Home >News > ProMED翻訳情報(212回) ~イスラエルにおける拾った犬からの狂犬病暴露疑い(210回の関連)~

ProMED翻訳情報(212回) ~イスラエルにおける拾った犬からの狂犬病暴露疑い(210回の関連)~

2013.11.28

RABIES, ANIMAL – ISRAEL: NORTHEAST, DOG-MEDIATED, HUMAN EXPOSURE SUSPECTED
**************************************************************************
Date: Mon 9 Sep 2013
Source: Times of Israel [edited]
<http://www.timesofisrael.com/idf-searches-for-soldier-who-may-have-contracted-rabies/>

According to the IDF [Israel Defense Forces], a soldier, whose identity has yet to be determined, dropped off a wounded black puppy on 28 Aug 2013 at a veterinary clinic in the Golan Heights town of Katzrin then returned to an army base in the area. The puppy was later found to have contracted rabies.

イスラエル国防軍(IDF)によると、身元は明らかにされていないが、2013年8月28日に、ゴラン高原のKatzrinという町の獣医の診療所に、一人の兵士が傷ついた黒い子犬を預け、その地域の基地に帰って行ったという。その子犬は、後で狂犬病に罹っていることが分かった。

Following the diagnosis, the Health Ministry immediately notified the IDF, requesting that the army track down the soldier, who authorities believe may be in need of critical treatment.

診断の後、保健省はただちにIDFにその兵士を突き止めることを要求し、当局が火急の治療が必要である場合があると認識していると通知した。

Once the rabies virus penetrates a subject’s body, he or she must be vaccinated as soon as possible before the virus can make its way to the nervous system. If the subject is not vaccinated in time, symptoms will begin to develop, ultimately leading to the subject’s death, as there is currently no effective treatment for the disease once it has spread.

一旦狂犬病ウイルスが体内に侵入してしまうと、彼/彼女はウイルスが神経系に入り込む前に、出来るだけ急いでワクチンを受けなければならない。もしワクチンの接種が間に合わなければ、発病し、最後には死に至る。現在のところ、一度(ウイルスが)体内に広がってしまえば、それを治す効果的な治療法はない。

As of Monday [9 Sep 2013], authorities said the soldier had yet to be located. In 1996, an IDF soldier died of rabies after he was bitten in his sleep by an infected wild [small, unidentified] animal.

月曜日(2013年9月9日)に、当局は兵士の所在はまだ分からないと発表した。1996年には、IDFの兵士が、寝ている間に(狂犬病に)罹患した野生動物(小動物、種不明)に噛まれ(て発症し、)死亡している。

The Health Ministry urged anyone who may have been in contact with the puppy to seek medical assistance as soon as possible. The ministry further advised individuals who had been in contact with another rabid canine, a large German shepherd belonging to a family in the northern town of Sha’al, to seek immediate assistance as well.

保健省は、その子犬に接触したと思われる者は誰であれ、出来るだけ早く治療を受けるようにと強く促している。さらに当局は、Sha’al北部の町に住む家族が飼っているジャーマンシェパードで、狂犬病で発病したもう1頭の犬に接触した者もすぐに治療を受けるよう通告した。

[Byline: Adiv Sterman]
Communicated by:
ProMED-mail

<promed@promedmail.org>

[The Israeli Ministry of Health is engaged in a rigorous effort to locate the person (soldier) who may have been exposed to the puppy at the beginning of its clinical rabies phase; reportedly, the animal died on 7 Sep 2013, about 10 days after its last contact with the person. The whole event took place on the Golan heights in north-east Israel bordering Lebanon, Syria, and north-west Jordan, a region witnessing an exacerbation of canine rabies during the recent 4 years.

イスラエル保健省は、狂犬病の症状が出始めている子犬と接触した者(兵士)を探し出すために全力を挙げている。伝えられたところによると、その子犬は9月7日、すなわちその接触から約10日後に死んでいる。全ての出来事はイスラエル北西部のゴラン高原で起こった。そこはレバノン、シリア(、)そしてヨルダン北西の国境に接している。この地域では最近4年間で、犬の狂犬病の増加が認められている。

The epidemiology of rabies in Israel has undergone a striking change since 2009, namely a significant increase in dog-mediated rabies in the north-east. The implementation of a fox-targeted oral vaccination programme (ORV), starting during the late 1990’s, has almost eliminated fox-mediated rabies, which had been predominant for decades. The recent deterioration, affecting NE Israel where stray dogs and jackals have become the predominant rabies vectors, can be explained by the results of investigations carried out by the Kimron Veterinary Institute (KVI) during 2004-2007.

イスラエルにおける狂犬病の疫学は2009年から劇的に変わった。すなわち、北東部において犬が媒介する狂犬病の事例がかなり増加したのである。1990年代後期に始まったキツネを対象とした経口ワクチン接種プログラム(ORV)の実行により、過去10年間に多発していたキツネが媒介する狂犬病はほとんど姿を消した。近年のイスラエル北東部における状況の悪化は、2004-2007年にかけて調査を行ったKimron Veterinary Institute (KVI)の説明によると、(主として)その地域の野良犬やジャッカルが主な狂犬病のベクターとなっているということである。

Rabies virus isolates from foxes and dogs were found to differ in their molecular characterization, suggesting 2 distinct, separate lineages (see reference below). The transition from fox-mediated to dog-mediated rabies, combined with the high prevalence of canine rabies (also called “urban rabies”) in Syria and Jordan and with lamentably interrupted control upon the stray dog population in Israel, is of great concern to public health because of the close contact between dogs and the human population. Jackals, unlike foxes, seem to be susceptible to the same virus lineage as dogs.

キツネおよびイヌから分離された狂犬病ウイルスは、その分子(学的)性状が異なっており、2つの異なる系統があることを示唆している(下記の文献を参照)。キツネ媒介狂犬病からイヌ媒介狂犬病への変化は、シリアやヨルダンでイヌ狂犬病(都市型狂犬病とも呼ばれている)が蔓延していることや、イスラエルにおける野良犬の頭数コントロールが不幸にして中断してしまったことと関連しており、イヌ-ヒトのつながりは深いこともあり、公衆衛生上の大きな悩みの種となっている。ジャッカルは、キツネと違って、イヌの系統の狂犬病ウイルスに感受性があるようである。

Syria, Jordan, and other countries in the Middle East are long known to be infected by dog-mediated rabies and do not apply oral vaccination.
シリアやヨルダン、その他の中東諸国にイヌ媒介の狂犬病が蔓延していることは長く知られているが、経口ワクチンは使用されていない。

Implementing ORV in a single country within a rabies-stricken region lacking efficient control systems is liable to difficulties. This was predicted by experts during the 1990’s, indicating the vital need for coordinated regional effort.

有効な制御システムがなく狂犬病が蔓延している地域の中にある一国がORVを実施しても、(その成功は)おぼつかない。このことは1990年代に専門家が予測しており、その地域内における協力体制が不可欠であることが明らかになっている。

Since the beginning of 2013, there have been a total of 23 lab-confirmed rabies cases in animals (16 dogs, 4 cows, one horse, one wolf, one jackal). Their static map is available at <http://www.vetserv.moag.gov.il/NR/rdonlyres/27AF2AE4-F690-4D78-8C0D-163E51D1CE17/0/mapa_mikre_kalevet_26813.pdf>.
A dynamic map providing details of each case is available at <http://tinyurl.com/qcr8bnd>.

2013年初頭以来、(イスラエルで)計23件の動物の狂犬病(イヌ16、ウシ4、ウマ1、オオカミ1、ジャッカル1)が実験室内診断で確認された。発生個所の地図は上記のURLで利用できる。個々の事例のさらに詳細な機能的な地図は、上記のURL(先の地図)で知ることができる。

The deteriorating conditions in war-stricken Syria are obviously contributing to the animal health situation on the Golan Heights.
According to a recent FAO report, “Animal vaccination has also stopped in Syria, yet desperate farmers are selling their livestock outside the country. Cases of rabies, bovine TB, and severe afflictions such as lumpy skin disease have already spread from Syria to neighbouring countries in what the FAO calls “a serious regional animal-health problem waiting to explode;” see at <http://www.newscientist.com/article/dn24157#.UimDejbIbjE> (thanks to Correspondent Susan Baekeland).

シリアにおける紛争の悪化は、明らかにゴラン高原における動物の健康状態に影響を及ぼしている。最近のFAOの報告を以下に述べる。「シリアでは動物へのワクチン接種もストップしており、さらに農夫は困窮の余りに家畜を国外へ売り飛ばしている。狂犬病、ウシ結核およびランピースキン病のような重篤な疾病は、すでにシリアから近隣諸国へと拡がっており、FAOは「家畜衛生の火薬庫」と呼んでいる。」(上記URL参照:Susan Baekelandの厚意による)

Israel’s State Veterinary Services (Ministry of Agriculture) have intensified their efforts to vaccinate all domestic dogs on the Golan heights. Free-of charge revaccinations have been added to the regular owners’ paid annual vaccinations. Domestic livestock (cattle, sheep, goats, horses) have been vaccinated as well.

イスラエルのState Veterinary Services(農業省?)はゴラン高原において、全ての飼い犬に対するワクチン接種を強力に推し進めている。有償である年1回の定期的なワクチン接種に加え、無償のワクチンの再接種もなされている。その上、家畜(牛、ヒツジ、山羊、ウマ)へのワクチン接種も行われている。

The last human case of rabies in Israel occurred in 2003. A Bedouin woman, 58, died of rabies in Be’er Sheva’s Soroka Hospital on 9 May 2003 after being bitten by a cat 6-8 weeks earlier (see 20030511.1170).

イスラエルにおける最後のヒト狂犬病事例は2003年(のもの)である。同年5月9日に58歳のベドウィンの女性が、猫に噛まれた6-8週後に、Be’er Sheva’s Soroka病院で亡くなっている。

PageTop