Home >News > ProMED翻訳情報(217回) ~中国における狂犬病の人の経口感染を疑う事例~

ProMED翻訳情報(217回) ~中国における狂犬病の人の経口感染を疑う事例~

2013.12.04

RABIES – CHINA (05): (JIANGSU) HUMAN, TREATMENT FAILURE

*******************************************************

Date: Wed 25 Sep 2013

Source: Beijing Cream [edited]

<http://beijingcream.com/2013/09/man-ingests-rabies-dies-after-refusing-treatment/>

日付:2013年9月25日(水)

情報源:北京クリーム(編集済)

Man Ingests Rabies, Dies After Refusing Treatment

男性が狂犬病を経口摂取し、治療を拒否した後に死亡。

————————————————-

Rabies is a 3rd-world problem: it’s treatable as long as you have money and access to the proper medical care. (95 percent of human deaths are in Asia and Africa, according to the World Health Organization.) In Jiangsu province, a father chose — out of monetary reasons — to not seek treatment after sucking blood out of a dog bite on his son, and is dead as a result.

狂犬病は第三世界(開発途上国)の問題である。お金があれば治療可能だし、適切な医療を利用することもできる。(世界保健機関によると、ヒトの死亡の95%はアジアとアフリカで占められている。)江蘇省では、金銭的な理由ではなかったのだが、父親が、息子がイヌに咬まれた傷から血を吸い出した後治療を求めないという選択をしたところ、結果として父親は死亡した。

The Shanghai Daily reported that the victim’s son was taken to hospital and received rabies vaccine shots after his father, a 41-year-old man, tried to remove any infection he may have been exposed to by sucking blood from the bite. The boy had been bitten by a stray dog. The father, a villager of Sitong County, was worried about the cost and didn’t get the same shots. Fellow villagers said he also thought it unlikely that people would be infected by the rabies virus through the mouth and he thought taking shots too troublesome.

上海デイリー新聞は、41歳の父親は咬まれ傷から血を吸い出すことで息子が暴露した可能性のあるあらゆる感染を取り除こうとした後に、男性の息子は病院に連れて行かれ複数回の狂犬病ワクチン注射を受けた。息子は放浪犬に咬まれていた。思同村在住のその父親は費用を心配して息子と同じ治療を受けなかった。仲間の村民達は、その父親はヒトが口を通じて狂犬病ウイルスに感染するということはまずないだろうと考え、そして複数回の注射は面倒だと考えたのだと言った。

China has the 2nd highest mortality rate from rabies in the world, behind India — about 2000 deaths per year. It’s why authorities, especially in rural villages, occasionally “crack down” on dogs — it’s easier than vaccinating everyone, unfortunately.

中国は年間2000人ほどの死亡数で、インドに次いで世界で2番目に多い死亡数を抱える国である。何故か、特に僻地における当局は、すべてにワクチン接種するよりたやすいと言う理由で、残念なことに時々犬を厳しく取り締まる。

[Byline: Anthony Tao]

Communicated by:

ProMED-mail

<promed@promedmail.org>

[This is a truly tragic tale. It is likely that the gallant, but unfortunate, father had some minor lesion in his mouth, or lesions in his intestinal tract, since rabies virus would not pass through unbroken skin. The general provision of post exposure vaccination for a rural population would be desirable but probably impractical in terms of both expense and insufficient availability of human vaccine.

Control of canine rabies remains the only feasible option for protection of the human population, by whatever means is available.

これは本当に悲惨な話である。勇敢だったが不運にも父親は口の中に小さな傷があったか、腸管に傷があったのだろう。狂犬病ウイルスは傷ついていない皮膚を通過することはないからである。僻地の住民への暴露後ワクチンの通常の供給は望ましいが、おそらくヒト用ワクチンの費用と供給不足の両者の意味において実用的ではない。如何に利用するかであるが、イヌの狂犬病の制御は、ヒトの防御に対する唯一の実行可能な選択である。

PageTop