added.

Sumantraは、その犬はワクチン接種がまだ行き渡っていないGianyar県周囲の山林から来た、と推測した。

彼はまだ未接種の森の中により多くの犬が生息している可能性を述べた。”森に生息している犬にワクチン接種することが今の私たちの課題です。そこ以外にも多くの犬が住んでいる可能性があります、”と彼は語った。

 

The 1st rabies outbreak in Bali occurred in 2008 in Ungasan village.

Since then, Bali has gone through 3 stages of mass vaccinations for dogs, monkeys and cats, all of which are believed to be rabies carriers. This year [2013], from April to July 2013, the 4th stage of the mass vaccination is taking place, targeting inoculating 250 000 of the 350 000 dog population.

バリでの初めての狂犬病の流行はウンガサン村において2008年に発生しました。

それ以来、バリでは狂犬病のキャリアであると信じられている、犬、猿、猫に3回にわたり集団接種を行なってきた。今年[2013年]4月から7月に、犬350,000頭の群のうち250,000頭を接種対象として4回目の集団予防接種が行われている。

 

Rabies cases in humans in Bali have been decreasing in recent years, thanks to the mass animal vaccination initiative. In 2008, 4 cases were recorded, while 2009 saw 48 cases. The largest number, 82 cases, was recorded in 2010. After the mass animal vaccination program was launched in Bali, rabies cases in humans started to decrease. In 2011,

24 cases were recorded, and by 2012, only 8 cases had occurred.

バリでの人の狂犬病は、動物の集団予防接種の取り組みのおかげで、近年では減少している。

2008年に4症例を記録し、2009年は48症例であった。最多数の82症例は2010年に記録した。動物の集団ワクチン接種プログラムがバリに開始された後、人の狂犬病症例は減少し始めた。2011年に24症例が記録され、そして2012年はわずか8症例の発生であった。

 

Vaccinations for humans are performed in 33 rabies centers housed in community health centers, Sanglah Hospital, and 9 regional hospitals free of charge.

人間のための予防接種は、地域保健センターにある33の狂犬病センター、Sanglah病院、そして9箇所の地域病院において無料で行われている。

 

[Byline: Ni Komang Erviani]

 

Communicated by:

ProMED-mail

<promed@promedmail.org>

 

[The rabies situation in Bali has been concisely described in a recent review (Ref. 1), copied for subscribers’ convenience:

[バリにおける狂犬病の発生状況は最近のレビュー(参考文献1)に簡潔に記載されています。購読者の利便性のためにコピーしました:

 

“In November 2008, rabies was 1st detected within the southernmost peninsula of Bali and then spread throughout the province by June 2010. About 137 humans have died of rabies in Bali since it was 1st introduced in 2008, but the number could be higher than this (over 160 human cases; ProMED-mail, 2011b). The outbreak was initially responded to with mass killing of dogs (about 108 000 dogs were killed between 2008 and October 2010). Later, an island-wide mass dog vaccination campaign was commenced in October 2010 and completed in March 2011 (phase 1) under close coordination of the Bali provincial government together with the Bali Animal Welfare Association (BAWA), the Bali Street Dog Fund Australia and the World Society for the Protection of Animals (WSPA). During phase I, approximately 210 000 dogs have been vaccinated (70 percent of the Bali dog population (350 000 dogs; ProMED-mail, 2011c). Mass dog vaccination was initially implemented with 6 teams of 50 personnel each to catch and vaccinate dogs, and later expanded to 52 teams with 420 trained personnel. There was a 48 percent reduction of human rabies cases in Bali in the 1st 3 month of 2011 (ProMED-mail, 2011c). Rabid dog cases have also declined with a report of about 11 cases per month during and after the campaign compared with about 45 cases per month before the campaign. Similarly, the number of infected villages declined, from 19.4 percent (140/723 villages) to 6.6 percent (48/723). The 2nd phase of the island-wide campaign started in May 2011 and was completed in October 2011. Bali plans to eliminate rabies by 2015.”

“2008年11月に、狂犬病が最初にバリ島の最南端の半島内で検出された後、2010年6月までに、その州全体に広がった。2008年に最初に侵入して以来、およそ137人がバリ島で狂犬病により死亡しているが、数字はこれ(人の症例160以上;ProMED-mail, 2011b)より多くなる可能性があります。アウトブレイクには当初犬の大量殺戮(約108000頭の犬は、2008年から2010年10月の間に殺害された)により対応しました。その後、島全体の犬の集団予防注射キャンペーンが2010年10月に開始され、バリ動物福祉協会(BAWA), バリ放浪犬基金 オーストラリア 、世界動物保護協会(WSPA)とともにバリ州政府の緊密な連携の下に2011年3月に完了いたしました(フェーズ1)。フェーズ1の間に、約210000頭の犬が予防接種をされている(バリの犬の頭数の70%(350 000 頭の犬; ProMED-mail, 2011c).犬の集団予防接種は当初それぞれ犬を捕まえ予防接種する50名による6チームにより実施され、後に訓練された420名による52チームに拡大されました。2011年の最初の3ヶ月間でバリでの人の狂犬病症例は48%減少した(ProMED-mail, 2011c). 狂犬病の犬の症例も、キャンペーン前の1ヶ月当たりおよそ45例と比較してキャンペーン期間中と後の1ヶ月当たりおよそ11例に低下した。同様に、感染した村の数は19.4%(140/723村)から6.6%(48/723村)へと減少しました。島全体のキャンペーンの第2フェーズは、2011年5月に開始し、2011年10月に完了しました。バリは、2015年までに狂犬病をする撲滅するつもりでいる。”

 

(For the full list of references, please go to the paper: Tenzin and M. P. Ward. Review of Rabies Epidemiology and Control in South, South East and East Asia: Past, Present and Prospects for Elimination.

Zoonoses and Public Health, 2012, 59, 451-467.

(参照の完全なリストについては、本稿をご覧ください:Tenzin and M. P. Ward. 南、東南及び東アジアにおける狂犬病疫学と制御の論評:撲滅の過去、現在、展望。

人獣共通感染症と公衆衛生, 2012, 59, 451-467.

 

Hopefully, the Bali authorities, assisted by the mentioned NGO’s, will manage to overcome the current challenge on its road to elimination of rabies on the island. – Mod.AS

うまくいけば、バリ当局は、上記のNGOの援助を受け、島の狂犬病撲滅への道筋に関する現在の課題を克服するでしょう。

PageTop