Home >News > ProMED翻訳情報(225回) ~フランスでのネコの狂犬病発生における警告(224回の関連)~

ProMED翻訳情報(225回) ~フランスでのネコの狂犬病発生における警告(224回の関連)~

2013.12.18

RABIES – FRANCE: (VAL-D’OISE) FELINE, ALERT
*******************************************
狂犬病- フランス(バル=ドワーズ県) 猫、注意喚起
Date: Fri 1 Nov 2013
Source: BBC News Europe [edited]

France issues rabies warning after kitten’s death
フランスは子猫の死後狂犬病に対する警報を出している

————————————————-
The French authorities are warning of a rabies threat after a cat died of the disease, previously thought to have been eliminated from the country. The 2-month-old black and tan kitten was found last Friday [25 Oct 2013] in Argenteuil [Val-d’Oise department], near Paris. It died 3 days later. The French Ministry of Agriculture has begun an investigation and vaccinated 5 people as a precaution.
国内から撲滅されたと思われていた狂犬病により猫が死亡してから、フランスの当局は狂犬病の脅威に警報を出している。2ヶ月齢の黒と黄褐色の子猫が先週金曜日(2013/10/25)にパリ近郊のアルジャントゥイユ(バルドワーズ区)で見つかった。3日後その猫は死亡した。フランス農業省は調査を開始しており、5人に予防的ワクチン接種を行った。

France was declared free of rabies in 2001 but a dog imported from Morocco infected other dogs in 2008. “It is extremely important to find all the people, particularly the owner, or any animals that have been in contact with the kitten, its mother and other kittens of the litter,” the ministry said in a statement. It has set up a helpline for anyone concerned about the disease.
フランスは狂犬病清浄化を2001年に宣言したが、2008年にモロッコから輸入された感染犬が他の犬を感染させた。『その子猫、その母猫あるいは同腹の子猫と接触した全ての人々、特にその飼い主や全ての動物を見つけることは非常に重要です。』と、省の担当者は声明文で述べている。この病気に関して心配のある場合に相談できるヘルプラインが既に設置されている。

France was 1st declared a rabies-free zone for non-flying terrestrial mammals 12 years ago following the elimination of fox rabies. The 2008 canine rabies outbreak led to that status being suspended for 2 years.
That the urgent appeal seeking anyone who came into contact with the infected animal is likely to be fuelled by fears of a repeat of the 2008 outbreak.
フランスは12年前にキツネの狂犬病清浄化後、非飛翔性陸生ほ乳類における狂犬病清浄化地域を初めて宣言した。2008年に犬の狂犬病アウトブレイクが起こり、2年間清浄化は一時見合わせられた。感染動物と接触を持った人を探す緊急アピールは2008 年のアウトブレイクが再び繰り返されるのではないかという恐れによってあおり立てられたように思われる。

Rabies virus is present in the saliva of an infected animal and is usually transmitted to humans by a bite. The symptoms can take 2 to 3 weeks to appear. It can be fatal if not treated, but there has been no case of rabies being contracted by humans in mainland France since 1923. The last case of rabies in the UK not involving a quarantined animal was reported in May 2012, when a woman died in hospital in London after apparently being bitten by an infected dog in South Asia.
Anyone concerned about the French outbreak should contact: +33 8 11 00 06 95.
狂犬病ウイルスは感染動物の唾液に含まれており、大抵のヒトへの感染は咬傷によっておこる。症状は2、3週間後に現れる。治療を行わなければ致死的であるが、1923年以降フランス本国においてはヒトによる感染例はおこっていない。イギリスでの検疫動物以外による最近の狂犬病症例は2012年5月におこっており、南アジアで感染した犬に咬まれたらしい女性がロンドンの病院で亡くなっている。
フランスでのアウトブレイクに関して心配のある方はこちらの番号まで連絡すべきである: +33 8 11 00 06 95。

Communicated by:ProMED-mail

[The details of this incident are sparse, but it is likely that the kitten came into contact with an infected animal illicitly imported into France from a region such as North Africa where rabies is prevalent. Although rabies virus has been eliminated from France and adjacent territories, 2 rabies-related lyssaviruses are present in bats in Northern Europe. These bat rabies viruses can but rarely do cause disease in terrestrial mammals (most cases have involved bat handlers). It is clearly a matter of some urgency to identify the source of the kitten’s infection. – Mod.CP
今回の件に関する詳細はわずかしかないが、どうやらこの子猫は狂犬病が流行している北アフリカなどの地域から密輸された感染動物に接触したようだ。(狂犬病ウイルスはフランスや隣接地域からは排除されているが、2つの狂犬病関連リッサウイルスがヨーロッパ北部のコウモリに存在する。これらのコウモリ狂犬病ウイルスは陸生動物に感染させる事も可能あるが非常に稀である(ほとんどの症例はコウモリ取り扱い者が関連している)。緊急の懸念事項として子猫の感染源を明らかにすることは言わずもがなである。

PageTop