Home >News > ProMED翻訳情報(210回) ~イスラエルでの拾った犬からの狂犬病暴露疑い~

ProMED翻訳情報(210回) ~イスラエルでの拾った犬からの狂犬病暴露疑い~

2013.11.28

RABIES, ANIMAL – ISRAEL (02): NORTHEAST, DOG-MEDIATED, HUMAN EXPOSURE
SUSPECTED
狂犬病、動物-イスラエル(02):北東、犬媒介、人暴露疑い
*******************************************************************************
Date: Tue 10 Sep 2013
2013年9月10日
Source: Times of Israel [summ., edited]
出展:タイムス オブ イスラエル
<http://www.timesofisrael.com/soldier-who-sparked-rabies-concern-turns-self-in/>

An IDF [Israel Defense Forces] soldier who was being sought by authorities after bringing a rabies infected puppy to a veterinary clinic, checked in at a Health Ministry regional office along with 7 of his comrades after reports he was being searched for.
狂犬病感染子犬が獣医診療所に搬入後に、当局により捜索されていたIDF(イスラエル国防軍)兵士は、彼が捜索されているという知らせをうけて、彼の同僚の7名とともに厚生省地方事務所へ出頭した。

One of the group has already been tested for the deadly virus [see comment] and the rest will be tested later on Tuesday [10 Sep 2013], Ynet reported. None of the soldiers appeared to show any symptoms of rabies.
その集団のうちの一名は、すでにその致死的ウイルスに対する検査(コメント参照)を受けていた。残りのメンバーは、遅れて火曜日(2013年9月10日)に検査されるであろうとYnetが報告した。兵士達のうち誰も狂犬病のいかなる症状も示していなかった。

The Health Ministry and the IDF desperately searched for the soldier throughout Monday [9 Sep 2013] amid concerns that he may have been exposed to rabies and could have been infected by the virus.
厚生省及びIDFは、彼が狂犬病に暴露され、ウイルスに感染を受けたかもしれないという懸念の渦中であった月曜日(2013年9月9日)一日中必死になってその兵士を探した。

According to the IDF, the soldier dropped off an injured black puppy on 28 Aug 2013 at a veterinary clinic in the Golan Heights town of Katzrin, then presumably returned to an army base in the area.
IDFによれば、その兵士は、傷ついた黒い子犬を2013年8月28日にKatzrinのゴラン高原の獣医診療所で降ろした。そして、たぶんその地域の軍基地に帰ったのであろう。

The puppy was later found to have contracted rabies.
その子犬は、後に狂犬病に感染していたことがわかった。

Following the diagnosis, the Health Ministry immediately notified the IDF, requesting that the army track down the soldier, who authorities believed may have been in need of critical treatment.
その診断をうけて、厚生省は当局が医療処置の必要性を確信したその兵士を突き止めるように要請、即座にIDFへ注意喚起した。

Once the rabies virus penetrates a subject’s body, he or she must be vaccinated as soon as possible before the virus can make its way to the nervous system. If the subject is not vaccinated in time, symptoms will begin to develop, ultimately leading to the subject’s death, as there is currently no effective treatment for the disease once it has
[started].
[Byline: Adiv Sterman, Stuart Winer]
狂犬病ウイルスが、患者体内に侵入したら、誰でもウイルスが神経組織に入り込んでしまう前にできるだけ早くワクチンを受けなければならない。もし、患者が適切な時期にワクチンを受けなかった場合には発病し、現在のところ、ひとたび症状の発現が始まってしまうと有効な治療法はないので最終的には患者の死を招く。

Communicated by:
ProMED-mail

<promed@promedmail.org>

[The information above on “testing” of the exposed person(s) for rabies is rather misleading. Unfortunately, the virus can be identified only after the onset of clinical disease or following autopsy. No tests are available to diagnose rabies infection in humans before the onset of clinical disease.
狂犬病に暴露された人の検査に関する上記の情報は、おそらく誤解している。残念ながら、そのウイルス(狂犬病)は臨床的疾患の発病後または検視解剖後にのみ検出が可能である。人への狂犬病感染診断は、臨床的発病の以前にはどのような検査も無効である。

Reportedly, the soldier has been interviewed by the public health authorities about the timetable and the intensity of his contact with the puppy before delivering it to a veterinary clinic on 28 Aug 2013,and immediately received the prescribed post-exposure treatment,namely a combination of human rabies immune globulin (HRIG) and (HDCV)vaccine.
報告によれば、その兵士は2013年8月28日にその子犬を獣医診療所に届ける前の時間的経緯と子犬との接触の程度について公衆衛生当局による問診を受けた。そして直ちに規定の暴露後免疫処置を受けた。すなわち、人の狂犬病免疫グロブリン(HRIG)及びワクチン(HDCV)の併用である。

Procedures undertaken in relation to the other contacts were in line with the prevailing guidelines for the post-exposure prophylaxis of rabies in humans. – Mod.AS
その他の接触者に施した処置は、ヒト狂犬病暴露後予防の通常のガイドラインにしたがって行われた。

PageTop