Home >News > ProMED翻訳情報(193回) ~アメリカでの人暴露事例速報(3件) ウィスコンシン州での狂犬病からの生還事例患者のその後の事例を含む~

ProMED翻訳情報(193回) ~アメリカでの人暴露事例速報(3件) ウィスコンシン州での狂犬病からの生還事例患者のその後の事例を含む~

2013.11.06

RABIES – USA (15): UPDATE, AUGUST 2013

狂犬病-アメリカ(15):アップデート、2013年8月

**************************************

In this update:

[1] Massachusetts: skunk, possible human exposure [2] Wisconsin: bat, canine exposure [3] Virginia: bat, human exposure [4] North Dakota: feline, human exposure [5] Texas: bat, human exposure [6] Florida: bat, human exposure

このアップデートでは:

[1] マサチューセッツ州: スカンク, 人の曝露の可能性 [2] ウィスコンシン州:コウモリ, 犬の曝露 [3] ヴァージニア州:コウモリ, 人の曝露[4] ノースダコタ州: 猫, 人の曝露[5] テキサス州: コウモリ, 人の曝露[6] フロリダ州: コウモリ, 人の曝露

******

[1] Massachusetts: skunk, possible human exposure

Date: Fri 2 Aug 2013

Source: Boston.com, Associated Press (AP) report [edited] <http://www.boston.com/travel/destinations/2013/08/02/mass-officials-warn-ra

bid-skunk-six-flags/RHufmgnaNBsN6uaIRa0sxO/story.html>

[1] マサチューセッツ州: スカンク, 人の曝露の可能性

日付:2013年8月2日(金)

Massachusetts health officials say a woman visiting Six Flags New England was bitten this week [Wed 31 Jul 2013] by a rabid skunk and are urging anyone who may have come in contact with a skunk at the theme park to contact the state health department.

マサチューセッツ州の保健当局は、Six Flags New Englandを訪れている女性が狂犬病のスカンクに今週[2013年7月31日(水)]に噛まれたと発表し、テーマパークでスカンクと接触したかもしれない人は州保健局に連絡するように働きかけています。

 

 

The health department said Friday [2 Aug 2013] anyone who visited the park between 21 Jul and 31 Jul 2013 and was bitten or scratched by a skunk may have been exposed to rabies and should contact their healthcare provider. Only people with direct exposure to skunk saliva are at risk.

The health department said the woman visiting the park Wednesday [31 Jul 2013] saw a group of 3 skunks, and one of them bit her foot. The animal has tested positive for rabies.

保健局は、金曜日[2013年8月2日]に、2013年7月21日から7月31日の間に公園を訪れ、スカンクに噛まれたりひっかかれたりした人は誰もが狂犬病の感染の可能性があり、それらの医療提供施設に連絡すべきだ、と述べた。スカンクの唾液を直接浴びた人々だけが危険にさらされている。

保健局は、水曜日[2013年7月31日]に公園を訪れた女性が3頭のスカンクの群れを見つけ、そのうちの1頭が彼女の脚を噛んだと述べた。その動物は検査で狂犬病陽性でした。

People with questions about whether they need treatment can contact the state health department at 617-983-5800.

治療を必要とするかどうかについて質問のある人々は617-983-5800で、州の保健局に連絡することができます。

Communicated by:

ProMED-mail

<promed@promedmail.org>

 

[The state of Massachusetts can be located on the HealthMap/ProMED-mail interactive map at <http://healthmap.org/r/7TPZ>. – Sr.Tech.Ed.MJ]

 

******

[2] Wisconsin: bat, canine exposure

Date: Fri 2 Aug 2013

Source: Fond du Lac (FDL) Reporter [edited] <http://www.fdlreporter.com/article/20130802/FON0101/308020167/>

[2] ウィスコンシン州:コウモリ, 犬の曝露

日付:2013年8月2日(金)

 

Jeanna Giese had a sense of deja vu Tuesday morning [30 Jul 2013] when she spotted a small, brown object lying in the enclosure that holds 2 of her 3 Siberian huskies. Using a shovel to get a closer look, the Fond du Lac woman saw a bat, it’s small body covered with bite marks from the dogs.

Jeanna Gieseは彼女の3頭のシベリアンハスキーのうち2頭を入れている囲いの中に小さな茶色の物体の存在を火曜日の朝[2013年7月30日]発見した時、デジャヴ(記憶錯誤)を感じた。近くで見るためにシャベルを使用し、Fond du Lac在住の女性は小さな体を犬による咬傷で覆われたコウモリを見ました。

 

“We double-bagged the bat and had my vet send it to Madison to have it tested,” she said. “I was hoping that the bat wouldn’t test positive for rabies, that it was just another small animal the dogs had gotten a hold of.”

“私達はコウモリを2重に袋に入れ掛かり付けの獣医師が検査のためMadisonに送った,”と彼女は語った。

“私はコウモリが狂犬病陽性の検査結果でないこと、犬が捕まえてしまったものはまさにコウモリとは別の小動物だったことを望んだ.”

 

A phone call from the Wisconsin State Laboratory of Hygiene the next day confirmed Giese’s suspicions.

翌日、ウィスコンシン州立衛生研究所からの電話はGieseの疑いを決定的なものにした。

 

“How many people in the entire world can honestly say that a rabid bat has affected their lives twice in 9 years?” asked Giese, who attracted national attention after contracting rabies herself in 2004 when she was bitten by a rabid bat at Fond du Lac’s St Patrick’s Catholic Church.

“全世界でどのように多くの人々が狂犬病のコウモリが9年間に2度自分たちの生活に影響を及ぼしたと正直に言うことができますか?” とFond du Lac’のSt Patrick’s カトリック教会で狂犬病のコウモリに2004年に噛まれ、彼女自身狂犬病に罹った後全国的な注目を集めたGieseは尋ねた。

The 24-year-old was the 1st person in history to survive the rabies virus without having had a rabies vaccine.

この24歳は、狂犬病ワクチンを受けたことがなくても狂犬病ウイルスに対し生き残った史上初の人だった。

 

Since witnessing a sled dog demonstration in 8th grade, Giese was determined to give the sport a try. First she had to have a sled dog.

She acquired her 1st Siberian husky, Mayah, from a breeder outside of Waupun [Wisconsin]. With a bit of wheedling, she convinced her parents to add 2 more huskies — Asher and, most recently, Shai — to her collection.

8学年でそり犬のデモンストレーションを目撃して以来、Giese は競技を試して見ることを決心しました。まず、彼女はそり犬を飼わなければなりませんでした。

彼女はWaupun [ウィスコンシン州]郊外の飼育者から最初のシベリアンハスキーのMayahを入手しました。

ほんの僅かな甘い言葉で、彼女のコレクションに– Asher と,つい最近 Shai–の2頭のハスキーを加えることを彼女の両親に納得させました。”

 

“I had to push a little bit, but eventually I won them over,” she said with a laugh. “But these dogs are like my kids. I would do anything for them. ”

私は少し押し通さなければならなかったが、最終的に、私は両親を説得した。”、と彼女は笑いながら言った。 “しかし、これらの犬は、私の子供のようなものです。私は彼らのためなら何でもするだろう。”

 

Although Mayah was not in the pen with the bat, Giese took no chances and transported her along with the 2 males to St Bernard’s Animal Medical Center in Van Dyne [Wisconsin] for blood work and their rabies booster shots. All of her dogs were vaccinated against rabies at the time of the exposure.

Mayahはコウモリと一緒の囲いの中ではなかったが、Gieseは運に頼らずMayahを2頭の雄と一緒に血液検査と狂犬病ブースター接種のためにVan Dyne [ウィスコンシン州]のSt Bernard’sアニマルメディカルセンターへ運んだ。彼女の犬はすべて、曝露時に狂犬病の予防接種を受けました。

 

“With my past and doing all the presentations I do on dog safety and rabies, I had the bat tested. I set up an appointment with my veterinarian, Dr Kim Everson, to have the dogs vaccinated right away.

I’m not taking any chances,” she said. “I’m just glad that they didn’t eat the bat, otherwise I might not have known that they had been exposed.”

私の過去についてと私が犬を安全に扱ってきたことと狂犬病に関するすべての説明をして、コウモリを検査してもらった。私は掛かり付けの獣医師のDr Kim Eversonに犬がすぐに予防接種が受けられるように予約を入れました。

私は運に頼らない、”と彼女は語った。”私は、彼らがコウモリを食べなかったことだけでもうれしい、そうでなければ私は彼らが曝露されていたことを知っていなかった可能性があります。”

 

Since the dogs were vaccinated at the time of exposure, they will need to be quarantined for 60 days to comply with state statutes. “Had they not been previously vaccinated or had the vaccinations not been up-to-date, the dogs would have to be quarantined 160 days,” said St Bernard’s Head Veterinarian Technician Tim Kneeland. “The virus can remain latent or hidden for up to 6 months before symptoms begin to show.”

犬は曝露時にワクチン接種したので、彼らは州法に従って60日間の隔離をする必要がある。

“以前に予防接種されていなかったり、予防接種の更新を受けていなかったら、犬は160日間隔離されなければならないでしょう、”とSt Bernard’s Head Veterinarian Technicianの Tim Kneelandは語った. “ウイルスは症状を発現するまで6ヶ月間潜伏したり、隠れたままでいることができます.”

 

The 3 dogs will remain quarantined at Giese’s Fond du Lac home. The confinement is bound to put a dent in the Fond du Lac woman’s dog sled training schedule. “I had hoped to get them out on the trails at the Siberian Outpost near Malone in a couple of weeks,” she said.

3頭の犬は Gieseの Fond du Lac の自宅で隔離されたままになります. 監禁はFond du Lacの女性の犬ぞりの訓練スケジュールに確実に影響を与えるはずである。”私はMalone近郊のSiberian Outpostで数週間トレイルコースに彼らを連れ出すことを望んでいた、”と彼女は言った。

 

Her encounter with a rabid bat adds another chapter to Giese’s unique rabies story. Since her brush with the deadly virus she has been an advocate for animals and an educator about the dangers of rabies.

狂犬病のコウモリと彼女との出会いはGieseのユニークな狂犬病物語に別の章を追加します。

致死性ウイルスと彼女との接触以来、彼女は狂犬病の危険性についての動物のための擁護者であり教育者であります。

 

During her presentation to school children on the dangers of rabies she speaks specifically about dog safety.

狂犬病の危険についての学校の子供たちへの彼女の話の中で、彼女は犬の安全性について明確に語っています。

 

“It’s not surprising people know little about rabies — I didn’t,”

Giese said. “You can’t walk into a counselor’s office and just pick up a pamphlet about rabies. I’m teaching kids that it’s out there and what to do. Had I known what I know now, I would have made a different decision (about picking up the bat in 2004).”

“人々が狂犬病について少しも知らないことは驚くべきことではない–私がそうでなかったように、とGieseは語った。”あなたはカウンセラーのオフィスに歩いて、ちょうど狂犬病についてのパンフレットを拾うことはできません。私はそこから離れ、何をすべきかを子どもたちに教えている。私が今知っていることを知っていたら、私は(2004年にコウモリを拾う事)について異なる決断をしたでしょう。”

 

Giese emphasizes the importance of vaccinating household pets for the disease even if they are considered “inside pets.” “People don’t realize that small animals like bats, chipmunks, or squirrels can get into your house and that your cat can escape outside and you have no idea where it’s been,” she said. “And if your animals are outside, you need to supervise them.”

Gieseは、”室内飼いのペット”と見なされている場合でも病気のために家庭のペットに予防接種することの重要性を強調している。”人々はコウモリ、シマリスやリスなどの小動物があなたの家に入ることができることと、あなたの猫が外に逃げることができ、それがいる場所が分からないことに気付いていない、”と彼女は言った。”そして、あなたの動物が外にいる場合、あなたは彼らを監視する必要があります。”

 

Giese feels her unique perspective is helping to send the message home. “Being able to use my personal history makes more of an impact than just some random person telling them to stay away from wild animals,” Giese said. “It’s part of my past. That helps to deliver the message a little better. And the latest incident with my dogs just adds another chapter.”

Gieseは彼女の独自の見解がメッセージを家庭に送ることに役だっていると感じている。”私の個人的な経験を使用することができることは単にどこかの誰かが野生動物に近づかないように告げるよりも影響を与えることが出来る、とGieseは語った。”それは私の過去の一部です。それは少しは良いメッセージを配信するのに役立ちます。そして、私の犬の最新の事件はすぐ別の章に追加します。”

 

Ironically, her unfortunate experiences with bats haven’t soured her relationship with the small, furry mammals. Giese still wears her signature bat necklace and plans to attend a bat festival in Michigan this fall [2013].

皮肉なことに、コウモリとの彼女の不幸な経験は、小さな、毛皮のような哺乳類と彼女の関係を悪化していない。Gieseはまだ彼女の署名入りのコウモリのネックレスを身につけていて今年[2013年]の秋にミシガン州のコウモリフェスティバルに出席する予定です。

 

She is also closely following the spread of white nose bat syndrome that is decimating the bat population across the United States.

彼女はまた、米国全土でコウモリを大量に殺している白鼻コウモリ症候群の広がりに注意深く注目している。

 

“My passion for animals hasn’t changed even though another rabid bat has entered my life,” said Giese who still experiences residual neurological effects from her exposure to rabies

9 years ago. “It’s nothing that’s prevented me from doing most of the things I love.”

“動物のための私の情熱は、別の狂犬病のコウモリが私の人生に加わっているにもかかわらず変わっていません”、と依然として9年前の狂犬病の彼女への曝露による残遺神経学的影響を経験するGieseは語った。 “それは私が好きなことのほとんどを行っている。“

 

[Byline: Colleen Kottke]

 

Communicated by:

ProMED-mail Rapporteur Kunihiko Iizuka

 

[The state of Wisconsin can be located on the HealthMap/ProMED-mail interactive map at <http://healthmap.org/r/7TP_>. – Sr.Tech.Ed.MJ]

 

******

[3] Virginia: bat, human exposure

Date: Wed 31 Jul 2013

Source: WUSA9 [edited]

<http://www.wusa9.com/news/article/268749/158/Several-teens-possibly-exposed-to-Rabies-after-touching-bat>

[3] ヴァージニア州:コウモリ, 人の曝露

日付:2013年31日(水)

 

Officials are worried that several teens were exposed to rabies in Sterling, Virginia. They came in contact with an injured or dead bat, officials said. The call came in on 23 Jul 2013, about an injured or dead bat at the Potomack Lakes Sportsplex at 20280 Cascades Parkway, officials said. Loudoun County Health Department officials are now asking the people who may have touched the bat to be tested and possibly treated for rabies immediately.

当局者は、何人かの十代の若者たちがバージニア州Sterlingで狂犬病に曝露されたことを危惧している。彼らは負傷したか死んだコウモリと接触した、と当局者は語った。20280 Cascades ParkwayのPotomack Lakes Sportsplexにおける負傷あるいは死亡したコウモリに関する呼び出しは、2013年7月23日にあった。と当局者は語った。Loudoun郡の保健局の職員は現在、検査して出来るだけ早く狂犬病に対する治療をうけさせるためにコウモリに触れたかも知れない人を探している。

 

Rabies is a deadly disease that attacks the nervous system. “Exposure to rabies is considered any time there is a bite or scratch, or other circumstance where saliva or central nervous system tissue from a rabid or potentially rabid animal enters an open, fresh wound or comes in contact with a mucous membrane by entering the eye, mouth, or nose,” officials said in a news release.

狂犬病は神経系を攻撃する致命的な病気である。”狂犬病への曝露は咬傷あるいはひっかき傷あるいは他の状況、すなわち狂犬病に罹ったあるいは疑われた動物の唾液や中枢神経組織が開放された新鮮な傷口に触れる、あるいは目、口、鼻に入ることにより粘膜に接触する時に考えられる、”と職員はニュースリリースで述べている。

 

If you have any questions or concerns call 703-771-5829.

ご質問あるいはご懸念がありましたなら703-771-5829にお電話下さい.

Communicated by:

ProMED-mail

<promed@promedmail.org>

 

[The state of Virginia can be located on the HealthMap/ProMED-mail interactive map at <http://healthmap.org/r/7TP->. – Sr.Tech.Ed.MJ]

 

******

[4] North Dakota: feline, human exposure

Date: Thu 1 Aug 2013

Source: The Jamestown Sun [edited]

<http://www.jamestownsun.com/event/article/id/192090/>

[4] ノースダコタ州: 猫, 人の曝露

日付:2013年8月1日(木)

 

An 18-year old Jamestown woman was visiting a friend’s house near Montpelier, North Dakota, on Saturday [27 Jul 2013] when she noticed a kitten at the house. Sgt Liz Kapp of the Stutsman County Sheriff’s Office said the 18 year old told her the kitten looked like it was thirsty.

18才のJamestownの女性は土曜日[2013年7月27日]にノースダコタ州のMontpelier近郊の友人宅を訪問していた。その時子猫に気付いた。Stutsman郡保安官事務所のLiz Kapp 巡査部長は、18才の女性は子猫は喉が渇いたように見えたと彼女に言ったと語った。

 

When the 18 year old came home Saturday [27 Jul 2013] she told her mother about the incident. The 18 year old’s mother, said when her daughter placed some water in front of the kitten it bit her left thumb. “We went back to find the kitten on Monday night [29 Jul 2013], and it was dead,” the mother said. “My daughter was devastated that the kitten had died.”

18才の女性が土曜日[2013年7月27日]に帰宅した時、彼女は母親に事件について話した。18才の女性の母は、彼女の娘が子猫の前に少しの水をおいた時彼女の左手の親指を噛んだと言いました。私たちは月曜日[2013年7月29日]の夜に子猫を見つけるために戻り、子猫は死んでいました,”と母親は話しました。”私の娘は子猫が死んでいたことで打ちのめされました。”

 

The women took the kitten to the Southwood Veterinary Clinic Tuesday morning [30 Jul 2013] in Jamestown to see if it had any diseases, like rabies. The mother said they were told by the clinic staff that the kitten’s body was too decomposed to conduct any tests.

女性は,何かの病気にかかっていないか診察してもらうためにJamestownにあるSouthwood獣医科診療所に火曜日[2013年7月30日の]朝、子猫を連れて行った。母親は診療所のスタッフから子猫の体が何かの検査を実施するにはあまりにも腐敗している言われたと語った。

 

This was not good news for the daughter. As a precaution, the teen’s doctor is giving her the treatment for rabies, which is a series of 11 shots over a period of 14 days. The 1st day of shots, known as “day zero,” is probably the worst, according to the mother. The daughter received 4 shots in the area of her wound, then one shot in each arm and leg.

これは娘のために良いニュースではなかった。予防処置として、10代の女性の担当医師は彼女に14日間で11回の一連の注射をし、狂犬病の治療を行っている。”0日,”として知られている注射の第1日目は母親によるとおそらく最悪です。娘は傷の部分で4回の注射、その腕と足に各1回の注射を受けた。

 

“She [the daughter] will now get one shot in the arm on days 3, 7, and 14,” [the mother] said.

“彼女[娘]は次に3、7、14日目に腕に1回の注射を受けるでしょう、”と[母親は]語った。

 

[Byline: Chris Olson]

 

Communicated by:

ProMED-mail

<promed@promedmail.org>

 

[The state of North Dakota can be located on the HealthMap/ProMED-mail interactive map at <http://healthmap.org/r/7TP*>. – Sr.Tech.Ed.MJ]

 

******

[5] Texas: bat, human exposure

Date: Wed 31 Jul 2013

Source: KXAN News [edited]

<http://www.kxan.com/dpp/news/local/austin/officials-look-for-man-who-touched-headless-bat>

[5] テキサス州: コウモリ, 人の曝露

日付:2013年7月31日(水)

 

Health officials are trying to track down a man who handled a headless bat presumably positive for rabies.

保健当局はおそらく狂犬病陽性である頭のないコウモリに触れた男性を突き止めようとしている。

 

The man, around 40 years old, touched the decapitated bat Thursday evening [25 Jul 2013] on the hiking trail near the bat observation area on the south side of the Ann Richards’ bridge, according to Austin/Travis County Health and Human Services Department officials.

40才前後のその男性は、Austin/Travis郡の保健社会福祉部門の職員によると、Ann Richards’橋の南側にあるコウモリ観察区域の近くのハイキングコースで頭のないコウモリに木曜日の夕方[2013年7月25日]に触った。

 

They submitted the bat to the Department of State Health Services lab, but a necropsy could not be performed because the animal wasn’t intact. However, it is presumed to be positive for rabies. [A necropsy could have been performed, but the state lab in this case is focused on determining if the animal had rabies, for which the head is required. – Mod.TG]

彼らは州保健福祉部門の研究室にコウモリを提出したが、動物は無傷ではなかったので、検死を実行できませんでした。しかし、狂犬病陽性であると推定されます。[検死を行うことは出来るが、州の研究室はこの場合、動物が狂犬病に罹っているかを調べることに焦点を当てている。そのために頭部が必要です。- Mod.TG]

 

Public health crews are needing to find the man who handled the bat so that they can talk to him about the potential exposure to rabies.

公衆衛生作業班は狂犬病の曝露の可能性について彼に話しかけることが出来るので、コウモリに触った男性を見つける必要があります。

 

The man is described as having a medium build, and has white-and-gray hair. Anyone with information is asked to call the Disease Surveillance Program at 512-972-5555.

男性は中肉中背で白と灰色の髪の毛と記載されています。情報をお持ちの方は512-972-5555の疾病サーベイランスプログラムに通報することが求められます。

 

Rabies exposure happens only when a person is bitten or scratched by a potentially rabid animal, or when abrasions, open wounds, or mucous membranes are contaminated with the saliva, brain, or nervous system tissue of a potentially rabid animal.

狂犬病の曝露は人が狂犬病陽性の動物に噛まれたりひっかかれたりした場合、また擦過傷、開いた傷、粘膜が狂犬病陽性の動物の唾液、脳、神経組織で汚染された場合だけに発生する。

 

It may take several weeks or longer for people to show symptoms after being infected with rabies.

人が狂犬病に感染した後に症状を示すには数週間あるいはそれ以上かかる場合があります。

 

The early signs of rabies can be fever or headache, but this changes quickly to nervous system signs such as confusion, sleepiness, or agitation.

狂犬病の初期症状は、発熱や頭痛であるが、すぐに錯乱、眠気、または興奮などのような神経系の症状に変わります。

 

Once someone with a rabies infection starts having these symptoms, that person usually does not survive. This is why it is critical to talk to your doctor or health care provider right away if any animal bites you, especially a wild animal.

いったん狂犬病に感染している人がこれらの症状を現し始めると、その人は、通常、生き残ることはありません。それはどんな動物でも、特に野生動物があなたを噛んだ場合、すぐに主治医や医療提供者に相談することが重要である理由です。

 

[Byline: Jackie Vega]

 

Communicated by:

ProMED-mail

<promed@promedmail.org>

 

[The state Texas of can be located on the HealthMap/ProMED-mail interactive map at <http://healthmap.org/r/7TQ0>. Travis County in south central Texas can be seen on the map at <http://geology.com/county-map/texas.shtml>. – Sr.Tech.Ed.MJ]

 

******

[6] Florida: bat, human exposure

Date: Mon 29 Jul 2013

Source: First Coast News (FCN) [edited]

<http://www.firstcoastnews.com/news/local/article/321878/3/Rabies-alert-in-effect-for-Mandarin-until-October>

[6] フロリダ州: コウモリ, 人の曝露

日付:2013年7月29日(火)

 

A rabies alert has been issued for the Mandarin area by the Duval County Health Department after it was determined a human was exposed to a rabid bat.

狂犬病警報は人が狂犬病のコウモリに曝露されたと確定された後にDuval郡保健局によりMandarin地域に発せられています。

 

The area affected by the alert is bordered by Julington Creek Road at Aladdin Road on the east, Orange Picker Road at Mandarin Road on the west, Loretto Road at San Jose Boulevard to the north, and by Julington Creek and the Duval/St Johns county line to the south, according to a release from Charles Griggs at the health department.

警報により影響を受ける地域は、保健所のCharles Griggsからの発表によると、東はAladdin道路のJulington Creek道路、西はMandarin道路のOrange Picker道路、北はSan Jose大通りのLoretto道路、南はJulingtonクリークとDuval郡とSt Johns郡の境界線で縁取られている。

 

The alert is in effect until 25 Oct 2013. For more information or to report animal bites, contact Rabies Control at (904) 253-1280.

警報は2013年10月25日まで有効です。より詳細な情報あるいは動物による咬傷の報告は、(904) 253-1280の狂犬病制御までご連絡下さい。

Communicated by:

ProMED-mail from HealthMap Alerts

<promed@promedmail.org>

 

[The state of Florida can be located on the HealthMap/ProMED-mail interactive map at <http://healthmap.org/r/7TQ1>. Duval County in north eastern Florida can be seen on the map at <http://geology.com/county-map/florida.shtml>. – Sr.Tech.Ed.MJ]

 

[The most unique story is about the woman who survived rabies and is now an advocate to prevent rabies.

[最もユニークな物語が狂犬病を生き延び、現在狂犬病を防ぐための提唱者である女性についてです。

 

 

However, most of these stories issue a plea for being careful around animals you don’t know, that dead animals may still be a danger to you, and above all, to have your animals vaccinated. The 2nd story involving the woman who survived rabies shows she was extremely responsible in taking care of her dogs: making sure they were current on the vaccine and revaccinating and quarantining in accordance with her state’s law.

しかし、これらの記事のほとんどは死んだ動物があなたにとってまだ危険であるかもしれないというように、知らない周辺の動物に気をつけ、そして何よりも、あなたの動物に予防接種をすることの請願を発します。狂犬病から助かった女性に関わった2番目の記事は、彼女は彼女の犬の世話に非常に責任を果たしたことを示している:彼女の州の法律に基づき予防接種が有効期限内であることを確認して追加接種および隔離をしている。

 

Rabies is not a disease to take lightly. It is a dangerous killer. – Mod.TG ]

狂犬病は簡単に扱う病気ではありません。危険な殺し屋です。- Mod.TG ]

PageTop