Home >News > ProMED翻訳情報(189回) ~台湾における狂犬病の再興(8月7日)~

ProMED翻訳情報(189回) ~台湾における狂犬病の再興(8月7日)~

2013.10.31

RABIES – TAIWAN (09): FERRET-BADGER, MORE CASES

台湾(09) イタチアナグマ、更なる事例

***********************************************

Date: Wed 7 Aug 2013

Source: Focus Taiwan News Channel, Central news Agency [edited] <http://focustaiwan.tw/news/asoc/201308070011.aspx>

日付:2013年8月7日(水)

情報源:Focus Taiwan News Channel 中央ニュース局(編集済み)

 

Another 4 wild Formosan ferret-badgers have been determined to be infected with rabies, bringing the number of confirmed rabies cases in animals in Taiwan to 49 since an outbreak was reported in mid-July 2013, authorities said Wednesday [7 Aug 2013]. The new cases were found in Chihshang Township in Taitung County, according to the Central Epidemic Command Center.

水曜日(2013年8月7日)台湾当局は、さらに4頭の野生の台湾イタチアナグマが狂犬病に感染していたことが確定し、2013年7月中旬に流行が報告されて以降台湾における動物の狂犬病確認数は49頭になったと述べた。中央流行統御センターによると、その新たな症例は台東県の池上郷で発見された。

 

The 49 confirmed rabies infections to date have all been detected in Formosan ferret-badgers except for one case in which the disease was found in an Asian house shrew, the center said.

The confirmed infections have been discovered across 31 townships in 8 counties and cities in Taiwan. No humans have been found to be affected by the disease.

この日までに狂犬病に感染していると確認された49頭は、1頭のアジアイエトガリネズミを除いてすべて台湾イタチアナグマから見つかっていると、センターは語った。

台湾で、感染が確認された事例は8つの県と市における31の郷で発見されている。この疾病にかかった人は見つかっていない。

[Byline: Chen Ching-fang, Y.F. Low]

 

Communicated by:

ProMED-mail Rapporteur Kunihiko Iizuka

 

[It must be presumed that the person earlier reported to have been bitten by a rabid ferret-badger received immediate post-exposure prophylaxis and is now considered no longer to be at risk. The widespread distribution of the rabies-infected ferret-badgers indicates that rabies virus is likely to have been present in Taiwan for some time and is not a recent introduction.

A map of the counties of Taiwan can be accessed at:

<http://www.oocities.org/athens/delphi/1979/map.html>. – Mod.CP

A HealthMap/ProMED-mail map can be accessed at:

<http://healthmap.org/r/1ob5>.]

当初狂犬病に罹患したイタチアナグマに咬まれたと報告された人は、すぐに発症予防処置を受け、いまやすでに(狂犬病発症の)リスクはないと推定される。狂犬病に感染したイタチアナグマが広範囲に分布していることは、狂犬病ウイルスはおそらく国内にかなり長い間存在しており、最近持ち込まれたものではないことを示している。

台湾の県や衛生地図はこちら。以下も参照のこと。

PageTop