Home >News > ProMED翻訳情報(205回) ~台湾での狂犬病再興・犬での発生に対する意見(9月11日)~

ProMED翻訳情報(205回) ~台湾での狂犬病再興・犬での発生に対する意見(9月11日)~

2013.11.20

RABIES – TAIWAN (19): FERRET-BADGER, COMMENT

狂犬病 – 台湾(19) : イタチアナグマ、コメント

********************************************

Date: Wed 11 Sep 2013

From: Merritt Clifton <anmlpepl@whidbey.com>

 

A comment on the significance of the 1st case of canine rabies in Taiwan

台湾におけるイヌ狂犬病の最初の症例の重要性についてのコメント

———————————————————————-

In ProMED-mail post: Rabies – Taiwan (18): ferret-badger, 1st canine case 20130910.1934959, the Moderator commented that: However, this case suggests that rabies-virus infected ferret-badgers are becoming more aggressive than is their usual habit.

ProMED-mail に届いたTaiwan (18): ferret-badger, 1st canine case 20130910.1934959について、モデレーターは次のようにコメントした。”しかしながら、この症例は、狂犬病ウイルスに感染したイタチアナグマがそれらの通常の習性よりも攻撃的になっていることを示唆している。”

 

Actually I think it signifies something else, equally dangerous.

Normally a ferret-badger is reclusive and nocturnal, much like bats, but when rabies scrambles their mental functions, as with bats, they might wander into proximity of humans, including children, and other animals.

実際私は、それが同じように危険な何か他のものを意味すると思う。通常は、イタチアナグマはコウモリのように、隔離された場所にいて夜行性である。しかし、狂犬病が彼らの精神機能を混乱させれば、コウモリのように、子供を含む人間や他の動物の近くへ迷い込むかもしれない。

 

A 6-week-old puppy, like the one who became rabid, is going to play with anything that moves. Likewise, most other dogs and cats will investigate whatever moves; children will play with any animal they can catch; and most pigs will curiously nudge any unfamiliar animal or object with their noses.

狂犬病になった人のように6週令の子犬は、動くものには何とでも遊ぼうとする。同様に、ほとんどの他のイヌとネコは、動くものすべてを確かめるであろう;子供は自分達が捕らえることができるどんな動物とも遊ぶだろう;そして、多くのブタは、見慣れない動物や物でも、もの珍しそうに鼻でそっと動かすであろう。

 

Pigs rarely are exposed to other forms of rabies, but because pigs are the most abundantly raised livestock in Taiwan, and because many pigs in Taiwan are still raised outdoors, some in semi-forested environments close to ferret-badger habitat, I wouldn’t be surprised to see pigs becoming infected if this outbreak continues to spread.

ブタは狂犬病の他の型にめったに曝露されないが、ブタが台湾で最も多く飼育されている家畜であり、台湾のブタは未だ屋外(イタチアナグマの住む半樹林で)で飼育されているので、この発生が広がり続けるなら私はブタが感染しても驚かないであろう。

PageTop