Home >News > ProMED翻訳情報(203回) ~台湾での狂犬病再興・OIE報告及び経口ワクチン予備実験(8月24日・29日)~

ProMED翻訳情報(203回) ~台湾での狂犬病再興・OIE報告及び経口ワクチン予備実験(8月24日・29日)~

2013.11.20

RABIES – TAIWAN (15): FERRET-BADGER, MORE CASES, RESEARCH, OIE

狂犬病-台湾(15):イタチアナグマ、症例追加、調査、OIE
**************************************************************
In this posting:
[1] OIE follow-up OIE追跡調査
[2] Oral vaccination, early preliminary trials 経口ワクチン、予備実験

******
[1] OIE follow-up
Date: Thu 29 Aug 2013
Source: OIE WAHID Disease Information, reports archive, ref OIE 13994
[summ., edited]
<http://www.oie.int/wahis_2/temp/reports/en_fup_0000013994_20130829_165741.pdf>

1. Follow-up report no 22, submitted 29 Aug 2013

  1. 追跡調査 no 22, 2013/08/29投稿
    ————————————————
    Epidemiological comments: The Animal Health Research Institute
    (National Laboratory) has confirmed rabies virus infection in 2 wild
    ferret-badgers which were found in Nantou County, by direct
    fluorescent antibody tests. From August 2012 to 25 Aug 2013, the
    number of dogs and cats vaccinated against rabies is 386 923 in total
    and consists of 70 396 in Taichung City, 67 095 in Tainan City, 13 326
    in Hualien County, 34 496 in Nantou County, 12 521 in Pingtung County,
    115 318 in Kaohsiung City, 19 700 in Yunlin County, 28 557 in Chiayi
    County, and 25 514 in Taitung County. Intensified vaccination
    activities targeted at dogs and cats still continue on the areas where
    infected ferret-badgers were found. The monitoring is ongoing.
    疫学的コメント:動物衛生研究所(国立研究所)は、南投県で発見された2頭の野生のイタチアナグマの狂犬病ウイルス感染を直接蛍光抗体法で確認した。2012年8月から2013年8月25日まで台中市で70,396頭、台南市で67,095頭、花蓮市で13,326頭、南投県で34,496頭、屏東県で12,521頭、高雄市で115,318頭、雲林県で19,700頭、嘉義県で28,557頭、台東県で25,514頭の計386,923頭の犬及び猫が狂犬病ワクチンを受けた。感染したイタチアナグマが発見された地域において、犬および猫を対象としたワクチ接種強化活動は、今も継続されている。引き続き監視が続けられている。

2. Outbreak summary [as of 29 Aug 2013]

流行の要約(2013年8月29日現在)
—————————————
Total outbreaks: 107 (submitted)

総発生数:107(投稿済)
<Species / Susceptible / Cases / Deaths / Destroyed / Slaughtered>

種/感受性/症例数/死亡数/殺処分数/屠殺数
1. Chinese ferret-badger / – / 106 / 105 / 1 / 0

中国イタチアナグマ  /-/ 106/ 105/ 1/ 0
2. Asian House Shrew / – / 1 / 1 / 0 / 0
アジアイエトガリネズミ/ -/ 1/ 1/ 0/ 0
[A map showing the location of the 107 outbreaks is included in the
report. – Mod.AS]
その報告文書中には107件の発生位置が示されている地図を含む

Communicated by:
ProMED-mail
<promed@promedmail.org>

[The summary report above includes details of the 107 outbreaks of
this unusual rabies epizootic in Taiwan.
この要約報告は、台湾におけるこの特異な動物間流行性狂犬病107件の詳細を含む。
The 1st 3 ferret-badgers to be found, by RT-PCR, as suspected rabies
cases by the National Taiwan University in June 2013 (subsequently
confirmed by the national laboratory), had been found dead on 23 May
2012 (Nantou county), 25 Nov 2012 (Yunlin county), and 29 Dec 2012
(Nantou county). Since the initial diagnosis, surveillance has been
widely implemented, discovering, so far, 102 additional
rabies-positive dead wild ferret-badgers and one dead Asian mouse
shrew, spread over the entire southern part of Taiwan (see map). In
addition, one (clinically affected?) wild ferret-badger was destroyed
(follow-up report No 4, Taitung City, T’ai-Tung, 28 Jul 2013).
狂犬病症例疑いとして2013年6月に国立台湾大学においてRT-PCRによって発見された(その後国立研究所により確認)、初発症例の3頭のイタチアナグマは、2012年5月23日(南投県)2012年11月25日(雲林県)及び2012年12月29日(南投県)で死体で発見されていた。最初の診断以来、サーベイランスが広範囲に行われている。そしてこれまで、さらに台湾南部全域にわたって(地図参照)狂犬病陽性の102頭の死んだ野生のイタチアナグマと1頭の死んだアジアイエトガリネズミを発見している。さらに、1頭(臨床的に感染していたとされる?)の野生のイタチアナグマが殺処分された(追跡調査 No.4、台東市、台東県、2013年7月28日)。
There is no information, so far, on any suspected cases in other
animal species in Taiwan. – Mod.AS
これまでのところ台湾では、他の動物種において疑わしい症例に関する情報は一切ない。
Maps of Taiwan can be seen at
<http://www.chinatouristmaps.com/assets/images/city/taiwan-districts-map.jpg>
and <http://healthmap.org/r/8b8a>. – Sr.Tech.Ed.MJ]

******
[2] Oral vaccination, early preliminary trials

経口ワクチン、早期予備実験
Date: Sat 24 Aug 2013

2013年8月24日(土)
Source: Taipei Times [edited]
<http://www.taipeitimes.com/News/taiwan/print/2013/08/24/2003570477>

After visiting rabies-affected areas and laboratories in Taiwan,
specialists from the US Centers for Disease Control and Prevention
(CDC) yesterday [23 Aug 2013] praised the Taiwanese government’s
“swift and comprehensive” response to the re-emergence of rabies in
the country and reported the preliminary results of their oral
vaccination study on ferret-badgers.
台湾の狂犬病発生地域及び研究所を訪問後に、アメリカ合衆国疾病制御及び予防センター(CDC)からの専門家達は昨日(2013年8月23日)、台湾における狂犬病の再興危機に対する台湾政府の“迅速かつ総括的”対応について賞賛し、イタチアナグマに対する経口ワクチン研究の予備実験結果について報告した。
The specialist team arrived in Taiwan earlier this month [August 2013]
to assist health authorities on prevention measures and have been
working with the Taiwanese CDC and the Council of Agriculture to
identify clear strategies for rabies control.
その専門家チームは、予防方法について保健当局者を補佐するため今月(2013年8月)の初旬に台湾に到着し、台湾CDCおよび農業員会とともに狂犬病制御に向けた戦略をたてるため恊働している。
Ryan Wallace, one of the 3 specialists, said “surveillance systems to
detect rabid animals have been in operation since the 1st reported
rabies case [and] the laboratory response to diagnose the disease,
which was previously not recognized in this country, has been equally
impressive.”

3名の専門家の内の一人であるRyan Wallaceは、『狂犬病動物を検出するためのサーベイランスシステムは、最初の狂犬病症例が報告された時から実施されており、(また)研究所における、過去にこの国において認められなかったその病気を診断するための対応についても関心するものがあった。』と述べた。
“The full extent of the rabies reservoir in Taiwan is not yet
understood in its entirety. Further testing of rabies-suspect animals
and focused studies must be conducted before we could understand the
extent of the disease spread. For this reason, all counties and cities
in Taiwan should be considered potentially to have rabies in their
wildlife populations,” he said.
“台湾における狂犬病レゼルボアの範囲について全体像はわかっていない。我々が狂犬病の拡大様式を理解する前に、狂犬病感染疑い動物のさらなる検査及び集中的な研究がおこなわれるべきである。そのため、台湾におけるすべての県及び市は野生動物の生息集団の中に潜在的に狂犬病が存在することを考慮すべきである”と彼は述べた。
Oral rabies vaccination requires years of planning, preparation, and
studies, Wallace said, before questions of what type of vaccine to
use, what type of bait to use, and how to target reservoir animals can
be adequately determined.
経口ワクチンは、計画、準備、研究に多年を要する。どのタイプのワクチンを使用するかという質問の前に、どのタイプのベイト(撒き餌)を使用するのか、どのようにレゼルボア動物を標的にするのか、を適切に決めなければならないとWallace氏は述べた。
In the study, the specialists used 3 baits that are available in the
US and 3 ferret-badgers that were in captivity were offered the bait.
その研究において、専門家たちはアメリカ合衆国で入手できる3種のベイトを使用し、3頭の捕獲したイタチアナグマに与えた。
The goal of the study, in which only placebos, not actual vaccines,
were used, is to see if the coating on the bait would attract
ferret-badgers, and if it did attract them, how the bait would be
handled: actually ingested or simply chewed by the ferret-badgers.
この研究の目的は、実際のワクチンでなく、プラセボのみでベイト(撒き餌)をコーティングしたものがイタチアナグマを引き寄せるかどうか、またそれが彼らを引き寄せるのなら、ベイトをどう扱うのか、つまりイタチアナグマが実際に摂取するのかまたは単に咬むだけなのかを見るために行われた。
“The ferret-badgers, unfortunately, did not seem very interested in
any of these baits,” Wallace said.
“残念ながら、イタチアナグマはこれらすべてのベイトに対してとても興味があるようには思えなかった。と、Wallaceは述べた。
Some placebo baits were also placed with cameras in settings where
ferret-badgers have existed, but no video of ferret-badgers
approaching the baits was obtained.
いくつかのプラセボベイトがカメラとともにイタチアナグマが住んでいる場所に設置されたが、イタチアナグマがベイトに接近する映像は得られなかった。
“The small preliminary study probably indicates that the baits we have
are probably not ideal for an animal the size of a ferret-badger, and
they may not be very good at attracting ferret-badgers to eat them,
which is required for vaccination,” he said.
”この小規模の予備的な研究により、イタチアナグマ程度の大きさの動物に対する理想的なベイトは無く、ワクチン接種に必要な、イタチアナグマにそれらを摂食させるという目的でイタチアナグマを引き寄せる効果はこれらのベイトには無かったことを、おそらく示唆している。
“In the US, we are currently using 2 types of vaccine for oral rabies
vaccination in wildlife, and both of those should be evaluated as
options for Taiwan if you decide to go the route of oral vaccination,
but it’s a long process,” he said.
”アメリカ合衆国において、われわれは野生動物への経口狂犬病ワクチンとして現在2タイプを使用している。もし経口ワクチンを利用することを決定した場合、長い課程を必要とするが、それらのワクチンは台湾の選択肢として(再度)評価されなければならない。“と彼は述べた。
Asked about the need for an animal experiment, Wallace said animal
model experiments play an important role in describing pathogenesis
and vaccine efficacy when a new virus or disease is found.
動物実験の必要性についてWallaceは、新しいウイルスまたは病気が発見された時、動物モデル実験は、病原性及びワクチン有効性の評価に重要な役割を担う。と、述べた
[Byline: Alison Hsiao]


Communicated by:
ProMED-mail
<promed@promedmail.org>

[In order to get orally vaccinated, the bait must be attractive for
the target animal and it must be thoroughly chewed in order to
guarantee that the sachet is punctured so that the vaccine is released
into the mouth of the consumer, exposing its oropharyngeal mucosa. The
investigators will have to determine the bait flavor preferences of
the target animals as well as their feeding behavior and physiology.
This will require a coordinated, multi-disciplinary, probably extended
research effort.
経口でワクチン効果を得る為には、ベイトは標的動物を引き寄せるものであるべきで、そしてワクチンが口腔内に放出されて咽頭粘膜にさらされるため、必ず包みが破れるほど摂食者が十分に噛み砕けるものでなければならない。研究者は、標的動物の摂食行動や生理とともに好みのにおいも決定しなければならないだろう。これは、多岐の学問分野のコーディネート、多分、研究努力の拡大が必要である。
How and when was the virus introduced, as well as why infection is
limited to a single, wild species population, are other issues to be
addressed. – Mod.AS
どうやって、そして、いつウイルスが侵入したのか、どうして感染が単一の野生動物に限定されているのか、野生動物の頭数はなど、その他の問題点についても追求される必要がある。

PageTop