Home >News > ProMED翻訳情報(211回) ~ネパールにおける野犬からの狂犬病感染による複数名の死亡~

ProMED翻訳情報(211回) ~ネパールにおける野犬からの狂犬病感染による複数名の死亡~

2013.11.28

RABIES – NEPAL (02): (JAJARKOT), CANINE, HUMAN
**********************************************
狂犬病-ネパール(02): Jajarkot、犬、人
Date: Sun 15 Sep 2013
Source: The Himalayan Times [edited]
<http://www.thehimalayantimes.com/fullNews.php?headline=3+people+die+of+rabies+in+Jajarkot&NewsID=390846>

3 people died of rabies [virus] infection after being bitten by stray dogs in the district recently. The deceased were a 53-year-old father and his 22-year-old daughter of Dhime VDC-1 and a 48-year-old man of Dhime VDC-5.
最近Jajarkot郡で野良犬に咬まれた後、狂犬病ウイルス感染により3人が死亡した。亡くなったのはDhime VDC-1の53才の父親と22才の娘、Dhime VDC-5の48才の男性である。(注:VDC = village development committee, 村開発委員会)

More than 24 villagers have been suffering from the disease after being bitten by stray dogs at Dhime and Jagatipur VDCs. The patients died due to shortage of anti-rabies vaccine at the District Hospital.
DhimeやJagatipurでは、これまでに24人以上の村人が野良犬に咬まれた後この病気に罹っている。罹患者は地域病院における抗狂犬病ワクチンの不足によって亡くなっている。

The stock of vaccine has run out, and the hospital has demanded more vaccine from the Regional Health Office, said Dhir Jung Shah, Assistant Chief of the District Public Health Office, Jajarkot.
ワクチン在庫が底をついており、病院は地域保健所に対してワクチンの更なる供給を要求している、とJajakkot郡保健所の副主任であるDhir Jung Shah氏は述べている。


Communicated by: ProMED-mail <promed@promedmail.org>

[Rabies is a vaccine-preventable disease. The most cost-effective strategy for preventing rabies in people is by eliminating rabies in dogs through vaccination. Vaccination of animals (mostly dogs) has reduced the number of human (and animal) rabies cases in several countries, particularly in Latin America [and eliminated street rabies from the USA. – Mod.JW]. Preventing human rabies through control of domestic dog rabies is a realistic goal for large parts of Africa and Asia and is justified financially by the future savings of discontinuing post-exposure prophylaxis for people. The problem in Nepal is a consequence of inadequate provision of rabies vaccine for both pre and post exposure vaccination, no doubt ultimately due to financial constraints.
狂犬病はワクチンにより予防が可能な疾患である。人の狂犬病を予防する戦略として、最も費用対効果の高いのは、ワクチン接種により犬の狂犬病を排除することである。いくつかの国において、特にラテンアメリカで、動物(ほとんどが犬)へのワクチン接種により人(および動物)の狂犬病症例数を減少させている。(アメリカでは路上(都市型?)狂犬病を排除した)
飼育犬の狂犬病を制御することにより、人の狂犬病を予防することは、広範囲にわたるアフリカやアジアの現実的な目標であり、人への曝露後ワクチンを今までのように使う事無く将来的に節約ができるため、財政的に理にかなっている。ネパールにおける問題は、曝露前および曝露後予防接種用の狂犬病ワクチン供給が不十分なことによる結果であり、結局、財政的な制限によるところであるのは疑いようがない。

Safe, effective vaccines can be used for pre-exposure immunization (PEP). This is recommended for travellers spending a lot of time outdoors, especially in rural areas, being involved in activities such as bicycling, camping, or hiking as well as for long-term travellers and expatriates living in areas with a significant risk of exposure.
安全で効果的なワクチンは曝露前免疫化(PEP)としても用いられる。長時間屋外で過ごす予定の多い旅行者、特に地方への旅行やサイクリング、キャンプ、ハイキングなどの活動を伴う旅行者、また同様に長期旅行者や曝露リスクが有意に高い地域に居住する駐在員は、このワクチン接種が勧められる。
(注:通常PEPと略す場合、曝露後ワクチン(Post Exposure Prophylaxis)を指すのに使用する気がします。)

Pre-exposure immunization is also recommended for people in certain high-risk occupations such as laboratory workers dealing with live rabies virus and other rabies-related viruses (lyssaviruses), and people involved in any activities that might bring them professionally or otherwise into direct contact with bats, carnivores, and other mammals in rabies-affected areas. As children are considered at higher risk because they tend to play with animals and may receive more severe bites, or may not report bites, their immunization could be considered if living in or visiting high risk areas.
曝露前免疫化は、生きた狂犬病ウイルスや他の狂犬病ウイルス関連ウイルス(リッサウイルス)を扱う研究室職員のような幾つかのハイリスクな職業についている人、狂犬病汚染地域においてコウモリや肉食獣または他のほ乳類を職業として持ち運ぶ、あるいは直接接触するかもしれない活動に従事する人々など、にも勧められます。

Prompt wound care and the administration of rabies immune globulin (RIG) and vaccine are highly effective in preventing human rabies following exposure. A variety of empirical schedules and vaccine doses have been recommended over time, based in part on immunogenicity and clinical experience in areas of the world with enzootic canine or wildlife rabies. As more potent vaccines were developed, the number of vaccine doses recommended for PEP has decreased, and studies aimed at further revision and reduction of PEP schedules and doses in humans have been encouraged. By the latter half of the 20th century, a 4- to 6-dose, intramuscular regimen using human diploid cell vaccine (HDCV) or purified chick embryo cell vaccine (PCECV) was being recommended.
迅速な傷の手当と狂犬病イムノグロブリン(RIG)ワクチンの接種は、曝露後に人の狂犬病発症を予防するのに非常に効果的である。様々な実証済みのワクチン接種スケジュールと量が、免疫原性や犬および野生動物の狂犬病が地方病化している各地域での臨床経験に基づいて昔から推奨されてきている。より強力なワクチンが開発されるにつれ、PEPに使用するワクチン接種量は減量されてきており、人のPEPスケジュールおよび接種量の更なる見直しと減少に向けた研究が奨励されている。20世紀後半までは、ヒト2倍体細胞ワクチン(HDCV)か精製鶏胚ワクチン(PCECV)を4から6回の筋肉内接種することが推奨されてきた。

In the USA, a 5-dose PEP vaccine regimen was adopted during the 1980s. In 2007, when human rabies vaccine was in limited supply, an ad hoc National Rabies Working Group was formed to reassess the recommendations for rabies prevention and control in humans and other animals. In 2008, a smaller Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) Rabies Workgroup was formed to review rabies vaccine regimen options. This report provides updated ACIP recommendations regarding the use of a 4-dose vaccination regimen, replacing the previously recommended 5-dose regimen, for rabies PEP in previously unvaccinated persons.
アメリカでは5接種量のワクチン処方が1980年代に採用された。ヒトの狂犬病ワクチン供給量が限定されていた2007年に、臨時国家狂犬病検討委員会がヒトと動物の狂犬病予防および制御に対する勧告を再検討するために創設された。
2008年にはより小規模の免疫診療諮問委員会(ACIP)狂犬病検討委員会が設置され、狂犬病ワクチン処方のオプションが再検討された。この報告書では、狂犬病PEPを受けた事の無い人に対して、以前推奨されていた5接種量処方に代わる、4接種量ワクチン接種処方の使用に関する更新されたACIP勧告を提言している。

Jajarkot District is one of the 75 districts of Nepal. The district, with Jajarkot as its district headquarters, covers an area of 2230 square km and had a population of 171 304 in 2011. – Mod.CP
Jajarko郡はネパールの75ある郡の一つである。郡の面積は2230平方メートルで、 人口は2011年の時点で171,304人である。

PageTop