Home >News > ProMED翻訳情報(206回) ~台湾での狂犬病再興・ペットへの対応(9月12日)~

ProMED翻訳情報(206回) ~台湾での狂犬病再興・ペットへの対応(9月12日)~

2013.11.20

RABIES – TAIWAN (20): FERRET-BADGER, UPDATE
*******************************************

Date: Thu 12 Sep 2013

Source: Focus Taiwan, Central News Agency (CNA) report [edited]
<http://focustaiwan.tw/news/asoc/201309120016.aspx>

The Central Epidemic Command Center (CECC) for Rabies stated Thursday[12 Sep 2013] that 4 more Formosan ferret-badgers have tested positive for rabies, bringing the number of confirmed infections to 130 since mid-July[2013], when the 1st case in Taiwan for over 5 decades was reported. 2 of the new confirmed cases were reported in Nantou County’s Lugu Township and one each from Nantou’s Shueili Township and Taitung County’s Guanshan Township, according to the center.
狂犬病中央伝染病指令センター(CECC)は木曜日[2013年9月12日]に、さらに4頭のタイワンイタチアナグマが検査の結果狂犬病陽性で、50年以上の間の最初の報告が7月中旬[2013年]にされて以来感染確定数が130頭になったと述べた。センターによると、新たに確認された2症例は南投県の鹿谷郷で、他の各1症例ずつが南投県の水里郷と台東県の関山鎮だったと報告された。
As of a day earlier [11 Sep 2013], a total of 541 wild carnivorous animals had been tested for the infectious disease. Of those, 128 wild Formosan ferret-badgers were found to be infected, CECC data show. The other 2 cases involved an Asian house shrew and a pet dog. There have been no reports of human infection.
前日[2013年9月11日]の時点で、総数541頭の野生肉食動物が感染症の検査をされている。CECC資料によると、このうち、128頭の野生タイワンイタチアナグマが感染していることが判明した。他の2症例はアジアイエトガリネズミとペットの犬です。ヒトへの感染は報告されていません。
The cases were reported in 47 townships and districts in 9 counties and municipalities in central, southern and eastern Taiwan, the CECC said.
症例は、台湾中央部、南部および東部の9つの県と自治体における47の郷と地域で報告されたとCECC は述べた。

The center said it will provide 8500 extra doses of rabies vaccine for use on dogs and cats in ferret-badger-infested areas and another 720 doses to animal shelters. Vaccinations of dogs and cats are continuing across the island, the center said, urging dog and cat owners to get their pets aged over 3 months old vaccinated and not to allow those younger than that to be in contact with wild animals. If pets display erratic behavior such as appetite loss, restlessness or aggression, owners should immediately inform local animal disease control centers, the Center said.

センターは、イタチアナグマのはびこる地域の犬と猫に使用するために臨時に8,500ドーズ、そして動物保護施設に別の720ドーズの狂犬病ワクチンを提供する、と述べた。犬や猫の予防接種は島全体で継続し、犬と猫の所有者にペットの年齢が3ヶ月以上なら予防接種をさせ、それより幼いなら野生動物と接触させないように勧告しているとセンターは述べた。ペットが食欲不振、落ち着きのなさや攻撃性などのような異常行動を示す場合、所有者は直ちに地元の動物疾病制御センターに通報すべきである、とセンターは述べた。

[Byline: Lin Hui-chun, Christie Chen]


Communicated by:
ProMED-mail from HealthMap Alerts
<promed@promedmail.org>

[The number of rabid ferret-badgers continues to rise, but only 2 other animals (a house shrew and a domestic dog) have contracted the disease. So far the CECC has provided no estimate of the ferret-badger population size in Taiwan, making it difficult to put these data in perspective. A more detailed analysis would be welcomed.
[狂犬病に罹ったイタチアナグマの数は上昇し続け、病気に感染した他の動物は2頭(トガリネズミと飼い犬)だけである。これまでのところCECCは、大局的に資料を見積もることは困難ではあるが、台湾のイタチアナグマ総頭数の推定値を提供していない。より詳細な分析は歓迎されるだろう。

PageTop