Home >News > ProMED翻訳情報(213回) ~台湾での狂犬病再興・犬への感染確認(9月20日)~

ProMED翻訳情報(213回) ~台湾での狂犬病再興・犬への感染確認(9月20日)~

2013.12.04

RABIES – TAIWAN (21): FERRET-BADGER, CANINE, HUMAN EXPOSURE, UPDATE

*******************************************************************

Date: Fri 20 Sep 2013

Source: Taipei Times [edited]

<http://www.taipeitimes.com/News/taiwan/archives/2013/09/20/2003572592>

As of this week, a total of 131 ferret-badgers, one Asian house shrew and a puppy bitten by a ferret-badger have tested positive for rabies infection, the Central Epidemic Command Center reported yesterday [19 Sep 2013], adding that the number of cities and counties that have confirmed cases of rabid animals remained unchanged at 9.

この週の時点で、合計131匹のイタチアナグマ、1匹のトガリネズミ、1匹のイタチアナグマに噛まれた子犬が狂犬病感染陽性であり、加えて、狂犬病動物症例が確認された都市と県の数は9で変化せずにあると、中央流行指令センターが昨日(2013年9月19日)報告した。

A total of 556 wild carnivores, 273 wildlife animals of other types,714 dogs, 49 cats and 42 bats have been tested as of Tuesday [17 Sep 2013], and the main species found infected with the disease remains the wild Formosan ferret-badger, the center said.

合計、556匹の野生肉食動物、273匹の他の種の野生動物、714匹のイヌ、49匹のネコ、42匹のコオモリが火曜日(2013年9月17日)までに共試され、この疾病の感染が確認される主な種は野生タイワンイタチアナグマのままであるとセンターは述べた。

The authority also reported a case in Taitung in which a man was attacked by a ferret-badger on Sunday [15 Sep 2013].

日曜日(2013年9月15日)にTaitungで男性がイタチアナグマに襲われた事例も当局は報告した。

The man was bitten on his right index finger and right ankle. He received a post-exposure rabies vaccine on Tuesday [17 Sep 2013] when he sought medical attention, and subsequently received human rabies immune globulin (HRIG) on the same day at another facility, Centers for Disease Control Deputy Director-General Chuang Jen-hsiang said.

その男性は、右の人差し指と右の足首を噛まれた。彼は、火曜日(2013年9月17日)に治療を求めた際に、狂犬病ワクチンの曝露後免疫を受け、そして引き続いて同日に他施設にてヒト狂犬病免役グロブリンを接種されたと、疾病管理センター次長のChuang Jen-hsiangは述べた。

The man was scheduled to receive the 2nd dose of vaccine yesterday [19 Sep 2013]. The ferret-badger that caused the injury was sent for testing on Tuesday [17 Sep 2013] and was confirmed of infection on Wednesday [18 Sep 2013] night, bringing the total number of infected ferret-badgers to 132.

その男性は、予防接種の2回目の接種を受けることを、昨日(2013年9月19日)に予定していた。受傷の原因であるイタチアナグマは検査の為に火曜日(2013年9月17日)送られ、水曜日の夜に(2013年9月18日)に感染が確認され、感染イタチアナグマの合計数は132匹となった。

Meanwhile, the 1st rabies infection in a dog, confirmed last week, has stirred another round of debate on whether animal experiments on dogs are to be conducted.

一方、先週確認された、イヌにおける狂犬病第一症例は、イヌでの動物実験を行うべきかどうか再度議論を引き起こした。

The Council of Agriculture said that it would “definitely” conduct animal experimentation. “Experimentation on animals still has to be conducted because the virus strain found in the Formosan ferret-badgers is already an idiosyncratic branch,” the council’s Bureau of Animal and Plant Health Inspection and Quarantine Director Chang Su-san said, adding that the infectivity of the virus in both ferret-badgers and dogs has to be assessed.

動物実験の遂行は確定であろうと、農業評議会は述べる。いまだ動物実験は行われねばならない。なぜならば、タイワンイタチアナグマより見つかったウイルス株は既に特有な枝分かれをしており、加えてイタチアナグマとイヌの双方におけるこのウイルスの感染力は評価されなければならないと、評議会の動植物健康検査検疫支部理事のChang Su-sanは述べる。

However, Tunghai University life science professor Lin Liang-kong has suggested the opposite. He said that following the news about the rabies-infected puppy, a group of researchers have been considering the possibility, based on studies and observation, that bats are the reservoir host of the rabies virus, while ferret-badgers are just the victims. There is no need for testing on dogs, Lin said, adding that healthy ferret-badgers should be captured to see whether they are infected with rabies.

一方で、Tunghai大学生命科学科教授Lin Liang-kongは反対の提案をする。彼は、狂犬病に感染した子犬のニュースを受けて、研究者グループは、調査と観察に基づき、コウモリが狂犬病ウイルスの保有宿主であり、一方イタチアナグマはまさに犠牲者である、との可能性を考慮していると述べた。イヌの試験をする必要は無く、その上、健康なイタチアナグマをそれらが狂犬病に感染しているかを観察するために捕獲すべきである、とLinは述べた。

Lin said ferret-badgers would be proven “innocent” — as in not being the reservoir host of the virus — if found with no virus.

もしウイルスが見つからなければ、ウイルスの保有宿主でないとして、イタチアナグマは無害であると証明されるであろうとLinは述べた。

Bats belonging to genera _Eptesicus_ and _Myotis_ have been confirmed in the US to be the reservoir host, or carrying rabies virus without exhibiting symptoms, according to Lin.

Linによると、クビワコウモリ(Eptesicus)とホオヒゲコウモリ(Myotis)属に属するコウモリは、保毒宿主または無症状で狂犬病ウイルスを保有していることが合衆国で確認されている。

“Bats of both genera can be found in Taiwan. There are 7 species of_Myotis_ bats in the country,” Lin said.

両属のコウモリを台湾で見ることができる。この国には7種のホオヒゲコウモリが存在するとLinは述べた。

The bats living in forests or flying around can easily elude surveillance and their numbers are difficult to estimate. It is possible that the virus had spread to ferret-badgers through the food chain, Lin said.

森に生息しているか、周囲を飛翔しているコウモリは、簡単にサーベイランスをくぐり抜けることができ、それらの数を推定することは難しい。ウイルスが食物連鎖を通じてイタチアナグマに伝搬している可能性があるとLinは述べた。

“If a bat, weakened by the virus, falls to the ground, and its body is then eaten by a ferret-badger, the latter would be running around with the virus and spreading it among its population,” Lin said.

もしもコウモリが、ウイルスにより衰弱し、地表に落下し、その身体がイタチアナグマにより捕食されるならば、その後者は、ウイルスと共に走り回り、その集団にウイルスを広げるであろうとLinは述べた。

As the genetic sequence has shown that the virus strain found in Taiwan has evolved independently for more than 50 years, it is reasonable to assume that it did not evolve with ferret-badgers, which did not exhibit symptoms or infect dogs until very recently, Lin added.

遺伝子の塩基配列により、台湾で見つかったウイルス株は、50年間以上にわたり独自進化していたことが明らかになっているので、イタチアナグマでの進化でないと仮定することが合理的である。それは症状を示さなかったか、ごく近年までイヌに感染しなかった、と、Linは付け加えた。

It shows that ferret-badgers might be the victims, rather than the reservoir host that has been carrying the virus for more than 50 years, Lin said.

イタチアナグマが、50年間以上ウイルスを運び続けた保有宿主であることよりむしろ犠牲者であるかもしれないようにみえるとLinは述べた。

[Byline: Alison Hsiao]

Communicated by:

ProMED-mail

<promed@promedmail.org>

[Research into the epidemiology of rabies in Taiwan, a territory regarded (erroneously?) for decades as free of the disease, is a challenging objective. What/where is the virus reservoir; why, how and when ferret-badgers have become the (new, temporary?) victims; the possible role of other mammals, including bats — these are questions which may take a long time to address. In the meantime and the shorter term, the main concern of the authorities is to keep the virus limited to its sylvatic cycle, to try to prevent its spill-over into susceptible domestic mammals and particularly humans (demonstrated by the recorded human and canine exposures, described above) and,ideally, also to protect the population of the challenged species,ferret-badgers, from the grave danger of extinction.

数十年間疾病が存在しないとみなされた(誤って?)台湾における狂犬病の疫学研究は挑戦的な目標である。なにが/どこが、そのウイルスの貯蔵庫なのか;なぜ、どのように、いつ、イタチアナグマが(新しい、一時的な?)犠牲となったのか;コウモリを含む他の哺乳類の役割の可能性、これら、立ち向かうために長時間必要とするであろう問題がある。一時的かつ短期間での当局の主な関心は、そのウイルスを野生動物間でのサイクルに限局してとどめること、それが感受性のある国内の哺乳類、特にヒトに伝播することの防止を試みること(ヒトとイヌの曝露の記録により証明された、上述に記載された)、理想的には、曝露種、イタチアナグマ集団を重篤な絶滅の危険から保護することである。

Animal experiments might become an essential component of the immediately required, short-term research; in particular, if oral vaccination of the ferret-badgers is to be addressed. Details of plans for such experiments, even during their earliest stages, will be welcomed by ProMED-mail and may save the public’s reservations which,at times, are based upon suspicions due to deficient information. – Mod.AS

直ちに要求される、短期間の研究において、特に、もしイタチアナグマの経口免疫が取り組まれるのであれば、動物実験は必須の要素になるかもしれない。これらの実験計画の詳細は、それら最も初期の段階の間でさえ、ProMED-mailにより歓迎され、そして、時に、不十分な情報を原因とする疑問に基づいた公共の制限を除いてくれるかもしれない。

PageTop