Home >News > ProMED翻訳情報(195回) ~台湾での再興 誤診の可能性に関する意見(8月14日)~

ProMED翻訳情報(195回) ~台湾での再興 誤診の可能性に関する意見(8月14日)~

2013.11.06

RABIES – TAIWAN (13): FERRET-BADGER, QUESTIONS
**********************************************
Date: Wed 14 Aug 2013
Source: The Taipei Times [edited]
<http://www.taipeitimes.com/News/editorials/archives/2013/08/14/2003569637/2>

A possible misdiagnosis of rabies ———————————
On 17 Jul 2013 the Council of Agriculture made its initial report to the World Organization for Animal Health [OIE] concerning the rabies situation in Taiwan. In the pathogen field it had identified the cause of the disease as “Lyssavirus”, entering “not typed” in the blood type field.
狂犬病誤診の可能性—

2013年7月17日、農業委員会は世界動物保健機構(OIE)に台湾における狂犬病の流行状況に関する第1報を提出した。病原体としては病気の原因がリッサウイルスだと判明したが、さらに血清型に関しては未だに分類されていない。
By Thu 1 Aug 2013, when the council issued its 5th report, it identified the blood type as “RABV”, which is the rabies virus. The designation RABV generally refers to the strain of rabies that is fatal to carnivores: dogs, cats, and humans. It is unknown on what
basis the council decided to revise the report in this way. Since May [2013], when the 1st case of rabies infection in a ferret-badger was discovered, until today [14 Aug 2013], with cases of rabies infection limited to central, southern, and eastern Taiwan, there have been no cases of rabies infection in dogs, cats, or humans. Isn’t that rather strange?
農業委員会が5報目の報告書を発表した2013年8月1日木曜日には、狂犬病ウイルスであるRABVと血清型を同定した。RABVだということは通常、犬や猫、人など肉食の動物に致死的な狂犬病のウイルス株を指す。何を根拠に農業委員会がそのレポートをこのように改訂したのかは分かっていない。最初のイタチアナグマ狂犬病感染が見つかった2013(2012?)年5月から現在(2013年8月14日)まで狂犬病の症例は台湾中央部、南部、東部に限定されており、犬、猫、人の症例はまだ出ていない。これはむしろ不思議ではないか。

 
According to the Analysis of the Taiwan Isolation Rabies Genetic Sequencing issued by the council, the similarities between the rabies virus in ferret-badgers and the strain found in China is under 90 percent, so it should be regarded as a different virus [that is, strain]. Yet this lab says that the virus is closest to the one found in China. Differences in the nucleoprotein genetic sequences of all Lyssavirus strains can be used to determine where the virus exists. Changes in the glycoprotein sequence can be used to evaluate the strain’s antigenicity — the ability of an antigen to bind with an antibody — toxicity and pathogenicity, which is the potential of a virus to cause a disease. However, the glycoprotein sequence provided by the council lab was too short. It did not show the antigenic determinants for the virus’ antigenicity or pathogenicity.
委員会によって発表された台湾分離の狂犬病遺伝子配列解析によると、イタチアナグマの狂犬病ウイルスと中国で発見されたウイルス株間の相同性は90%以下であり、異なるウイルス[ウイルス株]として考えるべきである。しかしながら、このラボは中国で見つかったあるウイルスと近いとしている。全てのリッサウイルス株における核タンパク遺伝子配列の違いは、そのウイルスが存在する場所を決定する。糖タンパク遺伝子配列の違いはウイルス株の抗原性(抗原が抗体と結合する能力)、ウイルスが病気を起こす潜在能力を示す毒性および病原性を評価するのに用いられる。しかしながら委員会が発表した糖タンパクの遺伝子配列は短すぎ、ウイルスの抗原性や病原性を決める抗原決定基を示していない。

 

At the moment, we can only make a comparison of these 2 limited protein sequences, and that the strain of the virus found infecting ferret-badgers in Taiwan is a different type to that found in China, which means the ferret-badger virus here is not the dog rabies virus that everyone imagines it to be. The council should look into this. The conditions of the so-called rabies outbreak in Taiwan are increasingly clear: up until 5 Aug 2013 the virus had only been found in 44 ferret-badgers and one shrew. As I understand it, there have been many incidences of dogs being bitten by ferret-badgers in
the areas in which the latter have tested positive for the virus, and of dogs coming home with ferret-badgers clamped in their jaws, and yet we are still to have one case in which a dog has been found to be infected.
現時点では核タンパクと糖タンパクの2つのタンパク遺伝子配列の比較に限定されていること、台湾で感染イタチアナグマから発見されたウイルス株は中国で見つかったものとは別の型であること、つまり当地のイタチアナグマのウイルスはほとんどの人が思い描く犬狂犬病とは異なるということである。委員会はこの点について調べるべきである。台湾狂犬病アウトブレイクと呼ばれる状況は徐々に明らかになっている:2013年8月5日までにウイルスは44頭のイタチアナグマと1頭のトガリネズミのみで見つかっている。私の理解の限りでは、その地域では、後に狂犬病陽性と診断されたイタチアナグマに咬まれた犬が多く、中にはイタチアナグマを口にくわえて家に戻ってきているが、犬が感染した症例は未だにない。
Also, according to provisions by the Centers for Disease Control for ferret-badger bites or scratches, anyone who has been bitten or scratched by a ferret-badger over the past year can be given free rabies vaccinations. As of 5 Aug 2013, a total of 815 people qualified for the vaccination, of which 27 were actually bitten by one of the animals. That figure could be lower than the actual amount of people who have been bitten, and many were bitten several months ago, but no cases of rabies infection in people have emerged yet. It is quite clear that the ferret-badger virus in Taiwan is not the same as the
rabies virus that is fatal to dogs and humans.
また、イタチアナグマの咬傷または引っかき傷に関して、疾病制御センターの規定によると、過去一年間に引っ掻かれたり咬まれたりした人は、無料で狂犬病のワクチンを受けることができる。2013年8月5日現在、合計で815名がワクチン接種が必要と判断され、そのうち27名は何かしらの動物に咬まれていた。この数字は本当に咬まれた人の数よりは少ない可能性があり、また多くが数ヶ月前に咬まれたにも関わらず、未だに発症者がいない。台湾のイタチアナグマウイルスが人や犬に致死的な狂犬病ウイルスとは異なることは明らかである。

 

The glycoprotein genetic sequence provided by the council is too short to be useful in determining whether the rabies vaccination currently used in Taiwan offers protection against the virus found in the ferret-badgers. In 2010, researchers in China discovered with rabies viruses taken from ferret-badgers that several isolation strains were of low pathogenicity or had no toxicity at all. Lab rats were injected in their brains with large amounts of the virus, but they did not develop the disease. The council has yet to provide any data to establish whether the nature or pathogenicity of the virus found in Taiwan’s ferret-badger population means that it will harm dogs, cats, or people, let alone to clarify the efficacy of vaccinating dogs and cats against it.
委員会によって公開された糖タンパク遺伝子配列は、現在台湾で使用されている狂犬病のワクチン接種がイタチアナグマでみつかったウイルスに防御を示すかどうか判断するには短すぎて使いようがない。2010年、中国の研究者たちはイタチアナグマから分離した幾つかの狂犬病ウイルス株は低病原性または全く病原性を持たなかったことを見つけている。実験ラットに分離ウイルスを大量脳内接種したが、発症しなかった。委員会は台湾イタチアナグマ集団で見つかったウイルスの性状あるいは病原性が犬、猫、人に危険性があるか否かを確認するいかなるデータも提供していない。また、犬や猫に対するワクチンの有効性も明らかにしていない。

 

According to the Central Epidemic Command Center, there will be plenty of vaccines available by late this month [August 2013], with 1.13 million [doses?] for dogs and cats and 47 000 for humans. Fortunately, the pathogenicity of the ferret-badger virus in Taiwan for dogs, cats, and people is very low or non-existent. Are the vaccines being provided at the state’s expense to prevent “genuine” rabies useful against the ferret-badger virus? My feeling is that these are just vaccinations being administered to give peace of mind.
中央疫学指令センターによると、今月後半(2013年8月)には犬や猫に対して113万(ドーズ?)、人に47,000ドーズの十分量のワクチンが供給可能であるとしている。幸いにも台湾イタチアナグマウイルスの病原性は犬、猫、またヒトに対して非常に低いか、全くない。政府資金で供給されている真性狂犬病を防ぐワクチンはイタチアナグマウイルスに対して有効なのだろうか。個人的にはこれらは気休めの対策に思える。
[byline: Liou Pei-pai, former director Taiwan Animal Health Research
Institute; translated by Paul Cooper]


communicated by:
Merritt Clifton
Editor, Animal People
PO Box 960
Clinton, WA 98236
USA
<anmlpepl@whidbey.com>
<http://www.animalpeoplenews.org>

[This press article might be dismissed as no more than a conspiracy theory, if the author had not previously been a director of the Taiwan Animal Health Research Institute. The article contains much new information that has not been available in English language sources so far and deserves careful reading. It seems likely that a few people and at least one dog have been bitten in encounters with ferret-badgers.
もし著者が台湾動物衛生研究所の所長になったことがなければ、おそらくこの報道記事はすでに陰謀にすぎないとして却下しているだろう。記事は英文情報源には今までなかった新しい情報を多く含んでおり、じっくり読んでみる価値がある。どうやら、数名と少なくとも1頭の犬がイタチアナグマに咬まれたようである。
The author concludes that the Council of Agriculture has yet to provide any data to establish whether the nature or pathogenicity of the virus found in Taiwan’s ferret-badger population means that it will harm dogs, cats, or people, let alone to clarify the efficacy of vaccinating dogs and cats against it. – Mod.CP]
著者は、農業委員会が未だに台湾イタチアナグマ集団で見つかったウイルスの性状あるいは病原性が犬、猫、人に危険性があるか否かを確認するいかなるデータも提供していない。また、犬や猫に対するワクチンの有効性も明らかにしていない、と結論付けている。

PageTop