Home >News > ProMED翻訳情報(199回) ~台湾における狂犬病に関してのイタチアナグマの生態からみた意見(8月13日)~

ProMED翻訳情報(199回) ~台湾における狂犬病に関してのイタチアナグマの生態からみた意見(8月13日)~

2013.11.13

RABIES – TAIWAN (12): FERRET-BADGER, COMMENT
********************************************
Date: Tue 13 Aug 2013
From: Merritt Clifton <anmlpepl@whidbey.com> [edited]

The solitary lifestyle and reclusive habits of the ferret-badger suggest to me that we may be looking at maternal transmission of an exceptionally slowly emerging rabies strain, which would not become evident until a significant number of ferret-badgers were infected and behaving abnormally. Otherwise, my understanding is that ferret-badgers have very little to do with each other, or with other animals, and so transmission from ferret-badger to ferret-badger after they reach maturity and disperse would be unlikely.
イタチアナグマの孤立性の生活習慣と隔世した習性は、我々が非常にゆっくり出現する狂犬病ウイルス株の母子感染を見ているかも知れないことを私に示唆している。それは、かなりの数のイタチアナグマが感染し、異常なふるまいをするまで明らかにならないであろう。さもなければ、イタチアナグマはお互い又は他の動物と行動することはほとんどないので、成熟し孤立した後でイタチアナグマからイタチアナグマへ(の)感染することは有りそうに無い,と言うのが私の見解である。

Bats are fairly commonly blown back and forth from mainland China, so what I’m thinking is that there may be a bat rabies strain that has mutated to infect ferret-badgers, and was separately passed to ferret-badgers on either side of the Straits of Formosa. But it would have to be a strain with a very long latency interval.かなり一般的に、コウモリは中国本土から行ったり来たりしている。そのため、私は、イタチアナグマに感染するように変異し、台湾海峡のそれぞれの側で別々にイタチアナグマに継代されたコウモリ狂犬病ウイルス株が存在するかもしれないと考えている。しかし、それらは大変に長い潜伏期間をもったウイルス株に違いない。

Even maternal transmission poses certain problems, in that the ferret-badger litter size is only 2-3. But so far as I know, littermates are the only other ferret-badgers that any ferret-badger is likely to encounter except at mating time.
イタチアナグマの産仔数がたった2-3であるという点で、母子感染も確かな問題を提起する。しかし私の知る限りで、同腹仔は、どのイタチアナグマでも、交尾時以外で遭遇しそうな唯一の他のイタチアナグマである。

Ferret-badgers are most often born in May and June, and this outbreak appears to have emerged just about the time that the young ferret-badgers would be setting off to find their own habitat.
イタチアナグマは5月6月に最も頻繁に生まれ、この発生は若いイタチアナグマが彼ら独自の生息地を発見するために旅立つであろうちょうどその時期に出現したように見えた。


Merritt Clifton
Editor, Animal People
PO Box 960
Clinton, WA 98236
USA
<anmlpepl@whidbey.com>
http://www.animalpeoplenews.org

[Until the Taiwanese authorities release more detailed information on their surveillance activities, it will remain uncertain whether this outbreak of rabies virus infection in the Formosan ferret-badger population of Taiwan is the outcome of a recent introduction, or has remained undetected for a long period as a consequence of the ecological isolation of these animals. The outcome of genomic studies, which may help to establish the origin of the outbreak strain, is awaited. – Mod.CP
台湾当局がそのサーベイランス活動によるより詳細な情報を発表するまで、この台湾におけるタイワンイタチアナグマ集団の狂犬病ウイルス感染症の流行が、最近持ち込まれた結果であるのか、又は、これらの動物の生態学的隔離により、長期にわたり未検出で残存していたのであるかどうかは不確かなままであるだろう。流行株の起源を証明することを手助けするであろう遺伝学的研究の結果がまたれる。

PageTop