Home >News > ProMED翻訳情報(187回) ~OIE報告(台湾:イタチアナグマ、イエトガリネズミ)~

ProMED翻訳情報(187回) ~OIE報告(台湾:イタチアナグマ、イエトガリネズミ)~

2013.10.23

RABIES – TAIWAN (06): FERRET-BADGER, HOUSE SHREW, OIE, REQUEST FOR INFORMATION

狂犬病 – 台湾(06) : イタチアナグマ、イエトガリネズミ、OIE、情報提供依頼

****************************************************************************

Date: Fri 2 Aug 2013

2013年8月2日金曜日

Source: OIE, WAHID (World Animal Health Information Database), weekly disease information 2013; 26(32) [summ., edited]

情報源:OIE、WAHID(世界動物健康情報データベース)、疾病情報週報2013;26(32)

<http://www.oie.int/wahis_2/public/wahid.php/Reviewreport/Review?page_refer=

MapFullEventReport&reportid=13846>

 

Rabies, Chinese Taipei

狂犬病、チャイニーズタイペイ

———————-

Information received on 2 Aug 2013 from Dr Ping-Cheng Yang, Director, Animal Technology Institute Taiwan, Council of Agriculture, Taiwan, Chinese Taipei [Taiwan]

2013年8月2日、台湾農業委員会、動物技術研究所長Ping-Cheng Yang博士からの情報

 

Summary

要約

Report type: Follow-up report No. 5

報告様式:追跡調査報告No. 5

Date of start of the event: 23 May 2012

事象開始日:2012年5月23日

Date of pre-confirmation of the event: 24 Jun 2013

事象確定前の日付:2013年6月24日

Report date: 2 Aug 2013

報告日:2013年8月2日

Date submitted to OIE: 2 Aug 2013

OIEへの提出日:2013年8月2日

Reason for notification: Reoccurrence of a listed disease

提出理由:リストされた疾病の再発生

Date of previous occurrence: 8 Mar 1959

以前の発生の日付:1959年3月8日

Manifestation of disease: Sub-clinical infection

病気の発現様式:不顕性感染

Causal agent: lyssavirus

病因:リッサウイルス

Serotype: RABV

血清型:狂犬病ウイルス

Nature of diagnosis: Laboratory (basic), laboratory (advanced)

診断の種類:実験室(基礎)、実験室(先進的)

This event pertains to a defined zone within the country

この出来事は、国内の限定地域に関係する

 

New outbreaks (1)

新しい発生 (1)

Outbreak 1: Wufeng district, T’ai-Chung Shih

発生1:台中市Wufeng地区

Date of start of the outbreak: 28 Jul 2013

発生開始日:2013年7月28日

Outbreak status: Continuing (or date resolved not provided)

発生状況:継続(または解決日時不明)

Epidemiological unit: Not applicable

疫学的単位:該当なし

Affected animals

罹患動物

Species / Susceptible /Cases / Deaths / Destroyed / Slaughtered

種/ 感受性/ 症例数/ 死亡数/ 殺処分数/ 屠殺数

Chinese ferret-badger: _Melogale moschata_(Mustelidae) / – / 1 / 1 / 0 / 0

中国イタチアナグマ_Melogale moschata_ (Mustelidae)/ ‐/ 1/  1/  0/  0

Affected population: Ferret-badger

感染した個体群:イタチアナグマ

 

Epidemiology

疫学

Source of the outbreak(s) or origin of infection: Unknown or inconclusive

発生源または感染源:未知または未確定

 

Epidemiological comments:

疫学的コメント

One wild ferret-badger was found [dead?] in Taichung city on 28 Jul 2013. The animal was sent to the Animal Health Research Institute (National Laboratory). The national laboratory confirmed rabies by direct fluorescent antibody test on 1 Aug 2013.

Intensified vaccination activities targeted at dogs and cats still continue on the areas where infected ferret-badgers were found and monitoring is ongoing.

1匹の野生のイタチアナグマが、2013年7月28日に台中市で見つかった[死んでいる?]。その動物は、動物衛生研究所(国立研究所)に送られた。国立研究所は、2013年8月1日に直接蛍光抗体法によって狂犬病と確認した。

感染したイタチアナグマが見つかりモニタリングが進行中である地域において、犬と猫とターゲットとした、強化された予防接種活動が続いている。

 

Control measures

制御方法

Measures applied: Quarantine, screening, vaccination in response to the outbreak, no treatment of affected animals.

適用された方法:隔離、スクリーニング検査、発生に応じての予防接種、感染した動物の治療はしない

Measures to be applied: No other measures

適用されるべき方法:他の処置はない

Diagnostic test results Laboratory name and type: Animal Health Research Institute (NationalLaboratory)

診断結果を出した研究所とその種類:動物衛生研究所(国立研究所)

Species / Test / Test date / Result

種/試験/試験日/結果

Chinese ferret-badger / direct fluorescent antibody (FAT) test / 1 Aug 2013/ positive

中国イタチアナグマ/直接蛍光抗体法(FAT)/2013年8月1日/陽性

Communicated by:

ProMED-mail <promed@promedmail.org>

 

[In the previous follow-up report, No. 4, submitted 31 Jul 2013, 8 outbreaks were reported: 7 of them in ferret-badgers, and one in a different species, namely an Asian house shrew: _Suncus murinus_ (Soricidae). For details on the latter, including its picture and geographic distribution map, see <https://taxo4254.wikispaces.com/Suncus+murinus+-+Asian+House+Shrew>.

[2013年7月31日に提出された前の追跡調査レポート(No.4)では、8つの発生が報告された【それらのうち7頭はイタチアナグマで、1頭はアジアイエトガリネズミ(トガリネズミ科ジャコウネズミ属)と呼ばれる異なった種であった】。その図と地理的分布を含むトガリネズミの詳細は以下を参照

https://taxo4254.wikispaces.com/Suncus+murinus+-+Asian+House+Shrew

 

The report included the following epidemiological comments:

報告書は次の疫学コメントを含んでいた。:

“Between 25 and 29 Jul 2013, 3 wild ferret-badgers were found [see comment] in Nantou County, 3 wild ferret-badgers and one Asian house shrew were found [see comment] in Taitung County, one wild ferret-badger was found [see comment] in Kaohsiung City. The Animal Health Research Institute (National Laboratory) has confirmed that these animals were infected with rabies virus by direct fluorescent antibody tests. Lyssavirus genotype 1 was detected from the brain sample of the Asian house shrew by RT-PCR and phylogenetic analysis.

Comparing with the cases of 4 ferret-badgers reported in immediate notification and 1st follow-up report, the Animal Health Research Institute (National Laboratory) also identified the identity similarity ranging from 90.5 to 99 percent. Intensified vaccination activities targeted at dogs and cats were conducted on the areas where these ferret-badgers were found; the monitoring is ongoing.”

” 2013年7月25から29日の間に、南投県で3頭の野生のイタチアナグマが[コメント参照]、3頭の野生のイタチアナグマおよび1匹のアジアイエトガリネズミが台東県で[コメント参照]、1頭の野生のイタチアナグマが高雄市でそれぞれ見つかった[コメント参照]。動物衛生研究所(国立研究所)は、これらの動物が直接蛍光抗体法によって狂犬病ウイルスに感染したことを確認した。リッサウイルス遺伝子型1(狂犬病ウイルス:補足)が、RT-PCRおよび系統発生解析によってアジアイエトガリネズミの脳サンプルから検出された。

即座の届け出と第1の続報で報告されている4頭のイタチアナグマ症例と比較し、動物衛生研究所(国立研究所)は、90.5から99%に及ぶ同一性を確認した。イヌとネコをターゲットにした、強化された予防接種活動は、これらのイタチアナグマが見つかった地域(モニタリングが進行中の地域)で実行された。

 

Taiwan’s reports consistently state, for “Manifestation of disease”:

“Sub-clinical infection”. Does this mean that the rabies-infected animals were found alive without clinical signs? The above and earlier reports also state that the animals were “found”, without further information on their condition, alive or dead. Such information will be helpful.

台湾からの報告では、”病気の発現様式”として“不顕性感染“と最初から表明している。

これは狂犬病に感染した動物が臨床症状なしに生きた状態で見つかったことを意味するのか?上記そして以前の報告書は、動物が生きているのか死んでいるのかの状態に関する詳しい情報なしで、動物が「見つかった」と述べている。そういった情報は、有用である。

 

Since the start of the Taiwan rabies event on 23 Jun 2013, a total of 23 “outbreaks” have been reported. Their summary and a map are available at

<http://www.oie.int/wahis_2/temp/reports/en_fup_0000013846_20130802_115733.p

df>.

2013年6月23日の台湾狂犬病の出来事の開始以来、合計23件の”発生”が報告された。それらの要約と地図は、ここで利用可能である。

PageTop