Home >News > ProMED翻訳情報(221回) ~アメリカの事例報告(2題)~

ProMED翻訳情報(221回) ~アメリカの事例報告(2題)~

2013.12.11

RABIES – USA (19): UPDATE

*************************

In this update:

[1] Bobcat, human exposure – Arizona

[2] Canine, human exposure – South Carolina

 

******

[1] Bobcat, human exposure – Arizona

オオヤマネコからヒトへの(狂犬病の)暴露‐アリゾナ州

Date: 11 Oct 2013

Source: Prescott Valley Tribune [edited] <http://pvtrib.com/main.asp?SectionID=1&SubSectionID=1&ArticleID=59358>

 

A bobcat that attacked 2 quail hunters Thursday [10 Oct 2013] afternoon near Prescott Valley has tested positive for rabies, Yavapai County Health officials said Friday afternoon.

 

2013年10月10日の木曜日の午後、Prescott Valleyの近くでウズラ猟をしていた二人のハンターを襲ったオオヤマネコが狂犬病陽性であったと、金曜日午後にYavapai郡の保健当局は発表した。

 

Arizona Game and Fish Public Information Officer Zen Mocarski reported that the 2 hunters suffered multiple injuries when an adult male bobcat attacked them after they stopped to open a gate while hunting near Coyote Springs subdivision.

 

Arizona Game and Fish (Department)の広報官であるZen Mocarskiは、二人のハンターはCoyote Springs区画の近くで猟をしている最中、門を開けるために止まったところで、成熟した雄のオオヤマネコに襲われ、複数個所に傷を負ったと伝えた。

 

The men spotted the bobcat under some bushes and saw it run under their truck. When one of them looked underneath the truck, the bobcat attacked, causing deep lacerations, punctures, and scratches to the man’s back, shoulders, arms, and chest, Mocarski said. The man’s hunting companion tried to rescue him, and the animal also attacked him, causing less severe injuries. One of the men then shot and killed the bobcat.

 

ハンターたちはちょっとした灌木の下にオオヤマネコがいるのを見つけ、それが彼らのトラックの下に走りこむのを見た。一人がトラックの下をのぞきこむと、オオヤマネコは攻撃を始め、深い切り傷、刺し傷、ひっかき傷をそのハンターの背中、肩、腕、そして胸に負わせた、とMocarskiは語った。狩猟仲間は彼を助けようとしたが、オオヤマネコは彼にも襲いかかり、さほどではない傷を負わせた。二人のうち一人が、そのオオヤマネコを射殺した。

 

The 2 drove to Yavapai Regional Medical Center with the bobcat. Mocarski said hospital personnel immediately treated both men for exposure to rabies. A Game and Fish wildlife manager picked up the bobcat and took it to the Arizona State Public Health Laboratory for testing. Results released about 4:30 p.m. Friday [11 Oct 2013] showed the animal was rabid.

 

その二人はオオヤマネコと共に、Yavapai地域医療センターまで車で行った。Mocarskiは、センターの職員に、すぐにその二人を狂犬病に暴露したものとして扱うよう言った。Game and Fish (Department)の野生動物管理官は、そのオオヤマネコを診断のためArizona州立公衆衛生研究所に持っていった。結果は2013年10月11日の金曜日の午後4時半ごろに、狂犬病陽性として伝えられた。

 

This is the 2nd exposure in Yavapai County in 2013, Mocarski said. The 1st, in early January 2013, was a fox that bit a 14-year-old girl on the heel and ankle in Sedona.

 

今回で、2013年のYavapai郡における狂犬病の暴露は2例目である、とMocarskiは述べた。1例目は1月上旬に、Sedonaで14歳の少女が踵と足首をキツネに噛まれた事例であった。

 

Yavapai County Health Services information states that rabies is an infectious disease that affects the nervous system of humans and other mammals. People and unvaccinated animals may get rabies from the bite of an infected animal, or if saliva from the animal gets directly into a person or animal’s eyes, nose, mouth or any break in the skin. Rabies vaccine is given to individuals after exposure to an infected animal to prevent the disease. Rabies is nearly always fatal if not treated after exposure, resulting in an infection.

 

Yavapai郡の保健当局の広報部は、狂犬病は感染性の疾患であり、ヒトやその他の哺乳類の神経系を冒すと述べる。人々やワクチン接種を受けていない動物が、狂犬病に罹った動物から噛まれる、あるいはその(感染している)動物の唾液が直接、ヒトや動物の眼、鼻、口、あるいは皮膚のいかなる創傷に入り込むことでも感染する可能性がある。狂犬病のワクチンは、感染動物に暴露した後に、予防のために(個々)人に投与される。もし狂犬病に暴露した後に治療を受けず感染が成立した場合、ほぼ間違いなく死に至る。

 

“Due to increased incidences of rabies in Yavapai County, extra precautions must be taken when enjoying outdoor activities, or when in the presence of wild animals,” said Stephen Tullos, health officer for Yavapai County. “Wild animals such as foxes, skunks, bobcats and coyotes are more likely than domestic animals to be infected with rabies. But domestic animals such as cats, dogs, ferrets, and horses can also become infected if they are not properly vaccinated.”

 

“Yavapai郡では狂犬病の事例が増えているため、アウトドア活動を楽しむ、あるいは野生動物に遭遇した場合には、特に警戒が必要です。”と、Yavapai郡の衛生官であるStephen Tullosは述べた。“キツネ、スカンク、オオヤマネコ、コヨーテなどの野生動物は飼われている動物よりもずっと狂犬病に感染している可能性が高いです。しかし、ネコ、イヌ、フェレット、ウマなどの家庭動物も、適切なワクチン接種を受けていなければ、やはり感染する可能性があります。”

 

Mocarski said people should not approach any wild animals, and residents should keep watch for any unusual behavior from wildlife, such as lethargy, no fear of humans, being overly aggressive, or nocturnal animals being overly active during the day. He urged people to make sure their pets are current on their rabies vaccinations. Those witnessing abnormal behavior should contact Game and Fish or local animal control, he said.

 

いかなる野生動物にも近づくべきではない、そして、住民は、活発さに欠ける、人間を怖がらない、過度に攻撃的、あるいは夜行性なのに日中に過度に行動する、等の普通ではないふるまいを示す野生動物に用心を続けるべきだ、とMocarskiは述べた。彼は、人々が彼らのペットが最新の狂犬病ワクチン接種を受けているか確認することを強く望んだ。異常行動をとる野生動物を見かけたら、すぐにGame and Fish (Department)か地区保健所に知らせてほしい、と彼は語った。

 

[Byline: Heidi Dahms-Foster]

 

Communicated by:

ProMED-mail

<promed@promedmail.org>

 

******

[2] Canine, human exposure – South Carolina

イヌからヒトへの(狂犬病の)暴露‐サウスカロライナ州

 

Date: 28 Sep 2013

Source: Fox News Carolina [edited]

<http://www.foxcarolina.com/story/23555006/puppy-exposes>

 

Two adults and 2 children in the Ware Shoals area of Laurens County are being treated for rabies, according to the S.C. Department of Health and Environmental Control. Health officials said they may have been exposed to rabies by a puppy that tested positive for the disease.

 

サウスカロライナ州のDepartment of Health and Environmental Control によると、Laurens郡のWare Shoalsにおいて、大人と子供二人ずつが狂犬病の治療を受けた。防疫係官によると、狂犬病陽性と診断された子犬から暴露されたのだろうということだった。

 

“To reduce the risk of getting rabies, we recommend that people avoid wild animals acting tame and tame animals acting wild,” said Sue Ferguson of DHEC’s Bureau of Environmental Health Services. “About 275 South Carolinians must undergo preventive treatment for rabies every year, with most exposures coming from bites or scratches by a rabid or suspected rabid animal. Wild animals carry the disease most often, but domestic pets can contract rabies as well.”

 

“狂犬病に罹るリスクを減らすには、人馴れした行動をする野生動物や、野生動物のような行動をする飼育動物を避けることを勧めている。”と、環境衛生部門DHEC局のSue Fergusonは述べた。“毎年、サウスカロライナでは約275人(程度)が狂犬病予防のための治療を受けねばならない。その中で(も)一番多いケースが狂犬病で発病した、あるいはそれが疑われるイヌに噛まれたり引っかかれたりしたものです。野生動物はしばしば病気(狂犬病)を媒介するものですが、ペットも同様に狂犬病に罹ります。”

 

Ferguson said South Carolina requires pet owners to have their pets over 12 weeks old vaccinated against the disease each year.

 

Fergusonは、サウスカロライナ州は12週齢を超えるペットには、毎年狂犬病ワクチンを接種させることを飼い主に求めている、と述べた。

 

“This unvaccinated puppy was bitten on the nose by a suspect rabid skunk and died from rabies 10 days later,” Ferguson said.

 

このワクチン未接種の子犬は、狂犬病が疑われるスカンクに鼻を噛まれ、10日後に死亡した、とFergusonは述べた。

 

The infected puppy was the 1st domestic pet and the 6th animal to test positive this year [2013] from Laurens County.

 

この(狂犬病に)感染した子犬は、2013年のLaurens郡においては初のペットの症例であり、動物においては6例目である。

 

[Byline: Dal Kalsi]

 

Communicated by:

ProMED-mail from HealthMap Alerts

<promed@promedmail.org>

 

[Being on the alert for animals that have unusual behavior is especially important if we are dealing with wildlife, but it is also true for domestic animals including our domesticated farm animals. Most mammals are capable of contracting this terrible virus; while a few, such as rodents, may be less likely to contract it, it is not impossible. Vaccinating your pets, regardless of their size, is important for the protection of your pet and for yourself.

 

もし我々が野生動物を扱っているのであれば、普通でないふるまいをする動物を警戒することは特に重要であるのだが、農場の家畜を含む、飼われている動物に対してもそれは同じである。多くの哺乳類がこの恐ろしいウイルスに感染しうるが、その一方でわずかな哺乳類、例えばげっ歯類などは狂犬病に罹りにくいが、決して罹らないという訳ではない。そのサイズに関わらず、ペットへのワクチン接種を行うことは、あなたのペットとあなた自身を守るために重要なことである。

PageTop