Home >News > ProMED翻訳情報(216回) ~ウクライナにおける最近の狂犬病事情~

ProMED翻訳情報(216回) ~ウクライナにおける最近の狂犬病事情~

2013.12.04

RABIES – UKRAINE: HUMAN CASES

狂犬病 – ウクライナ : ヒト症例

*****************************

Date: Sat 28 Sep 2013

Source: Ukrainian National News [in Russian, trans. Mod.CP, edited] <http://www.unn.com.ua/ru/news/1254753-3-vipadki-skazu-sered-lyudey-zareyestrovano-v-ukrayini-z-pochatku-roku>

 

Since the beginning of 2013, 3 cases of rabies in humans have been recorded in Ukraine (specifically in the Donetsk, Kharkiv and Kyiv regions), according to the press service of the State Veterinary and Phytosanitary Service of Ukraine.

ウクライナの州立獣医および植物衛生部門の報道部によると、2013年になってからウクライナ(具体的には、DonetskとKharkivとKyiv地域)で、3例のヒト狂犬病症例が記録されている。

 

Every year in Ukraine, about 120 000 to 140 000 people seek medical attention for animal bites, of whom 60 percent are referred for treatment on suspicion of being infected with rabies, according to this report.

この報告書によれば、ウクライナでは毎年、約120,000〜140,000人が、動物咬傷の治療を求めており、そのうちの60%は狂犬病の感染を疑い、治療を依頼している。

 

 

Rabies is prevalent in all geographic areas and regions of Ukraine, but a geographical shift has been observed recently. Between 2006 to 2008 , the largest number of patients seeking treatment for suspected rabies infection was recorded in the eastern and northeastern regions of Ukraine. But by 2009, rabies treatment requests began to shift to the northwestern regions of Ukraine, namely the Khmelnytsky, Vinnytsia, and Zhytomyr regions. During the period 2010-2012, due to the rapid development of an epizootic of rabies in the adjacent areas, concern shifted to the Ternopil, Kirovohrad, Cherkasy and Odesa regions.

狂犬病は、ウクライナのすべての地域で流行しているが、最近地理的変化が観察されている。2006〜2008年の間で、狂犬病の感染を疑い治療を求める最多の患者は、ウクライナの東部と北東地方で記録された。しかし、2009年までに、狂犬病治療要請は、ウクライナの北西の領域、すなわちKhmelnytsky、Vinnytsia、およびZhytomyr領域に移行し始めた。2010-2012年の期間中に、隣接した地域における狂犬病の動物間の流行の急速な発生により、懸念はTernopil、Kirovohrad、CherkasyとOdesa地方に変わった。

 

The State Veterinary Service has issued a statement reminding the population that Sat 28 Sep 2013 is World Rabies Day, which aims to increase awareness of the effects of rabies in humans and animals and the problem of preventing disease where control of rabies virus infection in animals is neglected.

州獣医部門は、2013年9月28日土曜日が世界狂犬病デーであることを住民に思い出させる声明を発表した。そしてそれは、ヒトと動物における狂犬病の影響と、動物における狂犬病ウイルス感染の制御が軽視されている所での病気を予防することの問題に、さらに気付かせることを目指している。

 

Communicated by:

ProMED-mail from HealthMap Alerts

<promed@promedmail.org>

 

[This report lacks any record of the extent of animal rabies in Ukraine or of the reasons for the movement of the epizootic. It is unclear to what extent rabies is present in the domestic animal population relative to domestic livestock. It is not revealed in what manner the 3 rabies cases became infected. Further information would be welcomed clarifying these issues.

[この報告書は、ウクライナにおける動物狂犬病の広がり、あるいは動物間流行病の移動の理由のいかなる記録も欠けている。それは、広がっている狂犬病が、家畜と比例して飼育動物個体群の中に存在しているかどうかが不明瞭である。3つの狂犬病症例がどのように感染していたかは、明らかにされていない。これらの問題をはっきりさせるために、更なる情報が歓迎されるであろう。

PageTop