Home >News > ProMED翻訳情報(204回) ~台湾での狂犬病再興・犬での発生確認(9月10日)~

ProMED翻訳情報(204回) ~台湾での狂犬病再興・犬での発生確認(9月10日)~

2013.11.20

RABIES – TAIWAN (18): FERRET-BADGER, FIRST CANINE CASE

******************************************************

[1]

Date: Tue 10 Sep 2013

Source: Focus Taiwan News channel [edited]

日付:2013年9月10日(火)

情報源:フォーカス台湾ニュースチャンネル(編集済)

<http://focustaiwan.tw/news/asoc/201309100022.aspx>

Taiwan reports 1st case of canine rabies infection in years

台湾は長きにわたって発生していなかったイヌ狂犬病の最初の事例だと報告した。

———————————————————–

The Central Epidemic Control Center confirmed on Tuesday [10 Sep 2013] that a pet dog in Taitung County, eastern Taiwan has been infected with rabies after being bitten by a rabid Formosan ferret-badger. It is the 1st time the deadly disease has been found in dogs in Taiwan since a rabies outbreak was reported among ferret-badgers in mid-July [2013] after a hiatus of more than 5 decades. Before this case, all infections have been confined to ferret-badgers except for one case involving an Asian house shrew, the Center stated.

中央伝染病管理センターは火曜日(2013年9月10日)、台湾東部の台東県内で飼育されていた一頭の飼育犬が、狂犬病を発症したタイワン(シナ)イタチアナグマに咬まれた後、感染していたことを確認した。50年以上の空白のあと2013年7月中旬にイタチアナグマの中で流行が報告されて以来、台湾のイヌにおいて見つかった最初の致死的疾病である。この事例以前では一頭のアジアイエトガリネズミを伴う事例を除いてすべての感染はイタチアナグマに限られているとセンターは語った。

It urged dog owners to get their dogs aged over 3 months old vaccinated and not to allow dogs younger than that to have contact with wild animals. It said the 6-week old puppy being raised in Haiduan Township was bitten by the rabies-infected ferret-badger on 14 Aug 2013 and the owner sent it to the Taitung County Animal Disease Control Center the following day. The Center noted that during the observation period, the puppy started to show symptoms of no appetite and extreme depression by 6 Sep 2013. It was put down after displaying signs of near collapse 2 days later. The carcass was then sent for testing, which confirmed on 9 Sep 2013 that it had been infected.

センターはイヌの飼い主は3ヶ月令を超えるイヌにワクチン接種をすること、そしてそれより若齢のイヌは野生動物と接触しないよう要請している。また、センターは、海端郷(台東県)で生まれた6週令の子犬が2013年8月14日に狂犬病に感染したイタチアナグマに咬まれ、飼い主は後日、その子犬を台東県動物疾病管理センターに送った、と述べた。センターは観察期間中、2013年9月6日までに子犬は食欲が廃絶し、強い抑鬱の徴候が現れ、2日後にはほとんど虚脱の徴候を示したのちに、安楽死された。死体は検査のため検査室に送られ、2013年9月9日に狂犬病に感染していることが確認された。

A Council of Agriculture (COA) official said Tuesday [10 Sep 2013]

that the disease is well under control. Chang Su-san, director of the COA’s Bureau of Animal and Plant Health Inspection and Quarantine, noted that the dog was only 6 weeks old and had not been vaccinated. The epidemic control center urged people to keep their distance from wild animals and to make sure their pets are vaccinated. The vaccination rate among dogs and cats is now over 90 percent, it said. If pets display erratic behavior such as appetite loss, restlessness, or aggression, owners should alert animal disease control centers immediately, the center said.

農業委員会の担当者は火曜日(2013年9月10日)、疾病は良好な管理下にあると語った。農業委員会動植物衛生監視検疫局長のChang Su-sanは、子犬はわずか6週令であり、ワクチン接種を済ませていなかったことを指摘した。流行管理センターは、野生動物とは距離を置き、ペットにワクチン接種を確実に行うよう住民に要請した。当局はイヌやネコのワクチン摂取率は今や90%以上であると述べた。もしペットが食欲がなくなったり、落ち着かなくなったり、攻撃的になったりするという異常な行動を示したら、飼い主は直ちに動物疾病管理センターに警告を発するべきであると当局は述べた。

[Byline: Lung Jui-hsiang, Lilian Wu]

Communicated by:

ProMED-mail from HealthMap Alerts

<promed@promedmail.org>

******

[2]

Date: Tue 10 Sep 2013

Source: Taiwan CDC [edited]

<http://www.cdc.gov.tw/info.aspx?treeid=45da8e73a81d495d&nowtreeid=1bd193ed6dabaee6&tid=92C4CF842D6DC181>

The Central Epidemic Command Center (CECC) indicates that the Council of Agriculture Animal Health Research Institute reported rabies in a dog sent in by the Taitung Animal Disease Control Center on September 9 [2013]. The dog was confirmed to have rabies after direct immunofluorescent testing and RT-PCR. The dog belonged to a resident in Haiduan, Taitung, and was bitten by a rabid ferret-badger in the evening of August 14 [2013].

中央伝染病指令センター(CECC)は、農業委員会動物衛生研究所は9月9日(2013年)、台東動物疾病管理センターにより送られて来たイヌの狂犬病を報告した、と示している。そのイヌは直接免疫蛍光抗体法およびRT−PCRの検査の結果狂犬病であることが確認された。そのイヌは台東県海端郷の住人が飼育していて、8月14日(2013年)の夜、狂犬病に罹患したイタチアナグマに咬まれた。

On August 15 [2013], the dog owner sent the dog to the Taitung Animal Disease Control Center for quarantine and observation. On September 6 [2013], the dog began to show symptoms of decreased appetite and depression, and had paralysis on September 8 [2013]. After the dog was sacrificed on September 8, specimen were sent to the Animal Health Research Center. COA indicates that all warm blooded animals are susceptible to rabies. The said dog was only 1.5 months old, and fairly small. COA suspect that the puppy was more susceptible to attacks by ferret-badgers. The puppy was quarantined based on the protocol from Kansas, which prescribes quarantining dogs bitten by another animal for 6 month.

8月15日(2013年)、飼い主はそのイヌを台東動物疾病管理センターに隔離と観察のために送った。9月6日(2013年)、そのイヌは食欲が減退し、抑鬱の徴候を示し始め、9月8日(2013年)麻痺となった。9月8日に安楽殺処分されたあと、検査材料は動物衛生研究所に送られた。農業委員会はすべての温血動物は狂犬病に感受性があると示している。前述のイヌはわずか1.5ヶ月令であり、かなり小さかった。農業委員会は、子犬は(成犬より)イタチアナグマの攻撃の影響を受けやすかったのではないかと考えている。その子犬は、他の動物に咬まれたイヌを6ヶ月間隔離するという規定を設けたカンザス州の方法に基づいて隔離された。

Communicated by:

ProMED-mail

<promed@promedmail.org>

[This the 1st report of a domestic animal contracting rabies virus infection from a wild ferret badger in Taiwan. Up till now there has been little apparent contact between domestic animals and ferret badgers. Fortunately protective immunisation of domestic animals (dogs and cats) now exceeds 90 percent, and this canine case will remain a rare event. However, this case suggests that rabies-virus infected ferret-badgers are becoming more aggressive than is their usually habit. Consequently the human population should avoid contact with any ferret badgers they might encounter. Facilities for post-exposure prophylaxis should be made available widely.

この事例は、台湾において、野生のイタチアナグマから飼育動物に狂犬病ウイルスの感染が起きた最初の報告である。現在までのところ、飼育動物とイタチアナグマの間にはほとんど明らかな接触はない。幸運なことに飼育動物(イヌおよびネコ)の感染防御のための免疫化は今や90%を超えており、このイヌ事例はまれな出来事に留まっている。しかしながら、この事例は狂犬病ウイルスに感染した(訳者注:狂犬病を発症した)イタチアナグマは普段の習性より攻撃的になることを示唆している。したがって、住民は出くわすかもしれないいかなるイタチアナグマとの接触を避けるべきである。暴露後発症予防処置のための施設は広く利用できるようにするべきである。

This report does not indicate the fate of the ferret badger responsible for this attack, and it seems likely that such encounters will occur with increasing frequency. It also suggests that rabies virus infection is on the increase in the ferret badger population of Taiwan, rather than existing in a balanced state which kept the disease from becoming apparent. – Mod.CP

この報告では今回の犬を攻撃したイタチアナグマの結末が示されていない。この様な出会う頻度が高まっているのであろう。また、狂犬病の感染が台湾のイタチアナグマ集団に平衡状態で存在するよりむしろ次第に増加していることが示唆される。

PageTop