Home >News > ProMED翻訳情報(220回) ~アメリカでのコウモリからの感染疑い~

ProMED翻訳情報(220回) ~アメリカでのコウモリからの感染疑い~

2013.12.11

RABIES – USA (18): (NEW MEXICO) BAT, HUMAN EXPOSURE
***************************************************

狂犬病-USA (New Mexico)コウモリ、ヒト曝露
Date: Fri 4 Oct 2013
Source: WRAL, Associated Press (AP) report [edited]
<http://www.wral.com/albuquerque-students-treated-for-rabies-exposure/12958671/>
A total of 6 students at an Albuquerque [New Mexico] middle school are being treated for rabies exposures because they were found playing with a bat that later tested positive for rabies. The school districts sent warnings to the homes of additional students at Polk Middle School because officials are concerned there could be more students who were exposed. A teacher captured the bat, and tests confirmed it had rabies.

アルバカーキ中学校(ニューメキシコ)の計6名の生徒が、コウモリで遊び、そのコウモリが後に狂犬病陽性である事が判明したことから、狂犬病曝露の治療を受けた。職員は他にも曝露した生徒がいることを懸念して、校区からポルク中学校の学生らの家庭にも注意喚起がなされた。ある教師がコウモリを捕まえ、それが狂犬病陽性であったことを検査で確定している。
The 6 students who were identified as having played with the bat on Wednesday [2 Oct 2013] have received the 1st of several rounds of vaccine. A state Department of Health epidemiologist said the 6 students don’t show evidence of bites. However, Dr. Chad Smelser says bat teeth are so small that people sometimes don’t feel it when they’re bitten.
コウモリで遊んでいた6人の生徒は水曜日(2013年10月2日)に特定され、複数回にわたるワクチン接種のうち一回目のワクチンを受けた。州の保健疫学者のChad Smelser氏は、6名の生徒に咬まれた痕跡は無かったが、コウモリの歯は非常に小さく、時に咬まれた事に気づかない人がいると述べている。

Communicated by: ProMED-mail <promed@promedmail.org>

[Rabies is a zoonotic disease caused by RNA viruses in the family _Rhabdoviridae_, genus _Lyssavirus_. Virus is transmitted in the saliva of rabid mammals via a bite. After entry to the central nervous system, these viruses cause an acute, progressive encephalomyelitis. The incubation period usually ranges from 1 to 3 months after exposure, but can range from days to years. In the United States, animal rabies is common. In a recent study, approximately 23 000 persons per year were estimated to have been exposed to potentially rabid animals and received rabies post-exposure prophylaxis (PEP). Prompt wound care and the administration of rabies immune globulin (RIG) and vaccine are highly effective in preventing human rabies following exposure. A variety of empirical schedules and vaccine doses have been recommended over time, based in part on immunogenicity and clinical experience in areas of the world with enzootic canine or wildlife rabies. As more potent vaccines were developed, the number of vaccine doses recommended for PEP has decreased, and studies aimed at further revision and reduction of PEP schedules and doses in humans have been encouraged. By the latter half of the 20th century, a 4- to 6-dose, intramuscular regimen using human diploid cell vaccine (HDCV) or purified chick embryo cell vaccine (PCECV) was being recommended. In the United States, a 5-dose PEP vaccine regimen was adopted during the 1980s. In 2007, when human rabies vaccine was in limited supply, an ad hoc National Rabies Working Group was formed to reassess the recommendations for rabies prevention and control in humans and other animals.
狂犬病はラブドウイルス科リッサウイルス属のRNAウイルスにより引き起こされる人獣共通感染症である。ウイルスは狂犬病発症動物の唾液により咬傷を介して伝染される。中枢神経系に侵入後、ウイルスによって急性進行性の脳脊髄炎が引き起こされる。潜伏期間は、通常曝露後1〜3か月であるが、その幅は数日から数年にわたる。合衆国において動物の狂犬病はよく認められる。最近の研究では約23,000人が狂犬病で発症していると思われる動物に曝露され、狂犬病ウイルス曝露後予防(PEP)を受けていると推測された。迅速な傷口の手当と抗狂犬病ウイルスイムノグロブリン(RIG)およびワクチンを受ける事は曝露後の人狂犬病を防ぐのに非常に有効である。様々な実証済みのワクチン接種スケジュールと量が、犬および野生動物の狂犬病が地方病化している世界各地域での免疫原性と臨床経験に一部基づいて昔から推奨されてきている。より効果の高いワクチンが開発されるにつれ、PEPに使用するワクチン接種量は減量されてきており、人のPEPスケジュールおよび接種量の更なる見直しと減少に向けた研究が奨励されている。20世紀後半までは、ヒト2倍体細胞ワクチン(HDCV)か精製鶏胚細胞ワクチン(PCECV)を4から6回の筋肉内接種することが推奨されてきた。アメリカでは5回接種量のPEPワクチン処方が1980年代に採用された。ヒトの狂犬病ワクチン供給量が限定された2007年に、臨時国家狂犬病検討委員会がヒトと動物の狂犬病予防および制御に対する勧告を再検討するために創設された。
In 2008, a smaller Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) Rabies Workgroup was formed to review rabies vaccine regimen options. It recommended a 5-dose regimen for rabies PEP in previously unvaccinated persons. However, new recommendations have reduced the number of vaccine doses to 4. The reduction in doses recommended for PEP was based in part on evidence from rabies virus pathogenesis data, experimental animal work, clinical studies, and epidemiologic surveillance. These studies indicated that 4 vaccine doses in combination with rabies immune globulin (RIG) elicited adequate immune responses and that a 5th dose of vaccine did not contribute to more favorable outcomes. For persons previously unvaccinated with rabies vaccine, the reduced regimen of 4 1-mL doses of HDCV or PCECV should be administered intramuscularly. The 1st dose of the 4-dose course should be administered as soon as possible after exposure (day 0).
2008年にはより小規模の免疫診療諮問委員会(ACIP)狂犬病検討委員会が設置され、狂犬病ワクチン処方のオプションが再検討された。委員会によれば、狂犬病ワクチンをこれまで受けた事の無い人に対しては5回投与を勧めていたが、新しい提言ではワクチン投与回数を4に減少させている。曝露後予防の推奨投与量を減らすことは、狂犬病ウイルスの発症機序データ、動物実験、臨床試験、疫学調査などから得られた証拠の一部に基づいている。これらの研究は、4回のワクチン投与と狂犬病免疫グロブリン(RIG)を同時に用いることによって十分な免疫反応が得られ、5回目のワクチンを接種してもそれ以上の結果を望めないことを示した。これまでに狂犬病ワクチンを受けたことの無い人には減量法のHDCVまたはPCECV 1mlの4回投与を筋肉内注射で行うべきである。4回投与コースにおける最初の投与は曝露から出来るだけ早期に行うべきである。(当日に)

 

Additional doses then should be administered on days 3, 7, and 14 after the 1st vaccination. ACIP recommendations for the use of RIG remain unchanged. For persons who previously received a complete vaccination series (pre- or post-exposure prophylaxis) with a cell-culture vaccine or who previously had a documented adequate rabies virus-neutralizing antibody titer following vaccination with noncell-culture vaccine, the recommendation for a 2-dose PEP vaccination series has not changed. Similarly, the number of doses recommended for persons with altered immunocompetence has not changed; for such persons, PEP should continue to comprise a 5-dose vaccination regimen with 1 dose of RIG. Recommendations for pre-exposure prophylaxis also remain unchanged, with 3 doses of vaccine administered on days 0, 7, and 21 or 28. Prompt rabies PEP combining wound care, infiltration of RIG into and around the wound, and multiple doses of rabies cell-culture vaccine continue to be highly effective in preventing human rabies. [For further information, see:
Recommendations and Reports March 19, 2010 / 59(RR02);1-9
(<http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/rr5902a1.htm>).]
その後の投与は最初のワクチン接種から3、7、14日後に行うべきです。RIGの使用に関しては、特にACIPからの変更はない。以前に培養細胞ワクチンで一連のワクチン接種(曝露前または曝露後予防)を受けたことがあるか、非培養細胞ワクチンを受けた後に、十分量の狂犬病ウイルス中和抗体価を持つことを以前に診断書に明記されたことのある人に関しては2回の曝露後予防接種を推奨するという点は変更されていない。

同じように、免疫不全の人に推奨した投与回数にも変更は無く、そのような人に対しては曝露後予防に1用量のRIGと5回のワクチン接種を続けるべきである。曝露前予防についても変更は無く、3回のワクチンを0、7、21、28日目に接種する(4回の間違い?)。傷口の手当、傷口とその周辺へのRIGの浸潤、複数回の狂犬病培養細胞ワクチンを併用した迅速な狂犬病暴露後予防は、ヒト狂犬病を防ぐのに非常に有効であり続けている。より詳細についてはリンク先参照。
In view of the prompt initiation of PEP following recognition of the exposure of the 6 Albuquerque middle school pupils to a rabid bat, it is likely that all 6 will be protected. It has yet to be established if any other individual was exposed to this animal prior to this incident. – Mod.CP
6人のアルバカーキ中学校の生徒が狂犬病コウモリに曝露したことが判明してから早期にPEPの開始がなされたことを考えて、これらの6人は全員助かるだろう。これ以前にこの動物と接触した人がいるかどうかはまだ分かっていない。

 

PageTop