Home >News > ProMED翻訳情報(198回) ~台湾における狂犬病発生状況報告(8月18日)~

ProMED翻訳情報(198回) ~台湾における狂犬病発生状況報告(8月18日)~

2013.11.13

RABIES – TAIWAN (14): FERRET-BADGER, MORE CASES

***********************************************

Date: Sun 18 Aug 2013

Source: The China Post [edited]

<http://www.chinapost.com.tw/taiwan/national/national-news/2013/08/18/386725

/Center-announces.htm>

 

The Central Epidemic Command Center for Rabies yesterday [Sat 17 Aug 2013] announced an additional 4 confirmed cases of rabies found in wild ferret-badgers, adding Tainan’s Zuojhen District and Pingtung’s Wutai Township to the list of locations where the disease has spread.

As of Fri 16 Aug 2013, the Animal Health Research Institute inspected a total of 356 wild carnivores. Excluding 87 ferret-badgers, the others all tested negative for rabies.

 

狂犬病中央伝染病指令センター(Central Epidemic Command Center for Rabies)は昨日(2013年8月17日:土)、新たに4件の狂犬病の事例が野生のイタチアナグマで見つかったと発表し、台南市左鎮区および屏東県霧台郷を(狂犬病の)発生地域に付け加えた。2013年8月16日(金)現在、動物衛生研究所は総計356検体の野生肉食動物を検査している。87検体のイタチアナグマを除き、他はすべて狂犬病陰性であった。

 

The confirmed cases of rabies were found in wild ferret-badgers spread out across 9 counties and cities, including 42 townships and villages.

The Center inspected 36 animals on Friday [16 Aug 2013] and found that

4 ferret-badgers, from Taichung’s Heping District, Tainan’s Zuojhen District, Pingtung’s Wutai Township, and Taitung’s Beinan Township, had contracted rabies. The remaining 32 all tested negative for the disease.

 

イタチアナグマで確認された狂犬病の事例は、42の郷および村を含む9つの県・市で確認されている(訳者注:台湾の行政区分に郡はないため、ここではcountyは県と訳してあります)。センターは金曜日(2013年8月16日)に動物36検体を検査し、4匹のイタチアナグマが狂犬病に罹患していたことを確認した。これらはそれぞれ、台中市和平区、台南市左鎮区、屏東県霧台郷、台東県卑南郷由来の検体であった。残り32検体は陰性であった。

 

The Center said that the local animal disease prevention authorities in Tainan and Pingtung have stepped up their efforts to vaccinate cats and dogs in the mountainous areas. According to local reports, the government has so far received 2517 applications for rabies vaccinations against animal bites and scratches. Of the more than 2000 applications, 1755 have been approved.

 

センターは、台南市および屏東県の動物(の)疾病防疫(を担当する諸)機関が、犬や猫へのワクチン接種の努力を山岳部まで広げつつあると述べた。地元からの報告によると、自治体はこれまで、動物による噛み傷やひっかき傷に対し、2517件の狂犬病ワクチン接種の申請を受けている。2000件を超える申請のうち、1755件はすでに承認されている。

 

[Byline: Adam Tyrsett Kuo]

 

Communicated by:

ProMED-mail

<promed@promedmail.org>

 

[From this new report it can be gleaned that confirmed cases of rabies have been found in wild ferret-badgers spread in 9 counties and cities, including 42 townships and villages. Of the 36 ferret-badgers tested in the current report only 4 were positive and the remaining 32 were negative. Overall, a total of 356 wild carnivores have been tested and none, other than 87 ferret-badgers, tested positive.

Information regarding the genetic characterisation of the ferret-badger rabies virus is still awaited. – Mod.CP

 

[この新たな報告から、狂犬病確定事例が42の郷および村を含む9つの県・市に蔓延し、野生のイタチアナグマで見つかっていることが突き止められている。現在の報告では、検査された36匹のイタチアナグマのうち、ほんの4匹が狂犬病陽性で、残り32匹は陰性であった。全体として、総計356検体の野生肉食動物を調べ、87検体のイタチアナグマを除き、他からは

狂犬病は見つからなかった。イタチアナグマの狂犬病ウイルスの遺伝学的性状に関する報告が待たれる。

PageTop