Home >News > ProMED翻訳情報(207回) ~台湾での狂犬病再興・過去の検体での感染確認(9月17日)~

ProMED翻訳情報(207回) ~台湾での狂犬病再興・過去の検体での感染確認(9月17日)~

2013.11.20

RABIES – TAIWAN (17): FERRET-BADGER, ANALYSIS OF ARCHIVED SPECIMENS
*******************************************************************
狂犬病 - 台湾(17) イタチアナグマ、

Date: Fri 7 Sep 2013
Source: Taipei Times [edited]
<http://www.taipeitimes.com/News/taiwan/archives/2013/09/07/2003571570>

 

A retrospective study conducted by the Council of Agriculture (COA) shows that rabies virus has been present in Taiwan for at least 3 years, as 5 of the 13 Formosan ferret-badger samples preserved since July 2010 have recently been tested and found to be positive for rabies [virus], the Central Epidemic Command Center (CECC) said
yesterday [6 Sep 2013].
2010年7月から保存されていた13頭のタイワンイタチアナグマ サンプルのうち、5頭が最近になって始められた検査により狂犬病ウイルス陽性となり、この農業委員会が行った後ろ向き研究によって狂犬病ウイルスは少なくとも3年間は台湾に存在していることがわかった、と昨日狂犬病中央伝染病司令センターから報告があった。
A total of 17 ferret-badgers preserved by the council’s Endemic Species Research Institute had been sent for testing, 4 of which lacked enough brain tissue to be tested. However, 5 of the remaining 13 samples were tested using [a] fluorescent antibody test and a reverse transcription polymerase chain reaction [assay] for a retrospective [analysis] and were found to contain rabies antibodies and nucleic acids, the agency said. The center said that of the 13 samples, the oldest dated back to 17 Jul 2010 and was collected in Nantou County’s Guosing Township. These results have indirectly confirmed that this strain of rabies is not new to Taiwan, the center stated, adding that it will report its latest findings to the World Organisation for Animal Health [OIE].
固有種調査研究所で保管されていた、計17頭のイタチアナグマが検査に用いられ、そのうち4頭は検査に必要な脳組織量が不足していた。しかし、残りの13頭中5頭分が、回顧的調査のために蛍光抗体と逆転写ポリメラーゼ連鎖反応を用いて検査され、狂犬病ウイルス抗原とウイルス核酸を持っていることが分かったと機関は述べている。狂犬病中央伝染病司令センターは13サンプル中、一番古いものでは南投 県の国姓郷で採取されたもので、2010年7月17日にまでさかのぼる。これら結果は、この狂犬病ウイルス株が台湾にとって新しいものでは無い事を間接的に裏付けており、この最新の調査結果は国際獣疫事務局へ報告されるとセンターは述べた。(抗体は抗原の間違い)

 

Four of the 5 positive samples were from Nantou County, and one was from Chiayi County, which are among the 9 rabies-affected regions where rabies-infected ferret-badgers have been found earlier this year [2013], Director of the council’s Bureau of Animal and Plant Health Inspection and Quarantine Chang Su-san said. “The preserved samples collected from other counties such as Taoyuan County have tested negative for rabies. These results match our expectations,” Chang added.
5陽性検体中4検体が南投県から、残りの一つは嘉義県からで、両県には狂犬病感染イタチアナグマが今年度(2013年)のはじめに発見された9つの狂犬病発生区域がある、と動植物健康監視検疫局の局長であるChang Su-sanは述べた。加えて、『桃園県など、他の県から集められ、保存されていたサンプルは狂犬病診断で陰性であった。これらの結果は我々が思っていた通りだ。』とChang氏は述べた。
Although the latest tests found that rabies has been in the country for at least 3 years, the surveillance of the disease in other animals such as dogs, cats, and bats in the past 3 years has not detected cross-species transmission of the virus, the center said.
最新の診断結果から国内に狂犬病が少なくとも3年間は存在していたことが判ったが、犬、猫およびコウモリなど他の動物における過去3年間の疾病調査では種を超えた感染は発見されていないとセンターは述べた。
As of 3 Sep [2013], a total of 490 wild carnivores had been tested for the disease, according to the command center. Of the 112 confirmed rabies infections, only one was an infected Asian house shrew, while all of the rest have been ferret badgers.
指令センターによると2013年9月3日の時点で、合計490頭の肉食動物に狂犬病診断検査を行っている。そのうち112頭が狂犬病に感染していると確定診断され、一例のアジアイエトガリネズミを除き、全てイタチアナグマであった。
[Byline: Alison Hsiao]


Communicated by:
ProMED-mail
<promed@promedmail.org>

[As of 5 Sep 2013, the total number of confirmed rabies virus infections of wild Taiwanese ferret-badgers was 112 animals since the disease was 1st detected in mid-July 2013, after an apparent absence of 52 years. This new analysis of 13 archived specimens of ferret badgers has found 4 rabies-virus-positive specimens which date back to 2010. Therefore, rabies virus was present in the island of Taiwan at least as far back as 2010 and very likely much further back. Although rabies virus infection of domesticated animals has not been detected for at least 52 years, it cannot now be concluded that rabies was ever eradicated from the island, although it is still a possibility that the virus was reintroduced into wild animals more recently. The shy and retiring habit of ferret-badgers and their lack of contact with both wild and domesticated animals and humans may have allowed rabies virus infection to have persisted in Taiwan for a long period.
2013年9月5日現在、公表上52年ぶりとなる2013年7月中旬の初回発見から、狂犬病感染が確定診断された野生タイワンイタチアナグマは総計112頭である。

この13頭の保存されていたイタチアナグマ標本の新たな分析により、うち4頭が狂犬病ウイルス陽性であることが判明し、標本の採取された日付は2010年にまでさかのぼる。そのため、狂犬病ウイルスは台湾島に少なくとも2010年から存在していたことになり、さらに過去に遡る可能性が高い。少なくとも52年間は飼育動物における狂犬病ウイルスの感染は確認されていないが、現時点では狂犬病が島内からずっと撲滅されていたとは結論づけることは出来ない。また、ウイルスが最近になって野生動物に再侵入した可能性も残る。臆病で物陰に隠れて生活するイタチアナグマは野生や飼育動物および人と接触することがなく、そのために台湾国内で長期に渡って狂犬病が存在し続けることができたのだろう。

PageTop