Home >News > ProMED翻訳情報(214回) ~ナミビアでの狂犬病による人死亡事例~

ProMED翻訳情報(214回) ~ナミビアでの狂犬病による人死亡事例~

2013.12.04

RABIES – NAMIBIA: (KAVANGO) CANINE, HUMAN FATALITIES
狂犬病 – ナミビア : (KAVANGO)イヌ、ヒト死亡数

****************************************************

Date: Fri 30 Aug 2013

Source: Malaysian National News Agency (Bernama) [edited] <http://www.bernama.com.my/bernama/v7/wn/newsworld.php?id=973828>

 

In the eastern Kavango region, 2 people have died from rabies over the past 2 months, prompting the Directorate of Veterinary Services (DVS) to embark on a vaccination campaign in the area. The cases were reported at the Nyangana District Hospital, with the incidents occurring at the Shambungu village, situated some 160 kilometres east of Rundu, the Namibia’s Press Agency (Nampa) reported. The Nyangana District Hospital’s Health Inspector, Getrude Mbambo, confirmed the cases, but could not provide details on the deceased as she is not allowed to release the particulars of patients.

東部Kavango地域において、この2ヶ月間で2人が狂犬病で亡くなり、獣医療サービス(DVS)の管理者にその地域でのワクチン接種キャンペーンに乗り出すよう促している。その症例は、Runduの約160キロメートル東へ位置するShambungu村での出来事に関してNyangana地区病院で報告された、とナミビアの通信社(Nampa)が報告した。Nyangana地区ホスピタルの健康診査官であるGetrude Mbamboは、その症例を確認したが、彼女が患者の詳細を公表することを許可されなかったために死亡者の細かい点を提供できなかった。

 

 

The vaccination campaign will start in the Kavango East region on [2 Sep 2013] and will run for the whole week before it moves over to the Kavango West region. Rundu State veterinarian Dr Thompson Shuro also confirmed the rabies’ cases to Nampa on Thursday [29 Aug 2013], saying the deaths occurred sometime between July and 13 Aug [2013]. “The DVS will run a vaccination campaign consisting of 4 teams, targeting over 31 communities in the eastern Kavango region,” he explained. Dr Shuro cautioned dog owners whose dogs had not been vaccinated against the disease to bring them in so as to avoid further losses of lives.

ワクチン接種キャンペーンは、[2013年9月2日]にKavangoの東地域で始まって、1週間継続後にKavangoの西地域に移行するだろう。Rundu州獣医のThompson Shuroもまた[2013年8月29日]木曜日にNampaでその狂犬病症例を確認し、その死は[2013年]の7月と8月13日の間のどこかで起こったと言った。”DVSは、東部Kavango地域の31以上のコミュニティーを対象として、4つのチームからなるワクチン接種キャンペーンを広げる。”と、彼は説明した。Shuro博士は、命のさらなる損失を回避するために、その病気に対するワクチンを受けさせていなかったイヌの飼い主にイヌたちを連れてくるよう警告した。

 

Rabies is a deadly, infectious disease which attacks the central nervous system of animals and people. Its symptoms in dogs include salivating and a change in behaviour where the dog becomes aggressive, while in human beings [initial] symptoms include fatigue, anxiety and sweating.

狂犬病は、動物とヒトの中枢神経系を冒す致死的な感染症である。ヒトの[初期の]徴候が、疲労、不安、発汗を含んでいるのに対して、イヌでのその徴候は、流涎とイヌが攻撃的になるという行動の変化を含んでいる。

 

Communicated by:

ProMED-mail

<promed@promedmail.org>

 

[Earlier in the year [2013] (ProMED-mail post: Rabies, animal – Namibia 20130220.1552096) it was reported that human and animal rabies is increasing every year due to inadequate control measures. It was reported that a significant number of dogs have rabies, resulting in a high transmission rate of the disease to humans and wild animals. Most human and dog deaths due to rabies occurred in the northern communal area, especially the north-central regions. In response to this situation, it was proposed to establish a national rabies committee comprised of all relevant stakeholders. A more aggressive national rabies control strategy would be formulated and fully implemented to intensify public awareness of rabies. It was resolved that a strict, unified policy should be developed to control stray dogs, and an annual budget for rabies control activities would also be created. It is too early to judge whether this policy is being implemented and taking effect. – Mod.CP

[2013年初めのProMED-mail (Rabies, animal – Namibia 20130220.1552096)で、ヒトと動物の狂犬病が不十分な制御方法のために毎年増加していると報告された。かなりの数のイヌが狂犬病に罹っており、その結果、ヒトや野生動物が高頻度で感染していると報告された。狂犬病による大部分のヒトとイヌの死は、北部自治体地域、特に北部中央地域で起こった。この状況に応じて、すべての利害関係者から成る全国狂犬病委員会を設けることが提案された。より積極的な国家狂犬病制御戦略は、国民の狂犬病に対する認識を高めるために系統立てて計画され、完全に実行されるであろう。厳しく統一化された政策が、ノラ犬の管理のために展開されるべきということが議決された。そして狂犬病の管理活動用の年間予算も作成されるであろう。この政策が実行され、効果が得られているかどうか判断するのには、まだあまりに時期が早い。

PageTop