Home >News > ProMED翻訳情報(201回) ~馬の狂犬病(米国)~

ProMED翻訳情報(201回) ~馬の狂犬病(米国)~

2013.11.13

RABIES – USA (08): (CO), EQUINE

狂犬病- アメリカ (08): (CO), ウマ

*******************************

Date: 29 Apr 2013

Source: The Horse.com [edited]

<http://www.thehorse.com/articles/31781/rabies-eia-confirmed-in-colorado-hor

ses>

2013年4月29日

 

The Colorado Department of Agriculture (CDA) announced on 29 Apr 2013 that a horse in Logan County had been recently confirmed positive for rabies.

コロラド農務省(CDA)は2013年4月29日に、最近、ローガン郡で馬1頭が狂犬病陽性であると確認されたと発表した。

The CDA is encouraging livestock and pet owners to discuss animal health concerns, including the need for rabies vaccination, with their local veterinarian after the horse residing in northeast Colorado was euthanized and subsequently tested positive for rabies.

北東コロラド州で飼育されていた馬が安楽死後、検査で狂犬病陽性となったことをうけて後、CDAは家畜やペットの所有者が、狂犬病予防接種を含めた動物の健康問題を地元獣医師と話し合うことを奨励している。

“The department would like to stress 2 very important points,” said state veterinarian Keith Roehr. “One, owners should monitor their animals for clinical signs of rabies and, secondly, local veterinarians are a valuable resource to help producers decide the best course of action to protect their livestock and pets from rabies.”

“農務省として2点重要なことを強調しておきたい、” と州獣医師の Keith Roehrは語った.

第1に、所有者は狂犬病の臨床徴候について所有する動物を監視する必要があり、第2に、地元の獣医師は、生産者にとって、狂犬病から所有する家畜やペットを保護するための最善策をたてるのに役立つ貴重な情報源だということです。”

 

Livestock and pet owners are encouraged to discuss vaccination with their veterinarian for animals that could be exposed to wildlife that carry and could transmit the rabies virus to dogs, cats, horses, small ruminants, llamas, alpacas, and petting zoo animals犬や、猫、馬、小反芻獣、ラマ、アルパカ、そして動物に触れることが出来る動物園(ふれあい動物園)の動物に感染させる可能性を持つ、狂犬病を保有する野生動物と接触を持つ可能性のある動物に関して、家畜とペットの所有者はかかりつけの獣医師と予防接種について話し合うことが奨励される。

 

Rabies is a viral disease infecting the brain and central nervous system. The clinical appearance of rabies typically falls into 2 types: “aggressive” and “dumb.”

狂犬病は脳と中枢神経系に感染するウイルス性疾患です。狂犬病の臨床的徴候は、一般的に”狂躁型”と “麻痺型”の2種類に分類されます。

 

Aggressive rabies signs include combativeness and violent behavior and sensitivity to touch and other kinds of stimulation. There is also a “dumb” form of the disease in which the animal is lethargic, weak in one or more limbs, and unable to raise its head or make sounds because its throat and neck muscles are paralyzed.

狂躁型狂犬病の徴候には闘争的なことや暴力的な行動、接触や他の種類の刺激に対する感受性の高まり興奮が挙げられます。動物が無気力になるこの病気の形態である”麻痺型”にもまた、一つ以上の四肢の虚弱、頭を上げられない、あるいは喉と首の筋肉が麻痺しているので声が出ないなどの徴候があります。

 

Rabies can be passed from animals to humans. Rabies is spread primarily through the bite of rabid animals, resulting in the spread of the disease through their infected saliva. Rabies also can be spread when saliva from an infected animal gets into open wounds or cuts, or enters through membranes of the eyes, nose, or mouth. No cure exists for rabies once clinical signs appear, although there is a vaccine to prevent the infection.

狂犬病は動物から人に感染することができます。狂犬病は、動物の感染した唾液を介してこの病気は広がることから、主に狂犬病の動物に咬まれることで感染が広がっている。また、狂犬病は感染動物の唾液が開いた傷や切り傷に入ったとき、あるいは目、鼻、口の粘膜を通して侵入することで広められます。

感染を防ぐためのワクチンはあるが、一度臨床症状が現れると、狂犬病の治療法は存在しない。

 

“Animal owners need to primarily look for any dramatic behavioral changes,” said Roehr. “That is typically one of the hallmark signs that the animal may be suffering from rabies.”

“まず初めに動物の所有者は、所有動物に何かしらの異常な行動変化が無いか観察する必要がある”とRoehrは述べた。

“それは典型的な、動物が狂犬病に罹っている可能性があるという、特徴的な兆候の一つである。”

communicated by: ProMED-mail from HealthMap alerts <promed@promedmail.org>

 

[Effective vaccines exist to prevent rabies in many species, including dogs, cats, horses, cattle, and others. This moderator has long advocated use of rabies vaccine in any farm animal that you are around on a regular or even seldom basis. Skunks, raccoons, and other wild animals carrying the virus can get into your pasture or paddock and bite the animal. A rabies vaccine is extremely cheap insurance in exchange for the safety of your life, or that of a loved one.

【狂犬病の予防に効果的なワクチンは、イヌ、ネコ、ウマ、ウシ、等を含む多くの種に対して存在する。身近にいるどんな家畜動物や滅多に遭遇する事の無い家畜動物への狂犬病ワクチン使用に関して、安価なこのワクチンは長らく貢献してきました。(この議長は長い間、あなたの周りに通常いる、あるいはめったにいないどんな家畜にも狂犬病ワクチンを使用することを提唱してきた。)ウイルスを保有するスカンク、アライグマ、その他の野生動物はあなたの牧草地やパドックに入って動物を噛むことができる。狂犬病ワクチンはあなたや、あなたの愛するものの命の安全に対する非常に安価な保険である。

(文脈にしたがって“引き換え”を使用するとワクチンが危険な雰囲気を帯びるので、意訳しました。本当は安い費用と引き換えに生命に対する保険を狂犬病ワクチンによって得られるといいたいのだと思います。)

PageTop