Home >News > ProMED翻訳情報(223回) ~コートジボワールにおける最近の状況~

ProMED翻訳情報(223回) ~コートジボワールにおける最近の状況~

2013.12.18

RABIES – COTE D’IVOIRE
**********************
Date: Thu 10 Oct 2013
Source: Le Nouveau Reveil [in French, abbreviated & translated]
日付:2013年10月10日(木)
情報源:Le Nouveau Reveil(フランス語の記事を簡略化して英訳)

Cote d’Ivoire: 15 cases of rabies detected in 9 months
コートジボアール:この9ヶ月間に見つかった15例の狂犬病事例
——————————————————
On the occasion of World Rabies Day, 4 Oct 2013, it was revealed that the number of animals able to transmit rabies virus infection now includes horses, oxen and sheep. This information was provided by Dr. Joseph Benie of the National Institute of Public Health.

2013年10月4日、世界狂犬病デーイベントに際して、狂犬病ウイルスの感染を伝播することが出来る動物には、現在のところ馬および、雄牛、羊を含むことを明らかにした。この情報は国立公衆衛生研究所のJoseph Benie博士から提供された。

Subsequently he announced that that 15 people had died so far this year [2013] from rabies virus infection in Cote d’Ivoire. Professor Emmanuel Bissagnene, an Infectious Diseases expert, stated that: “Rabies is a viral disease transmitted from animals to humans by a bite, a scratch, or by contact with a mucous membrane. He added that rabies is a 100 percent fatal infection, with patients exhibiting extreme agitation, followed by anxiety and finally paralysis.
引き続き、博士は今年(2013年)これまでのところ、コートジボアールで狂犬病ウイルスの感染で15人の人が亡くなっていると発表した。感染病の専門家であるEmmanuel Bissagnene教授は「狂犬病は咬まれたり、引っかかれたり、あるいは粘膜への接触によって動物から人に伝播されるウイルス病である。」と話した。また、Emmanuel Bissagnene教授は、狂犬病は100%死亡する感染(症)で、患者は不安に続く非常に激しい興奮を示し、最終的に麻痺で死亡することを付け加えた。

Professor Bissagnene urged people to get vaccinated against rabies because: “There is no cure; only rabies vaccine can protect against this disease.”
This World Rabies Day event was organised by Sanofi Pasteur in collaboration with the National Institute of Public Health.

Bissagnene教授は、以下の理由で狂犬病に対するワクチンを接種するよう人々に強く訴えた。「(狂犬病は)治療法がない。狂犬病ワクチンだけがこの病気を防御できる。」
この世界狂犬病デーイベントは国立公衆衛生研究所の協力でSanofi Pasteurによって開催された。


Communicated by:
ProMED-FRA

[Although rabies virus infection is clearly a major problem in Cote d’Ivoire, this is the 1st report received by ProMED-mail. The recommendation for the population to seek rabies virus vaccination seems unrealistic [in view of the cost]. More feasible and less expensive strategies should feature control and vaccination of domestic dogs, with human vaccination limited to those requiring post-exposure prophylaxis.
– Mod.CP
狂犬病ウイルス感染は明らかにコートジボアールでは大きな問題であるが、今回の記事はProMEDメールによって受け取られた最初の報告である。住民に狂犬病ウイルスに対するワクチン接種を求めるべきという勧告は(コストの観点から)現実味がないように思える。より実現可能で少ない経費で行える戦略として、人へのワクチン接種は暴露後予防に限定し、飼い犬の頭数制御とワクチン接種を特色にすべきである。

It is recommended that the vaccine series should be given in conjunction with rabies immune globulin. The US CDC recommendations for vaccination are given at
一連のワクチン接種は狂犬病免疫グロブリン投与と同時に行われるべきということが勧告されている。アメリカCDCのワクチン接種に対する勧告は以下で得られる。

and for immune globulin at
それから免疫グロブリンについては以下で得られる。

PageTop