Home >News > ProMED翻訳情報(228回) ~OIE報告(コンゴの現状)~

ProMED翻訳情報(228回) ~OIE報告(コンゴの現状)~

2014.01.07

Rabies, Congo (Rep. of the)
—————————
Information received on [and dated] 29 Nov 2013 from Dr Leon Tati, Docteur veterinaire, Direction generale de l’elevage, Ministere de l’Agriculture et de l’Elevage, Brazzaville, Congo (Rep. of the)

Summary 
Report type: Immediate notification
Date of start of the event: 24 Oct 2013
Date of pre-confirmation of the event: 28 Oct 2013
Report date: 29 Nov 2013
Date submitted to OIE: 29 Nov 2013
Reason for notification: 1st occurrence of a listed disease
Manifestation of disease: Clinical disease
Causal agent: Rabies virus
Serotype: Pending
Nature of diagnosis: Suspicion, Clinical, Laboratory (basic), Laboratory (advanced), Necropsy
This event pertains to the whole country

要約
報告書の性格: 即時通告
事象の発生日: 2013年10月24日
事象の確定前の日付:2013年10月28日
報告日: 2013年11月29日
OIEへの(報告書の?)提出日: 2013年11月29日
届け出理由: リストアップされた疾病の最初の発生のため(何のリストであるかは記載なし。)
              (校正者より:OIEは疾病をリストアップとそうでないものに区分している)
疾病の出現: 臨床症状
病原体: 狂犬病ウイルス
血清型: 未決定
診断の種類: (狂犬病の)疑い、臨床症状、実験室(基礎的な診断)、実験室(さらに高度な診断)、 剖検
この疾病の発生は、国全体で起こっている。

New outbreaks (1)
Outbreak 1: Mbota Carlos Area, Mairie de Loandjili, Pointe Noire, Kouilou
Date of start of the outbreak: 24 Oct 2013
Outbreak status: Continuing (or date resolved not provided)
Epidemiological unit: Not applicable
Affected animals:
Species / Susceptible / Cases / Deaths / Destroyed/ Slaughtered
Dogs / 1 / 1 / 0 / 1 / 0
Affected population: There was only one dog, which was 7 years old, on the premises. Its owner was known, but the dog was not vaccinated. The animal had showed clinical signs of aggressiveness and nervousness. It died by suffocation while being transferred in a car boot to be showed to the veterinary services of Pointe Noire. Previously, some bites of stray dogs with human deaths had been reported in Pointe Noire, but not too much attention was paid to it.

新たな発生 (1)
発生1: Mbota Carlos Area, Mairie de Loandjili, Pointe Noire, Kouilou
発生した日: 2013年10月24日
発生の状態: 継続中 (あるいは、終息した日付の情報はなし)
疫学的単位(or一群): 該当なし
罹患動物:
種 / 感受性 / 症例数 / 死亡数 / 殺処分数/ 屠殺数
イヌ / 1 / 1 / 0 / 1 / 0
発症した個体群: 屋内で飼われた7歳の雄犬一匹のみである。飼い主は判明しているが、(この)犬にワクチン接種はされていなかった。(この)犬(に)は攻撃的で、不安な様子などの症状が見られた。犬はPointe Noireの獣医師に診療を受けに行く途中で、車のトランクの中で窒息死した。以前に、Pointe Noireでは野良犬の咬傷による人の死亡例が報告されていたが、そのことについてさほど注意は払われていなかった。

Summary of outbreaks
Total outbreaks: 1
Total animals affected:
Species / Susceptible / Cases / Deaths / Destroyed / Slaughtered
Dogs / 1 / 1 / 0 / 1 / 0
Outbreak statistics:
Species / Apparent morbidity rate / Apparent mortality rate / Apparent case fatality rate / Proportion susceptible animals lost*
Dogs / 100 percent / 0 percent / 0 percent / 100 percent
*Removed from the susceptible population through death, destruction and/or slaughter

発生の概要
発生件数の合計: 1件
罹患動物の総数:
種 / 感受性 / 発生数 / 死亡数 / 殺処分数/ 屠殺数
イヌ / 1 / 1 / 0 / 1 / 0
発生の統計:
種 / 見かけ上の罹患率 / 見かけ上の斃死率 / 見かけ上の致死率 / 死亡した感受性動物の割合* 
イヌ / 100% / 0% / 0% / 100%
*感受性(を持つ)集団から死亡数、殺処分数、屠殺数を除いたもの

Epidemiology
Source of the outbreak(s) or origin of infection: Unknown or inconclusive, Stray dogs.
Epidemiological comment: Rabies has already been notified by Angola and the Democratic Republic of Congo (DRC), neighboring countries of the Congo Republic; yet, there is a significant illegal trade of dogs between Congo and these 2 neighboring countries. In the country, a strong suspicion of rabies cases in humans and animals had been reported in Niari Department, which neighbors Kouilou Department.

疫学
発生源または感染源: 不明、または確定ではないが野良犬。
疫学上のコメント: 狂犬病は、コンゴ共和国と境界を接し、未だに多くの非合法なイヌの交易を続けている、アンゴラおよびコンゴ民主共和国で既に報告されている。コンゴにおいては、狂犬病の疑いが強いヒトと動物のケースが、(今回の発生の場所である)Kouilou地区の隣のNiari地区で報告されている。

Control measures
Measures applied: Quarantine, Movement control inside the country, Zoning, No vaccination, No treatment of affected animals
Measures to be applied: Vaccination in response to the outbreak(s)

コントロールのための対策
行われてきた対策: 罹患動物の検疫、国内での移動の制限、地域指定、非ワクチン接種および未処置。
行われる対策: 発生に対応してのワクチン接種

Diagnostic test results
Laboratory name and type / Species / Test / Test date / Result
Veterinary Diagnosis Laboratory, Brazzaville (National laboratory) / Dogs / – / 28 Oct 2013 / Positive

診断結果
診断施設名と区分 / 種 / 試験内容 / 試験日 / 結果
獣医学診断所, Brazzaville (国立の研究所) / イヌ / – / 2013年10月28日/ 陽性

Future Reporting: The event is continuing. Weekly follow-up reports will be submitted.

今後の報告: 発生は継続して起きている。 毎週、追加の報告を提出する予定である。

The location of the outbreak can be seen on the interactive map included in the OIE report at the source URL above.

発生地域は、上記の出典URLのOIEレポートサイト内にあるinteractive mapで見ることができる。

Communicated by:
ProMED-mail

[Given that rabies is endemic in many countries, especially in the African continent, this case should come as no surprise. The value of this case is that it is being notified [albeit a month late — but better late than never. – Mod.JW].

[狂犬病は多くの国々、特にアフリカ大陸における風土病であるので、このケースは驚くに当たらない。このケースの価値は、この事を届け出られている点にある。たとえ1か月遅れでも、報告がないよりかはずっといい。- Mod.JW].

According to the last 6-monthly report (July to December 2012) sent to the OIE from the Republic of the Congo, rabies had never been reported in the country. However, the Republic of the Congo is indicating in this same report that the disease is not notifiable in the country, and furthermore, the country does not indicate whether or not surveillance is being conducted, even though rabies is one of the important OIE notifiable diseases (http://www.oie.int/wahis_2/public/wahid.php/Countryinformation/Animalsituation; to see the information from Republic of the Congo, you need to choose the region and scroll to the country name and time period).

コンゴ共和国からOIEに寄せられた、過去半年(2012年7-12月)の月間レポートでは、狂犬病の報告は全くない。しかし、同国は同じレポートの中で、この疾病について届出の義務はないことを明らかにしており、さらに、狂犬病はOIEに通知すべき重要な疾病の1つであるにもかかわらず、監視が行われているかどうかも明らかにされていない。(以下のURLから (http://www.oie.int/wahis_2/public/wahid.php/Countryinformation/Animalsituationコンゴ共和国の情報を見るためには、地域を選択し、国名、期間をスクロールすることが必要です。)

According to the WAHID database’s list of the countries by sanitary situation section, rabies is present in all countries that border the Republic of the Congo (http://www.oie.int/wahis_2/public/wahid.php/Diseaseinformation/statuslist; to see the information, scroll to the name of the disease).

WAHIDの、各国の公衆衛生上の状況を示すデータベースによると、狂犬病はコンゴ共和国と接している全ての国で発生している。(http://www.oie.int/wahis_2/public/wahid.php/Diseaseinformation/statuslist; この情報を見るには、疾病名をスクロールしなさい。)

Data found in the OIE’s WAHID database’s disease incidence section shows that during 2012, Cameroon reported 4 outbreaks, Central African Republic 19, and the Democratic Republic of the Congo 13. The disease is also present in Angola and Gabon, but no quantitative information is available for these.

OIEの、2012年の疾病の発生状況を示すWAHID データベースによると、(狂犬病は)カメルーンで4件、中央アフリカ共和国で19件、コンゴ民主共和国で13件の発生が報告されている。この疾病はアンゴラとガボンでも発生が見られるが、これらの地域での定量的な情報はない。

For further details on these outbreaks, select the disease, region/country and year at: http://www.oie.int/wahis_2/public/wahid.php/Diseaseinformation/statusdetail. – Mod.CRD

これらの発生のさらに詳細な点は、以下のURLから見ることができる。疾病、地域あるいは国名、年を選択しなさい。http://www.oie.int/wahis_2/public/wahid.php/Diseaseinformation/statusdetail. – Mod.CRD

PageTop