Home >News > ProMED翻訳情報(200回) ~台湾における狂犬病再興(9月5日)~

ProMED翻訳情報(200回) ~台湾における狂犬病再興(9月5日)~

2013.11.13

RABIES – TAIWAN (16): FERRET-BADGER, MORE CASES

***********************************************

Date: Thu 5 Sep 2013

Source: China Post [edited]

<http://www.chinapost.com.tw/taiwan/national/national-news/2013/09/05/388120/2-new.htm>

 

On Tuesday [3 Sep 2013], 2 ferret-badgers tested positive for rabies, bringing the total number of confirmed infections to 112 wild animals since the deadly disease resurfaced in mid-July [2013] after an apparent absence of 52 years. The Central Epidemic Command Center for Rabies on Wednesday [4 Sep 2013] announced the 2 newly confirmed infections, which come from Zuozhen District in the southern city of Tainan and Beinan Township in the eastern Taitung County. Including the 2 new cases, rabies-infected animals have been  found across 47 administrative divisions of 9 counties and cities in central, southern  and eastern Taiwan.

火曜日[2013年9月3日]に、2頭のイタチアナグマが検査の結果狂犬病陽性となり、公表上、52年間ぶりの7月中旬[2013年]にこの致命的な病気が再興して以来、感染が確定診断された総数は野生動物112頭になった。水曜日[2013年9月4日]に狂犬病中央伝染病司令センターは、台南市南部の左鎮区と台東県東部の卑南鄉に発生し、最近確定診断された2つの症例を発表した。新たな2症例を含め、狂犬病に感染した動物は、9つの県の47行政区画と台湾中央部、南部と東部の市にまたがって発見されている。

 

As of 3 Sep [2013], a total of 490 wild carnivores had been tested for the disease, according to the command center. Of the 112 confirmed rabies infections, only one was an infected  Asian house shrew, while all of the rest have been ferret badgers.

司令センターによると、9月3日[2013年]の時点で、総数490頭の野生肉食動物に対しこの病気に関する検査を行った。狂犬病感染が確認された112頭のうち、1頭だけが感染したアジアイエトガリネズミであるが、残り全部はイタチアナグマであった。

 

Officials notified the World Organization for Animal Health about the rabies outbreak among the ferret-badgers on [17 Jul 2013], putting Taiwan back on the map of rabies-afflicted countries — a status [with which] it had not been labeled with since 1961.

当局は[2013年7月17日]にイタチアナグマにおける狂犬病の発生を国際獣疫事務局に届け出て、狂犬病発生国が記載されている地図に、1961年以降記載されることのなかった台湾を再び記載することとなった。

 

Though Taiwan has not recorded any infections in dogs or cats so far, the command center urged owners to keep their pets away from wild animals and ensure their vaccines are up-to-date to help prevent the virus from spreading further.—

現時点では、台湾の犬あるいは猫における感染は全く記録がないが、司令センターは所有者に野生動物からペット隔離しておくことと、さらにウイルスが拡大するのを防ぐためペットがワクチンスケジュール上、最後のワクチンが最近であったことを確認するよう促した。

 

Communicated by:

ProMED-mail from HealthMap Alerts

<promed@promedmail.org>

 

[The ferret-badger (_Melogale moschata_) rabies outbreak continues to slowly march along in Taiwan. Since control of rabies in this free-living, wild mammal population is difficult, owners of dogs and cats are well advised to be sure that their animals are vaccinated.

[イタチアナグマ(_中国イタチアナグマ_)の狂犬病の発生は次々と台湾の中をゆっくり進み続けています。この自由生活の野生哺乳類集団の狂犬病は制御が困難であるため、犬や猫の所有者は、所有する動物へ必ず予防接種を受けさせることを強く勧める。

PageTop