Home >News > ProMED翻訳情報(215回) ~ガーナでの狂犬病による子供の死亡~

ProMED翻訳情報(215回) ~ガーナでの狂犬病による子供の死亡~

2013.12.04

RABIES – GHANA (02): (ASHANTI) CANINE, HUMAN

狂犬病-ガーナ(02):(ASHANTI)イヌ、ヒト

********************************************

Date: Fri 27 Sep 2013

Source: Joy Online [edited]

<http://edition.myjoyonline.com/pages/news/201309/113822.php>

Veterinary officers have called for emergency pet vaccination in the Ashanti Region following the death of 4 children this year [2013] from rabies at the Komfo Anokye Teaching Hospital. The children were aged between 5 and 6 years. The Director of the Veterinary Services in the region, Dr Kofi Quansah-Forson, warns more people are likely to die from the disease because the last mass vaccination campaign in the region happened a decade ago. Dr Quansah-Forson told Luv FM’s Erastus Asare Donkor that last year [2012], 12 people also died of rabies infections in the region. “We believe these people would not have lost their lives if the government and stakeholders had supported or found money for the veterinary service to undertake a coordinated rabies vaccination throughout the region,” he told Erastus.

獣医官は、今年(2013年)Komfo Anokye Teaching Hospitalにおいて4名の子供の狂犬病による死亡を受けてAshanti 地域における緊急のペット動物へのワクチン接種を要請した。子供たちは5歳から6歳であった。その地域の獣医事務所長のDr Kofi Quansah-Forsonは、その地域における前回の大規模なワクチンキャンペーンは10年前に行われたので、その病気(狂犬病)でより多くの人たちが死亡する可能性があると警告している。Dr Quansah-Forsonは、昨年(2012)もその地域において12名が狂犬病感染により死亡したとLuv FM’s Erastus Asare Donkorに話した。“我々は、もし政府及び(利害)関係者がその地域全域の狂犬病ワクチン接種のコーディネイトに着手するための援助や予算を獣医事務所に与えていたならこれらの人たちは命をなくすことはなかったであろうと信じている、”と彼はErastusに話した。

Vaccination of pets is voluntary; hence only a few people undertake regular tests or vaccinate their pets regularly. Dr Quansah-Forson says that the bad attitude toward pet vaccination by pet owners holds a “hidden danger” that needs immediate action. Last year [2012],veterinary clinics recorded only 476 cases of dog bites, with 14 of the pets involved testing positive for rabies, Dr Quansah-Forson revealed. He said the upsurge of reported cases of dog bites at their offices is alarming. “Between January to August this year [2013], 210 people are on record to have been bitten by dogs in the region,” he revealed. He observed that Ghana’s efforts at controlling child mortality and control of emerging diseases is being threatened by the increasing deaths from rabies. “A death from rabies which is a preventable disease is unpardonable,” he stressed. He recommended a mass vaccination campaign to end the trend.

ペットへのワクチン接種は任意である。それゆえにごく少数の人しか彼らのペットに定期的検査やワクチンを受けさせない。Dr Quansah-Forsonは、

飼育者のペットへのワクチン接種に対する誤った態度は“隠れた危険”を持続するので、早急な行動が必要であると話している。昨年(2012)獣医診療所は、ペット14件の狂犬病検査陽性を含む、たった476件の犬咬傷事故を記録した、とDr Quansah-Forsonは公表した。彼は、彼らの事務所への犬咬傷事故報告の急増は警告である。と話している。“今年(2013)1月から8月の期間、その地域のおいて犬に咬まれた人が210名記録されている。”と彼は公表した。彼は、ガーナの子供の死亡率及び新興感染病の抑制に対するガーナの努力は、狂犬病による死亡者数の増加により脅かされていると述べた。“予防可能な疾病である狂犬病による死亡は許すことができない。”と彼は強調した。彼は、流行を終わらせるために大規模なワクチンキャンペーンを行うことを推奨している。

Rabies is transmitted from animals to humans, and it is caused by a virus. It is known to be present in more than 150 countries and territories of all continents except Antarctica. According to the World Health Organisation (WHO), about 60 000 people, mostly in Asia and Africa, die of rabies every year. Rabies virus infects domestic and wild animals and is spread to people through close contact with infected animals’ saliva via bites or scratches. The main route of rabies transmission to humans is the bite of rabid dogs.

狂犬病は、動物から人に感染する、また、それはウイルスが原因である。狂犬病は南極大陸以外のすべての大陸の150以上の国と地域に存在する。世界保健機構(WHO)によれば、主としてアジア及びアフリカのおよそ60000人が毎年狂犬病により死亡している。狂犬病ウイルスは、家畜及び野生動物に感染し、咬傷やひっかき傷を介して感染動物の唾液との濃厚な接触により人への感染を広げる。人への狂犬病感染の主たる感染経路は狂犬病で発病した犬による咬傷である。

Communicated by:

ProMED-mail from HealthMap Alerts

<promed@promedmail.org>

[Two people (in this instance adults) died from a rabies outbreak in the Asunafo North and Asunafo South Districts in the Brong-Ahafo Region of Ghana between February and April this year (2013). At that time the Regional Director of Veterinary Services appealed to the general public to ensure their pets, especially dogs and cats, were vaccinated annually against the disease to avert any future occurrences. He advised people who are bitten by dogs or cats to rush to the nearest hospital for vaccination and careful examination to save their lives, and explained that the 2 people died because they reported to the hospital late.

今年(2013)2月及び4月の間にガーナのBrong-Ahafo地方のAsunafo北及びAsunafo南地域における狂犬病の発生により2名(この事例では大人)が死亡した。その当時、地方獣医事務所長は、一般市民に対して彼らのペット特に犬及び猫に、将来のいかなる発生も防ぐために毎年その病気(狂犬病)に対するワクチンを確実に受けさせることを訴えた。彼は、犬や猫に咬まれた人たちに彼らの命を救うためにワクチン接種と精密な検査を受けるために急いで最寄の病院へ行くように勧めた。そして、2人が病院への連絡が遅れたために死亡したことを説明した。

He appealed to the general public to ensure their pets, especially dogs and cats, were vaccinated annually against the disease to avert any future occurrences. The Regional Director of Veterinary Services advised people who are bitten by dogs or cats to rush to the nearest hospital for vaccination and careful examination to save their lives, and stated that the 2 people died because they reported to the hospital late. Dr Gbeddy revealed at that time that the veterinary sponsored programmes by the Municipal and District Assemblies had stopped due to lack of funds and were no longer undertaking surveillance or monitoring in rural areas to vaccinate animals free of charge. He pointed out that stray dogs in the communities were dangerous and should be captured and killed under the assemblies’ bylaws, and noted that people were dying because of non-enforcement of the bylaws.

彼は、一般市民に対して彼らのペット特に犬及び猫に、将来のいかなる発生も防ぐために毎年その病気(狂犬病)に対するワクチンを確実に受けさせることを訴えた。地方獣医事務所長は、犬や猫に咬まれた人たちに彼らの命を救うためにワクチン接種と精密な検査を受けるために急いで最寄の病院へ行くように勧めた。そして、2人が病院への連絡が遅れたために死亡したことを明言した。Dr Gbeddyは、自治体及び地方議会による獣医師主催の事業は、資金の枯渇のため中止し、動物への無料ワクチン接種を行うための郊外におけるサーベイランスやモニタリングも、もはやそれ以上実行できないことを、その時公表した。彼は、地域社会おいて放浪犬は危険であること及び議会の条例の下に捕獲殺処分すべきであると指摘した。そして、条例の未執行のために人々が死亡しているのだという事を特に言及した。

PageTop