Home >News > ProMED翻訳情報(218回) ~中国における人狂犬病の経口感染に関する意見~

ProMED翻訳情報(218回) ~中国における人狂犬病の経口感染に関する意見~

2013.12.04

RABIES – CHINA (06): (JIANGSU), HUMAN, COMMENTS

***********************************************

Date: Thu 26 Sep 2013

From: Charles Rupprecht <charles_rupprecht@yahoo.com> [edited]

 

The report of a another human rabies death in rural China is quite tragic, as is every case of this preventable disease. However, there are multiple points that were missed in the report as to several basic facts.

 

狂犬病は現在では予防しうる疾病であるが、中国の農村部でもう一人の犠牲者が出たことは全くいたましいことである。しかし、レポートではいくつかの基本的なことに関して間違っている点が複数有る。

 

Rabies is not just “a 3rd world” problem. This zoonosis perpetuates itself on all inhabited continents with few exceptions. Clearly, human rabies prophylaxis is affordable, particularly through the use of dose saving multi-site intra-dermal vaccination by modern human tissue culture biologics.

 

狂犬病は単なる“第3世界の”問題ではない。この人獣共通感染症は、わずかな例外はあるが、人の住んでいる全ての大陸でずっと存続している。人の狂犬病予防は、特に現代の人組織培養生物製剤による接種量を抑えた多重箇所への皮内接種により明らかに手ごろな値段になっている。

 

Mass dog vaccination, not culling, is the safe, humane, and cost-effective method for the elimination of canine rabies on a global level. In addition, although bites are the most common means of infection, mucosal contamination is also a method for viral transmission. Oral lesions are not needed. Lyssaviruses can utilize receptors in the oral-pharygneal(pharyngeal) cavity (not the lower GI, given the harsh acidic environment present in the stomach of carnivores). Such pathobiological elements are the basis for the oral vaccination of free-ranging carnivores, which has led to the prevention and control of wildlife, particularly in Western Europe and North America.

Moreover, proper public education of children, improved social media outlets for health communications, renewed advocacy, and local community engagement are necessary, particularly given the recognition of World Rabies Day later this month, on Sat 28 Sep 2013.

 

淘汰ではなく、イヌの集団に対してワクチン接種を行うことは、世界規模でイヌ狂犬病を根絶する上で、安全で、人道的で、かつコストのかからない手法である。さらに、咬傷は最もありふれた感染経路であるが、粘膜感染もウイルスの伝播手段の1つである。口腔内では傷を必要としない。リッサウイルス属は感染に口腔から咽喉腔に有る受容体を利用する(それより下部の胃腸に受容体はない。食肉目の胃は過酷な酸性の環境であるためである)。このような病理・生物学上の要素は、特に西欧や北米における野生動物の狂犬病の防止および制御を導いた野生の肉食動物に対する経口ワクチン接種の根拠となっている。さらに、子どもたちに対する適切な公教育、衛生情報に対するソーシャルメディアネットワークの改善、更新された提唱、地域の共同体におけるルールの取り決めが必要である。まずは、今月末、2013年9月28日の世界狂犬病デーを認識させることである。

C.E. Rupprecht VMD, MS, PhD

Director of Research

The Global Alliance For Rabies Control

<http://rabiesalliance.org/>

<charles_rupprecht@yahoo.com>

 

[ProMED-mail thank Charles Ruprecht for these comments on the cases of a Chinese father who contracted rabies by attempting to interrupt transmission of the virus by sucking fluid from the child’s lesion. In particular, this moderator thanks Charles Rupprecht for the information that oral lesions are not a requirement for transmission of lyssaviruses, which are able to attach to receptors in the oral-pharygneal cavity (but not the lower GI, given the harsh acidic environment present in the stomach of carnivores).

 

ProMED-mailは、Charles Ruprechtの、中国人の父親の(狂犬病罹患の)ケースに関する上記のコメントに対し感謝する。父親は、子どもの傷口から体液を吸うことによりウイルスの感染を防ごうとして、狂犬病に罹った。特に、今回のモデレーターは、リッサウイルスは口腔から咽喉腔に有る受容体に接着することが出来るので、感染に口腔内の傷を必要としないと言う情報を提供してくれたCharles Ruprechtに感謝する。( )内は上記参照。

 

ProMED-mail welcomes this opportunity to draw attention to the fact that World Rabies Day occurs on Sat 28 Sep 2013. – Mod.CP

ProMED-mail は、2013年9月28日土曜日が世界狂犬病の日であることに注意を惹きつけるこの機会を歓迎する。

PageTop