Home >News > ProMED翻訳情報(191回) ~台湾における狂犬病再興(8月4日、5日)~

ProMED翻訳情報(191回) ~台湾における狂犬病再興(8月4日、5日)~

2013.10.31

RABIES – TAIWAN (07): FERRET-BADGER, MORE CASES
***********************************************
[1]
Date: Sun 4 Aug 2013
Source: The China Post [edited]
<http://www.chinapost.com.tw/taiwan/national/national-news/2013/08/04/385512/13-new.htm>
Thirteen ferret-badgers were confirmed to be infected with rabies yesterday [3 Aug 2013], breaking the record for the highest number of confirmed rabies cases within a day, according to the Council of Agriculture (COA). According to the COA, there have been a total of 35 confirmed cases of ferret-badgers with rabies as well as one house
shrew since the 1st rabies case was discovered.
昨日、13頭のイタチアナグマが狂犬病に感染していることが確認された。(2013/8/3)。農業委員会 (COA)によると、これは一日に確定診断された症例数としては今までにない数である。また、COAは最初の症例が発見されてから、合わせて35例のイタチアナグマ、1例の家ネズミが狂犬病に感染していたことを確認したとしている。

 

The COA said that Chaiyi County became the 7th area with confirmed rabies cases, along with Kaohsiung City, Taitung County, Nantou County, Taichung City, Tainan City and Yunlin County. The 13 newly confirmed ferret-badgers with rabies, the COA said, were discovered [among] the 33 animal samples, including house shrews, squirrels and bats, but only those 13 ferret-badgers tested positive for rabies.

Centers for Disease Control (CDC) chief Chang Feng-yee said that it is not a surprise that all the rabies-infected cases are ferret-badgers. “There might be more ferret-badgers confirmed to carry the rabies virus,” Chang said, “but people should not panic about the increasing number of rabies cases.” Chang Shu-hsien, head of the Bureau of Animal and Plant Health Inspection and Quarantine (BAPHIQ), said that even though the number of rabies cases dramatically increased, the government still has the situation under control. COAによると、高雄市、台東県、南投県、台中市、台南市、雲林県に加えて、嘉義県は7番目の狂犬病症例が確定された地域となった。イエトガリネズミやリス、コウモリを含む33頭の動物サンプルが検査されたが、13頭のイタチアナグマだけが新たに狂犬病と診断された。疾病制御センター(CDC)の主任であるChang Feng-yee氏は全ての狂犬病症例がイタチアナグマであることは驚く事ではないと述べている。『おそらくさらに多くの狂犬病ウイルスを保持しているイタチアナグマが見つかるだろう。しかし、住民の方は狂犬病症例数の増加にパニックを起こすべきではない。』また、動植物衛生監視検疫局(BAPHIQ)の局長であるChang Shu-hsien氏は、もし狂犬病症例が劇的に増加したとしても、政府は現在その状況を把握している、と述べた。
Alishan, one of the popular tourists spots for domestic and international travelers, became one of the 3 areas in Chiayi County to have rabies-infected ferret-badgers. Chan Shu-hsien said that the COA has issued a notice to ban tourists from bringing pets to all the forest recreation areas and national parks. “All the local animal disease centers have personnel touring around mountain areas to give pets rabies vaccinations,” Chang Shu-hsien said, “and some of the centers are currently short-handed.”
国内外からの旅行者に人気観光地の一つである阿里山郷はで狂犬病のイタチアナグマが見つかった嘉義県の3カ所のうちの一つである。Chang Shu-hsien氏はCOAによって、ペットを全ての森林レクレーション域や国立公園内に持ち込むことを禁止する通知を出した,と語った。『全ての現地動物疾病センターにはペットへのワクチン接種を行うため、山岳地域を巡回している職員を配置している。いくつかのセンターは現在人手不足状態である。』とChang Shu-hsien氏は述べている。
Chang Shu-hsien said that all local governments can work with instructors and students from local schools and universities of veterinary sciences to assist with the vaccinations and the BAPHIQ will reimburse part of the cost. According to Chang Shu-hsien, the
BAPHIQ immediately provided nearly 10 000 rabies vaccines for animals to those areas where newly confirmed rabies cases were discovered, including Chiayi County. Chang Feng-yee yesterday [3 Aug 2013] said that people who have been bitten or scratched by ferret-badgers from May 2012 to 31 Jul 2013 can receive publicly funded rabies
vaccinations after evaluations.
また、Chang Shu-hsien氏は、全ての地方政府は地元の学校や獣医科大学からの指導者や学生をワクチン接種の援助人員として受け入れることが可能であり、BAPHIQはその費用の一部を補償する、と話した。Chang Shu-hsien氏によると、BAPHIQは、嘉義県を含めた、これらの新規に狂犬病症例見つかった地域に対して、直ちに動物用ワクチン約10,000本(頭分?)を提供するとしている。また、Chang Feng-yee氏は昨日(2013/8/3)、2012年5月から2013年7月の間に咬まれたり引っ掻かれたりした人は診察後、公費でワクチン接種を受けることが出来ると述べている。
This new policy originally targeted people who were bitten or scratched between August 2012 and July 2013, according to Chang Feng-yee, but considering the 1st rabies-infected ferret-badger was discovered last May [2012], the CDC decided to extend the period that this new policy covers.
[Byline: Joy Lee]
この新政策は、Chang Feng-yee氏によれば、本来2012年8月から2013年7月に咬まれたり引っ掻かれたりした人を当初対象にしたが、最初の狂犬病感染イタチアナグマが昨年(2012年)の5月に発見されたことを考慮してCDCは新政策が補償する期間を延長した。

[2]
Date: Mon 5 Aug 2013
Source: Focus Taiwan, CNA report [edited]
<http://focustaiwan.tw/news/asoc/201308050015.aspx>
Another 4 wild Formosan ferret-badgers have tested positive for rabies, health authorities said Monday [5 Aug 2013], bringing the number of confirmed infections in animals in Taiwan to 40 since an outbreak was reported in mid-July 2013. The 4 rabies-infected ferret-badgers were among a group of 14 animal corpses tested Sunday
[4 Aug 2013], the Central Epidemic Command Center for Rabies said.

新たに4頭の台湾イタチアナグマが狂犬病陽性と診断された、と衛生当局者は月曜日(2013年8月5日)に発表した。発生が2013年7月中旬に報告されて以来、台湾において、狂犬病と診断された動物数は40になった。狂犬病中央伝染病指令部が伝えるところによると、狂犬病に感染していた4頭のイタチアナグマは日曜日(2013年8月4日)に検査が行われた14の動物群の1つから見つかったものである。

 

The 4 confirmed infections came respectively from Taichung’s Dongshi district, Nantou County’s Puli Township, Yunlin County’s Gukeng Township and Taitung County’s Haiduan Township, the center said. These were the 1st infections confirmed in Dongshi and Haiduan, putting those 2 districts on the list of rabies-affected areas for the 1st
time, the center said. As of Sun 4 Aug 2013, all of the confirmed rabies cases had been Formosan ferret-badgers, with the exception of a singular Asian house shrew.
センターによれば、4確定症例はそれぞれ台中県のDongshi区、南投県のPuli 町、雲林県のGukeng町および台東県のHaiduan町から出たものである。DongshiとHaiduanにおいては初感染例であり、初めてこれらの区域が狂犬病浸潤地域に加えられたとセンターは伝えている。2013年8月4日の日曜日の時点では、アジアイエトガリネズミの1症例を除き、全ての確定狂犬病症例は台湾イタチアナグマである。
Including the newest additions, rabies has been recorded in 28 districts and townships in 7 cities and counties across central and southern Taiwan, the center said.
最新の追加症例を含めて狂犬病は、台湾中部から南部にかけて7つの市および県の28区域および町で記録されているとセンターは伝えた。
[Byline: Lung Jui-yun and Sofia Wu]


[Despite the escalation in the number of confirmed cases of rabies infected Formosan ferry-badgers in Taiwan, the infection appears still to be confined to these animals, with the exception of a single human exposure and one deceased house shrew. It is becoming increasingly likely that rabies virus infection has been present in Taiwanese ferret-badgers for some time in view of the widespread distribution of the rabies-virus-infected ferret-badgers identified so far. The absence of cases of rabies in other animals indicates the ecological isolation of these animals. Hopefully, the rapid response of the local authorities in spreading knowledge of the outbreak, together with the provision of free vaccination, will confine the outbreak to the ferret-badger population.
台湾において台湾イタチアナグマの狂犬病確定症例数は増加しているが、人の曝露例が一例、死亡していたイエトガリネズミの一例以外は、まだ感染がイタチアナグマの動物種内に制限されているようである。今までのところ、狂犬病ウイルス感染イタチアナグマが広範囲に分布していることがわかっており、この点から狂犬病ウイルス感染が台湾イタチアナグマの間で以前から存在していたことが益々強く示唆されている。他の動物の狂犬病が発見されないことは、これらのイタチアナグマが生態系的に隔離されていることを示している。無料のワクチン接種の準備と共に流行情報の広がりに現地当局者が迅速に対応することによりイタチアナグマの流行は閉じ込められるであろう。

 

A map of the districts of Taiwan can be accessed at:
<http://www.chinatouristmaps.com/travel/taiwan/Taiwan/taiwan-counties.html>.
– Mod.CP

A HealthMap/ProMED-mail map can be accessed at: <http://healthmap.org/r/1ob5>.]

PageTop